FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
08043001.jpg


豚バラ肉を焼いて食べるサムギョプサルをはじめとした、
豚焼肉の専門店が、新大久保界隈には20数件あります。
専門店ではなく、メニューにあるという店を加えるのであれば、
それこそその数は膨大になって数え切れません。

そのぐらい大きなムーブメントを作った韓国の豚肉文化。
新大久保のみならず、多地域への拡大も目覚ましい勢いです。

先日もスーパーの精肉コーナーをのぞいていたところ、
「サムギョプサル」と表示された焼肉パックを発見。
注釈もカッコ書きもなしに、ただ「サムギョプサル」。
カルビビビンバのように、日本語としての定着が、
おおいに期待できる事例ではないかと感動しました。

さて、そんな豚焼肉躍進時代の真っただ中ですが、
この日訪れた、こちらの店もブームを象徴する1軒。
18ミリという驚異のぶ厚さで提供するのが自慢です。

1人前でこの肉塊が2枚。2人前なら4枚。
目の前に置かれたときの迫力は界隈でも屈指です。

ちなみにこの日、一緒に同行させて頂いたのは……。

08030504.jpg


この表紙にも登場している某有名お笑い芸人の方。
キム・ヒョンギ改め、日本での芸名はヒョンギさんです。
日本人の奥様と結婚され、今年から日本でも本格活動。
つい先日はお嬢さんも生まれて幸せ満面だそうです。

その情報が新大久保界隈にも行き通っていると見えて、
歩いているだけで、あちこちから声をかけられていましたね。

「頑張ってください!」とか、
「テレビ見てます!」とかはまだしも、

「お嬢さん生まれたんですよね!」

というのはなぜみなさん知っているのでしょう。
お店に入っても、お客さんがこそこそーっと近づいてきて、

「ハングル講座見てます! サインいいですか!?」

という一幕があったり。
食事中にも関わらず快くサインに応じておられましたね。
お店のほうにもサインを3店舗分提供していましたので、
「味ちゃん」の各店舗でも生サインが見られるのかもしれません。

ちなみにこの日はヒョンギさんとサシ飲み。
2人でサムギョプサルをつつきつつ、焼酎をぐびぐび飲んで、
その後、さらに2次会でもワインをがぶ飲みしました。

もろもろの話をしながら楽しい時間を過ごせましたが、
ふと気がつけば、終盤の記憶が一部欠けているぐらい。
焼酎とワインのチャンポンというのはなかなかにきくようです。

話を聞く限り、ハングル講座はかなり好評の様子。
スタッフの方からや、業界関係者からも話を聞いていますが、
ヒョンギさんの進行はずいぶん評価されているそうです。
お嬢さんも生まれて気力充分。さらなる活躍が期待されそうです。

店名:コリアンキッチン味ちゃん本店
住所:東京都新宿区百人町1-3-20メゾンソワイエ1階
電話:03-5155-8258
営業:11:00~翌2:00
定休:第1、3水曜日

※この店は『東京 本気の韓国料理店』のP21にも紹介されています。

<過去の関連日記>
(06月01日)新大久保「味ちゃん」でビビンババイキング。
(07月19日)新大久保「味ちゃん2号店」で極厚サムギョプサル。
▲(2006年)
スポンサーサイト
2008.04.30.Wed 14:29 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(0)
08042901.jpg


職安通りでチンチャトークのチラシ配りを行ったあと、
近くの「NAVI KOREA」へ移動して打ち合わせ兼お茶休憩。
チングの2人と、月に2度ぐらいはチラシを配っておりますので、
もし見かけたら声をかけて頂けると嬉しいです。

ちなみに次回は5月31日(土)に「NAVI KOREA」にて開催。
第1回、第2回を行った、原点の場所へと戻ります。

会場のキャパシティは30人弱までと小さくなりますが、
そのぶんアットホームな空間を作れるのではと思っています。
これまで4回、6~70人規模の広いところで続けてきましたが、
大人数で盛り上がる一方、後ろまで声が届かなかったことも。

マイクを使う案もありましたが、最大4人が同時に話すとなると、
よほどきちんとした音響設備がないと、音割れの危険があります。

これまでの雰囲気を見ていても、楽しい話をする以上に、
客席も交えて韓国ネタを共有できるのが魅力なのではないかと。
であればもう1度、規模を狭めてみよう、という狙いもあります。

大きな会場でのトークは8月頃に10回記念としてやる予定。
それに向けて、ソウル公演、大阪公演も盛り上げていきます。
また、日程などはインフォメーションとしてまとめますね。

ちなみに冒頭の写真は、冷たいザクロジュース。
ほのかな酸味と、すっきりした甘味が魅力です。

「美女はザクロが好き」

というキャッチコピーで一世風靡したのは2006年でしたか。
韓国に一大ザクロブームが起こったのも記憶に新しいです。
ブーム自体は去りましたが、ザクロジュースはいまだ健在。
暑い季節になると、ふと飲みたくなる味わいです。

08042902.jpg


さて、こちらの「NAVI KOREA」ですが、お茶が飲めるばかりでなく、
韓流グッズ、CD、DVDなども多数販売されております。

パソコンが置かれているので、ネットカフェがわりに利用する人も。
新大久保にある、ちょっとした便利スペースでもありますね。

そして、この店が何よりも素晴らしいのは……。

08042903.jpg


僕の本がほぼすべて揃えられていること。
よっぽどの大書店でなければ全部は揃いませんし、
こうして近くにまとめられていることは皆無です。
たくさん売って頂いているお店の方に感謝!

チンチャトークも頑張っていきたいと思います。
ぜひみなさま、奮ってご来場ください。

店名:NAVI KOREA(なびこりあ)
住所:東京都新宿区歌舞伎町2-19-10第7金嶋ビル3階
電話:03-3232-0071
営業:10:30~19:30
定休:なし
http://www.navinavikorea.com/

※この店は『東京 本気の韓国料理店』のP48にも紹介されています。
2008.04.29.Tue 13:18 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(0)
08042801.jpg


男2人で年に1度のお菓子作り同好会。
まことにむさくるしい話ですが、すでに6年目の行事です。
親しい友人の誕生日を祝うという目的で、
オーブンすらない友人宅にこもってゴソゴソ作業。

1年目のバームクーヘン!
2年目のティラミス!
3年目のドラ焼き風ケーキ!
4年目のドーナツ!
5年目の黒糖饅頭!

に引き続いて今年もしっかり作りました。
ちなみに過去2年分の記事は以下にあります。

年に1度のお菓子作り同好会(1)。
年に1度のお菓子作り同好会(2)。

今年はその友人が中国語関係の試験に受かったとのころで、
幹事担当から中国に関係するプレゼント、という指令がありました。

中国に関係しつつ、毎年恒例のお菓子作り。

ということで、しばし悩んで出た結論が冒頭の写真。
薄いペーパー状のものに、千切りにしたリンゴや、
パイナップル、マンゴー、干しブドウなどを揃えて配置し……。

08042802.jpg


こんな形に隙間なく包みます。

08042803.jpg


カラリと揚げれば、フルーツ春巻の出来上がり。
元ネタは毎年使っている『クッキングパパ』のレシピ本です。

08042804.jpg


アツアツの状態で食べるとアップルパイ風でもあり。
ほかにもバナナを入れたり、チーズを拍子切りにして入れたり、
いろんなバリエーションを作ってプレゼントとしました。
手軽に作れる割りに、いろいろ楽しめるお菓子です。

春巻に見えて、実はお菓子という意外性もありますしね。
揚げたてがいちばんですが、冷めてからでも美味しく頂けます。

ということで今年も年に1度の同好会は無事終了。
来年はいったい何を作ろうか、ゆっくり考えたいと思います。

<過去の関連日記>
(04月28日)年に1度のお菓子作り同好会。
▲(2006年)
▼(2007年)
(04月27日)年に1度のお菓子作り同好会(2)。
2008.04.28.Mon 11:55 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(2)
08042401.jpg


世の中はゴールデンウィークの真っただ中ですが、
そんな世間とは微塵も関係なく、働き続ける毎日です。
フリー稼業にとって、連休というのは合宿期間のようなもの。
たまった仕事を集中して片付ける日々となるのが常です。

「連休を使って間に合わせます!」

というセリフをこれまで何度使ってきたことか。

まあ、連休があるからいいや、とサボってるのも原因ですけどね。
それまでにコツコツやっておけば、休めるはずなのですが、
どうしたことか、ギリギリまでやらない癖が抜けません。

時間を決めて仕事をする。休む日はきちんと休む。
そんな習慣を作りたい、というのがここしばらくの目標です。

さて、そんな書き出しは更新が滞っている言い訳でもあり。

毎日、巡回してくれている皆様に申し訳ないので、
どうにか少しずつでも更新していこうと頑張る所存です。

この日は新大久保で飲まずに軽めの夕ごはん。

と、思いつつも結局、蕎麦茶ハイだけ1杯飲みましたけどね。
晩酌程度に、ちょっと立ち寄れる馴染みの蕎麦店です。
冒頭の写真は、イワシを叩いて味噌で味付けたなめろう。
こいつを舐めながら、ちびちびと蕎麦茶ハイを飲みます。

08042402.jpg


小松菜と油揚げのたいたん。

関東人である僕は普段この手の料理を「煮物」と呼びますが、
関西風の「たいたん」という呼び名にちょっと憧れていたりします。
でも、口に馴染んでいないため、なかなか普段は言えなかったり。
この日はメニューにそう書いてあったので、胸を張って「たいたん」。

こないだ家の冷蔵庫に油揚げが大量に余っていたので、
やはり小松菜を買ってきて、似たような料理を作ったのですが……。

僕が作るとどうしても濃い目の味付けになるんですね。
この日、食べたものはカツオのダシがよく出ていました。
ああ、自分はこういうのが作りたかったんだな。
と、汁気たっぷりの油揚げを噛みしめつつ思ったり。

08042403.jpg


メインの蕎麦は、新メニューとおぼしき、つくね蕎麦。
自慢の三元豚を叩いて、油でカラッと揚げてあります。
いい豚肉があるというのは、いろいろなことができますね。
中から甘い肉汁が流れだしてきて美味しかったです。

08042404.jpg


同行した方は、辛味おろし蕎麦を食べておりました。

08042405.jpg


お店からはこんなサービスを頂いたりも。
試しに取ってみた、というヤリイカの干物だそうです。
それも普通の干物ではなく、内臓を抜かないで干したもの。
真ん中のあたりを食べると、超濃厚なうまみに襲われます。

1片でもちびちび食べれば日本酒1合ずつ飲めそう。
新商品として出るようなら、いいおつまみになると思います。
なんとも幸せな試食係で光栄でした。店主様に感謝です。

店名:酒菜角萬(しゅさいかどまん)
住所:東京都新宿区百人町1-9-14
電話:03-3366-6944
営業:12:00~15:00、17:00~23:00
定休:なし
http://www.kado-man.com/

※この店は『東京 本気の韓国料理店』のP17にも紹介されています。

<過去の関連日記>
(03月09日)新大久保「酒菜角萬」でそば湯しゃぶしゃぶ。
(03月26日)新大久保「酒菜角萬」で5/6次会。
(04月08日)新大久保「酒菜角萬」で板わさなど。
(07月19日)新大久保「酒菜角萬」で旬の魚と肴と締めの蕎麦。
(11月04日)新大久保「酒菜角萬」で辛味おろしそば。
(12月19日)新大久保「酒菜角萬」で豚トロせいろ。
▲(2007年)
▼(2008年)
(03月13日)新大久保「酒菜角萬」で実験的新メニュー続々。
2008.04.24.Thu 19:09 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(4)
08041601.jpg


打ち合わせなり、会食なり、ただの飲み会なり、オフ会なり。
韓国関係で集まるときに店の選択を任されることがあります。
自分の行きたい店をゴリ押しすることもたまにありますが、
たいていはエリアや料理のイメージなどリクエストをまず伺います。
そのうえでいくつか候補をあげ、選んでもらうことが多いですね。

ある程度、選択肢があったほうが気持ちも盛り上がりますし、
選ぶ過程で料理を味わうイメージも膨らんでいきますし。
もちろん、

「すべて八田さんにお任せします!」

という方もおられますが、
そういう方は、むしろ知らないで行く楽しさを満喫したいようで。
もちろん人それぞれなので、どちらにも対応致します。

この日はエリアが新大久保ということでまず確定。
また、これまでに何度か新大久保をご案内した方なので、
同じ店を避けつつ、いろいろなタイプの店を混ぜて提案しました。
それが以下の4店舗。いずれも特徴を持ったいいお店です。

菜彩厨房さんぱ家
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-109.html
チャムナム家
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-694.html
はるばん
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-702.html
韓サラン
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-661.html

どの店を選んでくれるかなぁ、と楽しみにしていたところ、
「菜彩厨房さんぱ家」ということで返事が来ました。
参加者に意見を聞いてみたところ、ここがいちばんだったとか。
正直なところ「おお!」という気分でしたね。

なにしろここは新大久保でも屈指のオシャレな韓国料理店。

屈指というか、ほかにオシャレな店は皆無ですからね。
インテリアも凝っていますし、落ち着いた個室も完備。
新大久保では極めて珍しいキレイな雰囲気のお店です。

これまでも何度となく候補店舗に入れてきたのですが、
新大久保のイメージとずれるのか、あまりヒットしませんでした。
どうしても雑多で賑やかな雰囲気を想像するんでしょうね。

もちろんそれも韓国料理を味わう上で大きな魅力ですが、
ここ最近は新大久保を出るとオシャレな韓国料理店もたくさん。
その意味では新大久保ももっと多様化していいと思います。

08041602.jpg


看板メニューは店名通り、サムパプ(店では「さんぱ」と表記)。
サンチュ、エゴマの葉、茹でキャベツ、薄切り大根の酢漬けなど、
たっぷり葉野菜を用意し、焼肉とごはんを包んで食べる料理です。

肉はテペサムギョプサルという薄切りの豚バラ肉が定番ですが、
こちらの店では厚切りにした豚肉や、牛肉の選択肢もあり。
写真はテペサムギョプサルを焼いているところです。

ちなみにこのテペサムギョプサルのテペはカンナを意味し、
カンナで削ったように薄い豚バラ肉という意味になります。
肉を提供する上で「薄い」というのはマイナスのように聞こえますが、
ことこの料理に関していえば、薄さこそが魅力になります。

葉野菜でごはんを包み、そこに肉を加えるのですから、
ひと口で頬張れる大きさにするには限界がありますよね。
僕もかつてはなんでわざわざ薄い肉にと思っていましたが、
全体の一体感を考えると、圧倒的に薄いほうがプラス。
ちゃんと意味ある工夫だったんだ、と気付かされました。

また、この方式では焼く直前、醤油ダレに漬け込むのも定番。
さっと浸して味をつけ、タレを焦がしながら香りをつけます。
ごはんは黒米を一緒に炊き込んであるので赤飯風の見た目。
葉野菜で包むとともに、自家製の海鮮味噌で味を整えます。

ひと口で頬張れるサイズにするのはコツがいりますが、
手巻き寿司と同じで、そのうち適正な大きさがわかってきます。
キムチを入れたり、ニンニクを入れたりとアレンジを加えながら、
お気に入りを探していく、という楽しさもある料理ですね。

08041603.jpg


葉野菜たっぷりなので、ヘルシーさも自慢の料理ですが、
それをさらに補完する形で、黒ゴマのお粥なども登場。

08041604.jpg


サイドオーダーにはキムチチムを注文してみました。
煮込んだ古漬けキムチに茹で豚と豆腐を添えた料理。
酸味の出たキムチで、豚肉と豆腐を包んで食べます。

08041605.jpg


表面がカリッと仕上がった海鮮チヂミなどもつつきつつ。

08041606.jpg


最後のシメには冷麺などを頼んでみました。
玉砂利のような氷が入った清涼感あふれる一品。

08041607.jpg


キムチリゾットは混ぜた後の状態で失礼。
トイレに行って戻ってきたら、すでにこうなっていました。
たっぷりのチーズに、たっぷりのキムチが入ったリゾット。
最近はチーズとキムチの組み合わせをよく見ますが、
同じ発酵食品同士だからか、意外に相性がよいのです。

ちなみにこの料理は姉妹店である新橋「甘楽屋」とのコラボ。
「甘楽屋」と書いて「からや」と読ませるのですが、
この店の設定というのが実にユニークで興味をそそられます。

舞台は江戸時代後期。当時流行した牛鍋をモチーフに、
架空の「牛焼屋」が存在したとして、ストーリーを作って小説化。
それを飲食店として再現した、という設定だそうです。
江戸と韓国のフュージョンという、奇抜な発想の店らしいので、
こちらも近々、ぜひ足を運んでみたいと思っています。

ということで、この日はここでお開き。

打ち合わせも兼ねていたので個室は嬉しかったですね。
新大久保でちょっと落ち着いた雰囲気を求めたいときには、
ぜひおすすめしたい1軒です。

店名:菜彩厨房さんぱ家
住所:東京都新宿区大久保2-19-1セントラル大久保ビル地下1階
電話:03-5292-6951
営業:17:00~翌5:00
定休:なし
http://www.sanpaya.com/

<過去の関連日記>
(12月30日)菜彩厨房さんぱ家でサンパプ。
▲(2005年)
▼(2006年)
(01月21日)大学時代の恩師と食事。
(04月27日)新大久保「さんぱ家」でサンパプ。

※この店は『東京 本気の韓国料理店』のP50にも紹介されています。
2008.04.16.Wed 13:27 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(3)
08032503.jpg


そろそろまたチンチャトークが近づいてきました。
僕もチングの2人も時間があるときは新大久保に出て、
チンチャトークの来場を呼びかけてチラシを配っております。
たいてい月に2度くらい。これがけっこう楽しいのです。

なんだかんだでチングの2人はテレビに出ている有名人。
チラシを無視して、すーっと通り過ぎたかと思うと、
ハッ! と振り返って「テレビ出てる人!」なんて方々がいます。

新大久保を歩いている方々はKNTVやM-netを見ているので、
彼らのことは日々、テレビを通じてよく知っているんですね。
そのハッ! を横から見ているのが面白かったりします。

ちなみにKNTVでは今度、視聴者交流会のゲストで出るとのこと。
僕も前回出させて頂きましたが、楽しく盛り上がった交流会でした。

M-netのほうでは「ドラマで学ぶ韓国語」にレギュラー出演中。
「宮~Love in Palace」のストーリーを振り返りつつ、
生きた韓国語を学んでいく、という番組だそうです。

先日は、ワンコリアフェスティバルの司会もしていましたし、
チングの2人はどんどん活躍の場を広げていますね。
僕も負けないように頑張らねば! と張り切っております。

ちなみにチラシ配りをしていて僕に気付く人は稀ですが、
誰だかわかった後に、「ブログ見てます」という声はちらほら。
こうしてブログを書いていて本当によかった! と思う瞬間です。
声をかけて頂いたみなさま、本当にありがとうございます。

そして、チンチャトークにも足を運んでくださいね。
次回の要項は以下の通りです。

========================
題目:第6回「八田りチングのチンチャトーク」
日程:2008年4月29日(火、祝日)
時間:15時40分開場(16時開演)、17時30分まで
場所:烏鵲橋(オザッキョ)2階
料金:1人1500円(税込)
定員:60人
申込:下記参照
締切:2008年4月20日(日)まで
主催:チンチャトーク実行委員会、KJナビゲーションズ
協力:よしもとクリエィティブエージェンシー

<申込方法>
1、メールで申し込み。宛先「htevent26@yahoo.co.jp」
2、FAXで申し込み。宛先「03-3226-0710」
(氏名、参加人数を記載しご送付ください)

※メールには「KJハングル4月イベント係」とご記載ください。
※イベントに関しての電話での受付やお問い合わせは出来ません。
※料金は当日会場でお支払いください。お釣りのないようにお願いします。

<会場>
烏鵲橋(おざっきょ)
東京都新宿区新大久保1-12-27
03-5155-7294
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-623.html
========================

なお、ゲストには韓国スポーツ界に詳しい、
室井昌也さんにご登場頂く予定です。
スポーツ取材の裏話など、聞けたら面白そうですね。

僕のほうは3月下旬に行った地方話でもしましょうか。
仕事としてどこかに書くようなことではありませんが、
ハプニング連発で、ものすごい体験をしてきました。
あるいはソウルで飲んだくれた4次会話、5次会話とかも。
いっぱいネタを仕込んできたのでご期待ください。

なお、以前にもブログで紹介しましたが、
チンチャトークが韓国の聯合ニュースに取り上げられています。
誇らしい話題なので、もう1度掲載しておきます。
韓国語版では僕の名前が微妙に違っていますけどね(笑)。

聯合ニュース
漫才コンビのチング「笑いで韓日の距離縮めたい」(日本語)
日本漫談コンビ“チング”の風変わりな韓国愛(韓国語)

08012701.jpg


それと同時に5月はソウルでもチンチャトークを行います。
名付けて、

「八田りチングのチンチャトークinソウル」

って、そのままですけどね。
在住者の方や、その頃、ソウルにいらっしゃる方は、
無料ですのでぜひ見にきて頂ければと思います。

日程:2008年5月13日
時間:17時開場、18時開演(19時30分まで)
会場:国際交流基金ソウル日本文化センター
料金:無料
定員:130名まで

<会場>
国際交流基金ソウル日本文化センター
ソウル市鍾路区新門路1街226興国生命ビル3階
光化門駅6番出口より徒歩5分
http://www.jpf.or.kr/(韓国語)
http://www.jpf.or.kr/japanese/index.html(日本語)

<申込>
料金も無料なので事前申込はありません。
当日、定員を超える場合のみ入場制限を行います。

ちなみに話題は韓国のことについてですが、
基本的に日本語でトークを行います。
スペシャルゲストなども考えております。
ぜひお誘い合わせのうえおいでください。


そしてもうひとつお知らせです。

前回のお知らせにも書きましたが、
黒田福美さんが着手されている大仕事とそのツアー。
まだいくらかツアーの定員に余裕があるそうです。

太平洋戦争時に日本人特攻隊員として亡くなった、
朝鮮出身の兵士を慰霊する、帰郷記念碑を建立するイベント。
兵士の故郷である慶尚南道泗川(サチョン)市などの協力を得て、
5月10日に除幕式が行われる予定とのことです。

その除幕式に参加するとともに、
慰霊登山、市内観光などを行う一連のツアー。
詳細については、下記ページをごらんください。

黒田福美プロデュース
日韓交流「帰郷記念碑」除幕式参加の旅
http://www.sanshin-travel.com/specialsite/unveilingceremony/index.html


あと、豊島区オフ会ですが、忙しさに負けて準備が整わず。
2ヶ月に1度などといっておきながら、いきなりこの体たらくです。
4月下旬もう難しいと思いますので、5月にはなんとか。
アイデアだけはきちんと立てましたのでもう少々お待ちください。

また、5月15日には久しぶりの著者本が刊行される予定です。
韓国料理をテーマにしつつ韓国語を学ぶという本。
メニューが読めるようになるのを目標として作りました。
詳細については、また改めて大々的にお伝えしたいと思います。
2008.04.15.Tue 19:46 | お知らせ | trackback(0) | comment(2)
08041101.jpg


また長いこと更新を途絶えさせてしまいました。
仕事が忙しくというよりも、もろもろのことが忙しく。
少ししたら、また落ち着きも取り戻せると思いますので、
流れを取り戻すまで、もう少々お待ち頂ければ幸いです。

ブログの日付ももうぐちゃぐちゃですけどね。
一応、日記であることをタイトルでうたっておりますので、
食べたその日か、それに近い日で記事をアップしています。
とはいえ、それ以外のお知らせなども書かねばならないので、
それを最新記事としてアップすると追いつくまでずっと最新。
新しい記事が目立たなくなるという弊害があります。

なので最近はとりあえずその日の日付でアップしておいて、
後から追い付いた段階で、日付を修正して入れ替え。
どこまでも自己満足ですが、そんな作業で進めております。

この記事は4月10日頃の日記としていずれ修正される予定。
書いているのは4月23日なので10日以上前のことです。

小田急線の経堂という僕にとっては行動範囲外の駅ですが、
ひとつ有名な店があって、何度かここまで来ました。
全羅道出身のママさんが手作りするキムチで有名な店。
家庭料理を自慢とする「山村(サンチョン)」です。

冒頭の写真が自慢のキムチ盛り合わせなのですが、
出てきたときのド迫力が、うまく伝わるかどうか……。
白菜、大根、キュウリといった定番のキムチに加えて、
山芋、葉ワサビといった珍しいキムチも加わって7種類。
かつてこれほど立派なキムチ盛り合わせを見たことはありません。

08041102.jpg


その見事さに感動しつつ、サムギョプサル(豚バラ肉の焼肉)や、

08041103.jpg


チャプチェ(春雨炒め)といった定番料理をチョイス。

過去に1度取材でもこの店に来たことがあるのですが、
そのときの趣旨がチャプチェの作り方を習う、でした。
僕がいま家で作るチャプチェもそれがベースになっています。

08041104.jpg


これまた超ボリュームで出てくるカムジャジョン
すりおろしたジャガイモで作るチヂミです。

08041105.jpg


海鮮チヂミはイカゲソのほかにエビなどもたっぷり。
生地にほのかな甘さがついていたので、それを尋ねたら、

「秘密に決まってるでしょ、そんなこと!」

とママさんに怒られました。
でも秘密といいつつも、話をしているうちに興が乗り、
自分からぽろぽろしゃべってしまうママさん。
韓国らしさを感じさせてくれるいいキャラクターです。

韓国家庭料理店ってこういうのがいいと思うんですよ。
店の人とコミュニケーションを取りながらの賑やかな食事。
韓国はまだまだサービスよりも情を優先させる国。
仲良くなって話をすることで、料理がより美味しく感じられます。

基本的には遠慮のない物言いをするママさんなので、
その接客については、評価が分かれるかもしれません。
でも韓国が好きな人なら、ずぶずぶとハマる可能性が。

「韓国にこういうおばちゃんよくいるなぁ」

という気分に浸ることができます。
よくしゃべって、よく笑って、それ以上によく働いて。
店には小学生の娘さんが書いた絵なども貼られており、
アットホームを通り越して、超家庭的です。

08041106.jpg


キムチが美味しかったのでチゲを頼んでみました。
自家製の白菜キムチがたっぷり入ったキムチチゲ
豪華さはないですが、汁のうまさがいい感じです。

08041107.jpg


ピビムネンミョン(薬味ダレをかけて食べる冷麺)はサービス。
ありがたく頂戴して、シメの一品とさせて頂きました。

小田急線沿線にお住まいの方には便利かと思いますが、
板橋区在住の僕にとっては、なかなか足を運ばないエリア。
ママさんの顔を見に、またぜひ行きたいですけどね。
ここもまた、次いつ行けるかメドの立たないお店です。

店名:山村(さんちょん)
住所:東京都世田谷区経堂2-5-24第3英ビル1階
電話:03-3427-1730
営業:11:00~14:00、17:00~24:00
定休:なし

※この店は『東京 本気の韓国料理店』のP108にも紹介されています。
2008.04.11.Fri 15:23 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(5)
08040801.jpg


帰国後のドタバタでなかなか更新ができません。
頂いたコメントへの返信も滞っており申し訳ない限りです。

いずれこの記事も手を加えて情報を追加する予定ですが、
まだほとんど知られていないようなので速報としてひとつ。
夏に向けて、韓国の超有名店が日本に進出するようです。
韓国好きにとっては念願ともいえるパッピンス専門店。

「アイスベリー」が5月5日に新大久保駅前でオープン!

今年の夏は毎日でも通いたいくらいですね。
専門店となれば2次会での利用にも便利そう。
ここ数年新たな新大久保名物となっている、
夏のスイーツ戦争に、ド本命の新顔が参戦です。

さらなる日本進出店の噂もあるようですし、
この夏は新大久保がさらに脚光を浴びる時期かも。
期待を込めつつ、続報を追いかけたいと思います。

以下に公式HP、ブログを発見しましたが、
HPはまだ準備中、ブログもオープン前情報がちらほらです。
そのうちオープンが近づいたら、詳細もわかることでしょう。
まずは5月5日を心待ちにしたいと思います。

公式HP
http://www.iceberry.co.jp/
公式ブログ
http://ameblo.jp/iceberry/

店名:アイスベリー新大久保店
住所:東京都新宿区百人町2-3-25


そのほか新規オープン店も紹介しておきます。
2~4月くらいに、歩いていて目に付いた店です。
オープン時期はもう少し前かもしれません。

08040802.jpg


●大久保通りで「サムスンネのり巻き」がオープン
人気沸騰中のキムパプ(韓国式海苔巻き)専門店。
2月初旬頃にはオープンしていたとのことです。
職安通り、大久保通りの「明洞のり巻き」も好調ですし、
キムパプブームはもうしばらく持続、加速しそうです。

店名:サムスンネのり巻き
住所:東京都新宿区大久保2-18-10新宿スカイプラザ108
電話:03-3207-1768

08040803.jpg


●大久保通りで「元ちゃん大久保店」がオープン
新大久保駅近くの「元気カムジャタン」と同系列店舗。
炭火焼肉と家庭料理を売りにした店を歌舞伎町に作り、
その2号店として、大久保通りにもう1軒の出店です。

場所は以前まで「ビビンパハウス」があった場所。
よって、「ビビンパハウス」は閉店となります。

ちなみに「元気カムジャタン」もビル自体が取り壊しになり、
「元ちゃん」のオープンと同時期に閉店となった模様です。
ビルのリニューアルにより、営業再開するかは不明です。

店名:元ちゃん大久保店
住所:東京都新宿区百人町1-17-7
電話:03-3365-7988

08040804.jpg


●大久保通りで「味道楽」がオープン
確認が遅れましたが、昨年にはオープンしていた模様。
かつて「光州苑別館」があった場所にできています。
焼肉天国.com」によれば仙台牛が自慢とのこと。

店名:味道楽
住所:東京都新宿区百人町2-27-5 2階
電話:03-5330-1129

08040805.jpg


●新大久保駅前で「うまい家」がオープン
新大久保を出てすぐ右、線路の下を通ってすぐです。
これまで「COREA」という粉食店がありましたが、
いつの間にやら看板が「うまい家」に変わっていました。

店名:うまい家
住所:東京都新宿区百人町1-7-15
電話:調査中

08040806.jpg


●歌舞伎町で「チョデ」がオープン
職安通りから歌舞伎町にちょっと入ったところ。
かつて「わ」というお店があった場所、「漢拏山」の隣です。
焼肉と家庭料理を中心にした店のようです。

店名:チョデ
住所:東京都新宿区歌舞伎町2-42-1
営業:03-3208-8338

08040807.jpg


●職安通りで「据施祁(コシギ)」がオープン
職安通りを東新宿方面に向かった地下の店。
どんな店が入ってもすぐ変わってしまう場所ですね。
しばらく前までは「マラソン」という店がありました。

これまでに、「タンヨナジ」→「鍋なら」→「情カルグクス」→
「OASIS2号店」→「No3」→「マラソン」と入れ替わった店。
今度こそ安定した営業が続くよう頑張って欲しいですね。

店名:据施祁(コシギ)
住所:東京都新宿区大久保1-1-9新宿フラワーハイムビル地下1階
電話:調査中

08040808.jpg


●歌舞伎町に「Bar UNO」がオープン
職安通りから1本歌舞伎町に入ったあたり。
韓国ドラマや映画を観ながらランチというコンセプト。
ランチ営業限定という珍しいスタイルの店です。
フュージョン系のオシャレな料理が用意されている様子。
どんな雰囲気か足を運んでみたいですね。

店名:Bar UNO
住所:東京都新宿区歌舞伎町2-41-3レオ寿ビル地下1階
電話:03-3205-3545


上記の情報から以下の店は閉店です。

・ビビンパハウス
・光州苑別館
・COREA
・マラソン
2008.04.08.Tue 09:01 | ニュース&情報 | trackback(0) | comment(7)
30日から韓国に来ており、いまは全州です。
ビビンバで有名なこちらの町で食べ歩きを遂行中。
帰国は4日なので、その間ブログの更新はお休みします。
出発前のバタバタで報告が遅くなって申し訳ありません。
2008.04.01.Tue 23:39 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(7)






<< 2008.04 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。