FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
10053101.jpg

先日、開催されたヨン様ファンのイベントに、
ゲストで呼んで頂き、ごく簡単な韓国語講座をしました。
街角でばったりヨン様と出会ったときに使うフレーズ。
自己紹介からサイン、握手をお願いし、

「もしよかったらご一緒に食事でもいかがですか?」

と誘うところまでがワンセット。

「そんな偶然がある訳ない!」
「仮にあったとしても固まって何も言えない!」
「緊張して無理、絶対無理!」

なんて声もありましたが、
限られた時間内で、楽しくやらせて頂きました。
まあ、確かにそんなシチュエーションはあまりないでしょうが、
そういう場面を想像して楽しむのも語学上達のカギですね。

僕も留学時代は道をふらふら歩きながら、
いろいろな妄想ロールプレイにいそしんだものです。
お気に入りの妄想を、頭の中で繰り広げながら、
韓国語のディティールをあれこれいじくっていく作業。
あくまでも経験上ですが、かなり効果があります。

「妄想力で鍛える韓国語」

なんて企画がふと思い浮かびましたが、
自分の恥をさらすだけなので、やめておきます。

さて、そんなイベントで出された弁当が冒頭の写真。

一見すると、幕の内弁当にも見えますが、
しっかり見ると、どの料理も韓国料理です。

なんと、イベントのために特注された高矢禮弁当。

スタッフを含め、300人分という膨大な量を、
「高矢禮」スタッフが徹夜で作ったそうです。
高矢禮弁当といえば、セブンイレブンとのコラボ企画もありましたが、
それを手作りで味わえる、というのはなんとも贅沢です。

10053102.jpg

「高矢禮」名物のタッカンジョン(鶏の蜜揚げ)や、
5種類の野菜を使ったチャプチェ(春雨炒め)。


10053103.jpg

ほかにも、

・カレイを使ったセンソンジョン(白身魚の衣焼き)
・トゥブジョン(豆腐の衣焼き)
・ミョルチボックム(ジャコの炒め物)
・キムパプ(海苔巻き)

といった料理が少しずつ詰まっています。
加えて、白いごはんが別途つくのでボリュームもたっぷり。
店で食べるような高級食材の連発ではありませんが、
丁寧に味付けをする「高矢禮」らしさはよく出ていました。

池袋に昨年できたデリ専門店「高矢禮 健」の、
定番料理が詰まっている、という印象でもあります。

10053104.jpg

しっかりお品書きまでついていました。
こういう細かな配慮は嬉しいですね。

なかなか高矢禮弁当ほどのものは難しいですが、
韓国料理と弁当の融合というのは、もっと増えていいはず。
韓国は日本ほど弁当を食べる習慣がないので、
このあたりは日本発で頑張れそうな切り口ですね。

韓国各地の駅弁を勝手に作るのも面白いかも。
これまた妄想していくとキリがない話ですけどね。

そして、最後にお知らせ。

土曜日の午前0時に告知を出した荒川区オフ会ですが、
現在までの間に11名の方から申し込みを頂きました(スタッフ除く)。
申し込みの締切は6月6日と設定しておりますが、
それより早く定員に達した場合はキャンセル待ちの案内をします。
ご検討中の方は、早めにご連絡ください。

なお、参加資格は特に設けておりません。

荒川区と韓国の話で盛り上がるというのが趣旨ですが、
荒川区とのかかわりは濃くても薄くても大丈夫です。
もちろん韓国とのかかわりについても同様です。
スポンサーサイト
2010.05.31.Mon 12:41 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(2)
08082701.jpg

長らくお待たせして申し訳ありません。
ようやく23区オフ会の第4弾が正式に確定しました。
板橋区、北区、豊島区に続き、今回は荒川区を攻めたいと思います。
僕がつい先日まで、2年間暮らした思い出の街です。

「ぜひ、荒川区の素晴らしさを知って欲しい!」

との熱い思いとともに、告知をさせて頂きます。
なお、これまでの経緯については、下記の後記をご参照ください。

中板橋「カボチャ屋」で板橋区オフ会1次会。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-645.html
赤羽「松花」で北区オフ会。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-687.html
池袋「KollaBo」で豊島区オフ会。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1095.html

そして、ひとつ申し込み頂く前の注意事項ですが、
前回から、このオフ会は実行委員会が組まれております。
僕ひとりで開催するオフ会であれば、ある程度の融通も利くのですが、
スタッフが増えているので、取り決め事をいくつか作りました。
会の円滑な運営のためにも、どうかご協力頂ければ幸いです。

まず、全体的な要項から。

=========================
<荒川区オフ会(23区オフ会第4弾)>

日程:2010年6月12日(土)
時間:16時45分受付開始、17時スタート(1次会は19時30分まで)
場所:Mama Chicken(下記参照)
定員:20名(先着順)
会費:5000円
趣旨:韓国料理を食べつつ荒川区トークで盛り上がる
主催:23区オフ会実行委員会

<会場>
店名:Mama Chicken
住所:東京都荒川区西日暮里1-7-6
電話:03-6412-9913
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1113.html

<申込方法>
申込は下記のアドレスへのメールでのみ受け付けます。
ブログのコメント欄や、電話では受け付けません。
質問なども下記アドレスにご送付ください。

23kuoffkai@gmail.com

件名は「20100612荒川区オフ会参加希望」でお願いします。
必ずご本人が申し込んでください。友人との合同は受け付けません。

申込締切は6月6日(日)とさせて頂きますが、
それ以前に定員を超えた場合はキャンセル待ちの案内を致します。
また、定員を超えたらブログでもお知らせを出します。

申し込みと同時にアンケートにもご協力ください。
アンケート結果は当日の自己紹介に使います。

<アンケート>
1、ハンドルネームを教えてください(無い方は本名でも可)
2、荒川区との関わりは?(深くても浅くても無くても可)
3、訪韓回数は?
4、普段韓国情報はどこから仕入れてますか?
(例:ソウルナビ、コネスト、韓食日記、mixiなど。3つまで)
5、今韓国の何にハマっていますか?(3つまで)
6、23区オフ会の参加は何度目ですか?

<回答例>
1、八田氏@K・F・C
2、三河島で2年間暮らしました。
3、30回以上。
4、ソウルナビ、コネスト、知人からの口コミ。
5、マッコリ、郷土料理、チープ系焼肉。
6、4度目

参加希望のメールには実行委員会から返信します。
随時、返信していく予定ですが、大量のメールが殺到したときは、
少し返信が遅れることもあります。ご容赦ください。
=========================

前回に比べて、人数が少なめになっておりますが、
大きく分けて2つの理由があります。

1、20名ぐらいのほうが交流しやすい
2、単純に店に20人ちょっとしか入れない

僕ら実行委員会のスタッフを3名加えて23人。
たぶんそれでギュウギュウになると思います。
あまりにすぐ埋まるようなら、第5回でまた検討します。

料理は冒頭にもありますが、チキンの専門店なので、
フライドチキン、ヤンニョムチキンがメインとなります。

10033002.jpg

加えて、お店の自慢である特別な焼き台にも活躍してもらいます。
携帯コンロの火を天板が跳ね返し、上下から焼けるというすぐれもの。
これでチキンやサムギョプサル(豚バラ肉)も焼こうと思います。
ドリンクはマッコリを含む、飲み放題でお願いしています。

2次会も検討中ですが、こちらは参加者がある程度固まった後、
参加希望のアンケートを取って、人数確認後に決める予定です。
むしろ0次会を作って、三河島散策をしようかなとも考えています。

あと、この日は昼に料理イベントもあったりします。

第2回「八田の"楽しい韓食ナラ”」
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1127.html
http://www.koparis.com/~hatta/10052601.jpg

こちらもまだまだ申し込みを受け付けておりますので、
僕と一緒にダブルヘッダーで頑張ってくれる方も大歓迎です。

とりあえずお知らせは以上です。
また随時、申し込み状況などお伝え致します。
2010.05.29.Sat 00:00 | お知らせ | trackback(0) | comment(4)
10052501.jpg

ずいぶん遅くなってしまいましたが報告です。
5月15日(日)に開催された料理イベントの様子。
ありがたいことに僕の名前を冠して頂きましたが、
ポジションとしては司会、進行、蘊蓄係です。

むしろ主役は隣にいらっしゃる料理長さま。
新宿「イドンカルビ」で腕を振るっておいでです。
プロの指導で料理を作り、食べて楽しむイベントです。

会場となったのは京橋の「明治屋クッキングスクール」。

残念ながら公式の料理教室は休校になりましたが、
一般への会場貸出は今後も続けていくそうです。
ちょうど僕らの頭上に大きな鏡が設置されているので、
料理長の手元まで、しっかり見られます。

10052502.jpg

ちなみに料理長さんの説明は韓国語オンリー。
司会、進行、蘊蓄係以外に、通訳という役目もありましたね。
いつになっても通訳は慣れないので緊張します。

なお、月ごとに講師の先生は変わっていくので、
場合によっては、日本語で大丈夫なこともあるはず。
そうなると僕の立場としてはずいぶん楽ですね。
そのぶん蘊蓄の部分を頑張れたらいいなと考えております。

10052503.jpg

ということでビビンバ完成。

手前が石焼きビビンバ、真ん中と奥は普通のビビンバですが、
目玉焼きが卵黄か、目玉焼きかという違いがあります。
実際には目玉焼きのほうをみんなで作って実食。
全州マッコリや、新発売の氷呑福で昼間から乾杯をしました。

料理作りのほかに抽選会があり、お土産もつくという、
大盤振る舞いな会でしたが、初回ということで準備不足も多々。
レシピの日本語が微妙だったり、手元に必要な材料が揃っていなかったり。
ご参加頂いた皆様には、ご迷惑かけた部分も多かったと思います。
なんだかんだで予定していた時間も押してしまいましたしね。

そのあたりは今後に向けて打ち合わせを重ねますが、
今回いちばん微妙だったのは、器の準備ではなかったかと。
「明治屋クッキングスクール」にはあらかたの厨房設備はありますが、
さすがに韓国料理専門の食器までは用意されておりません。

適当な器で代用する、というのは仕方なかったにしても、
ラーメンのどんぶりが出てくるのは、どうなんだろう……。
次回に向けて、主催元と密に相談したいと思います。

そして次回に向けての告知。

=========================
<八田の"楽しい韓食ナラ”>
日程:2010年6月12日(土)
時間:11時~13時
場所:明治屋クッキングスクール(下記参照)
費用:5000円(材料費、施設レンタル代)
定員:60名(要予約、先着順)
主催:月刊韓流
後援:全羅北道東京事務所、月刊Shobiz Korea、月刊芸能通信

<出演者>
料理講習:本田朋美(韓国料理アドバイザー)
料理解説:八田靖史(コリアン・フード・コラムニスト)
特別出演:ヤンソナ(美肌コンサルタント)

<会場>
明治屋クッキングスクール
東京都中央区京橋2-2-8
03-3271-6640

<申込方法>
電話:03-3455-7702
FAX:03-3455-7701
E-mail:cysjapan@k-telecom.co.jp

<振込み先>
三菱東京UFJ銀行 目黒支店
(普)3819031 ケーテレコム(カ)
=========================

詳しいパンフレットは下記にアップしてあります。

第2回「八田の"楽しい韓食ナラ”」
http://www.koparis.com/~hatta/10052601.jpg

料理は美肌に効果があると話題のプゴクク。
乾燥させたスケトウダラのスープです。

本田さんは自らも韓国料理関連のイベントを実施されている方。
野菜ソムリエの資格なども持っていらっしゃいます。
以前にも新大久保でご一緒させて頂きました。

韓国料理サランヘヨ♪ I Love Korean Food
http://ameblo.jp/tomomi0308/

ヤンソナさんはまさにプゴククのブームを作った方。
日本テレビ「魔女たちの22時」に出演し、
プゴククの話を語ったことで、大きな話題を呼びました。

ヤンソナのブログ
http://ameblo.jp/bihada-7/

ということで、なんだかすごく豪華な布陣。

料理を作って味わうのもさることながら、
韓国料理と美肌にまつわる話をたくさん伺いたいですね。
ご関心ある方は、ぜひご参加ください。
2010.05.26.Wed 10:30 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(0)
10052401.jpg

長らく更新を止めて申し訳ありません。
って、今年はもう何度書いたことでしょうか。
毎日見て頂いている方には申し訳ありませんが、

「彼も人並みに忙しいんだなぁ」

と生温かい目で見て頂ければ幸いです。

書くべきネタはいろいろあるんですけどね。
まだまだ落ち着きはしませんが、多少の希望が見えてきたので、
ブログのほうもぼちぼちと更新していこうと思います。

冒頭の写真は、新しい家からの眺め。

実りある2年間の三河島生活を終えて、
実家のある板橋区へと舞い戻ってきました。
ここ2日ほどは雨模様ですっきりしませんが、
引っ越し当日は暑いぐらいの天気でした。

最寄りの韓国料理店まで徒歩2分という環境を考えると、
本当に引っ越すのはもったいなかったんですけどね。
仕事以外の部分も考慮しつつ、引っ越すことにした次第です。

ということで先週は、荷造りをして、掃除をして、
引っ越してきたら荷物をほどいて、あちこちに収納して。
ガス、水道、電気を引いて、ネット環境を整えて、
ようやく体勢が整ってきたと思ったら……。

「パソコン大破!」

ハードディスクがお亡くなりになりました。
引っ越しを前に、重要なデータだけは取り出しておいたので、
仕事には支障ありませんが、復旧に時間がかかっています。

とりあえずパソコンそのものがもう6年使ったものなので、
引っ越しを機会に、筺体ごとすべて新しくしました。
いまはデータの入れ替えや、もろもろソフトのインストール。
全部終わるまでには、まだまだしばらくかかりそうです。

ああ、そうそう。

引っ越す前に荒川区オフ会をしようと思っていたのですが、
結局、実現できないまま板橋区に来てしまいました。
でも、実行委員会の皆様と絶賛打ち合わせ中ですので、
しばらくしたら正式に告知を出せると思います。

もう少々お待ちください。
2010.05.24.Mon 16:17 | 個人日記 | trackback(0) | comment(5)
10051101.jpg

だいぶ遅くなりましたが、韓国出張からの報告。
といいつつも、仕事にかかわる部分は書けませんので、
個人的な食事から、写真を抜粋してみました。
各地域からかき集めのような感じですが、ご容赦ください。

冒頭の写真は、釜山の西面で食べたサムギョプサル(豚バラ肉の焼肉)。

メルマガにも書きましたが、釜山はやっぱり豚ですね。
昨年、一昨年とソウルは韓牛ブームが猛威を振るっておりましたが、
釜山の繁華街を歩いていても、それをほとんど感じません。

「釜山では何が流行ってます?」
「んー、サムギョプサルとか?」

という会話だけ聞くと、
あまり詳しくない方に尋ねたようですが、さにあらず。
地元でコーディネーターとしても活躍する方の実感として、
釜山はやっぱりサムギョプサルという意見でした。

ソウルでの流行とも重なる部分もあるかと思いますが、
韓牛ブームの揺り返しで、豚焼肉が存在感を増している気がします。
燻製サムギョプサルから派生した、藁焼き、薪焼きを中心に、
リーズナブルな盛り合わせで勝負をする豚焼肉の系統。

冒頭の写真でも、一緒に焼かれているのは……。

10051102.jpg

チープ系豚焼肉の代表選手、コプテギ(豚皮)。

すごく美味しい! という部位ではありませんが、
じっくり脂を落として焼くと、クニクニサクサクの珍味。
学生街の裏路地あたりで人気を集めていた料理ですが、
長引く不況で、なぜか表舞台に飛び出てきました。

釜山の隣、金海市を本場とするティッコギ(端肉)あたりも、
今回、ソウルでちらほらと看板を見かけました。
そのほか、

・ハンジョンサル(首すじの肉)
・モクサル(首肉、肩ロース)
・カルメギサル(ハラミ)
・カブリサル(バラ肉を包んでいる肉)

といった部位に内蔵なども加えつつ、
盛り合わせにする、というのが主流のようです。

10051103.jpg

ちなみに、西面の店に連れて行ってくれた方は、
豚焼肉よりも、こちらの料理をおすすめしたかったとのこと。
シメのテンジャンチゲ(味噌鍋)にラーメンのトッピング。
韓国式の味噌ラーメンといった感じの食べ方ですが、
味噌にクセがあるので、だいぶ印象が変わってきます。

「なんかプデチゲ(ソーセージ鍋)みたい!」

というのが正直な印象ですか。
テンジャン系のコクを感じるプデチゲ風ラーメン。
全体を通して焼酎がすすむ、いい流れでした。

店名:マダンセソグムグイ
住所:釜山市釜山鎮区釜田洞168-190
電話:051-803-3421

10051104.jpg

釜山からソウルへ移動し、弘大のマッコリバーへ。

この日、マスターにおすすめされたのが、
宝城産有機米コシヒカリで作ったマッコリでした。
ずいぶん高級なマッコリが出てきたものですね。

日本へのマッコリ輸出が活況を呈するにつれて、
マッコリそのものの差別化がようやく始まってきました。
大手企業の参入で、価格自体はどんどん下がっておりますが、
その反動として高級マッコリも、今後は増える気がします。

それが消費者に受けるかは、別の話ですけどね。
いろいろなマッコリが飲めるというのは幸せな時代です。

日本で飲める銘柄もどんどん増えておりますし、
韓国大手企業の参入、そして日本企業の動きも見え始めました。
とりあえず眞露がひと足先に市場開拓を進めていますが、
今年の下半期あたりから、各社入り乱れての戦いになる予感です。

現状、日本酒メーカー、飲料メーカー、商社、外食、流通などの各企業が、
それぞれのルートで、独自のマッコリを準備している状況です。
ブームがどのような形で推移するのか、本当に目が離せません。

10051105.jpg

それとともに、今後重要になるのはマッコリの周辺。
輸入販売だけなら、いくらでも企業は参入できますが、
周辺の文化面も充実させねば、一過性の商売で終わります。

・マッコリを飲む空間の雰囲気
・マッコリを注ぐ、飲むための器
・マッコリに合わせる料理

といった要素も、一緒に輸入して欲しいですね。
そういう情報はむしろ僕らが頑張る部分かもしれませんが、
ぜひとも短いブームでなく、文化的な長い定着を願っております。

店名:チンチン
住所:ソウル市麻浦区西橋洞343-9
電話:02-334-1476

10051106.jpg

弘大でマッコリを飲んだ後、仁寺洞でもまたマッコリ。
本当は「看板のない店(ワサドゥン)」を目指したつもりが、
閉まっていたので「チョンガンエピチンタル」に。
粉状にした松葉を、マッコリに混ぜて飲ませてくれるお店です。

店名:チョンガンエピチンタル
住所:ソウル市鍾路区仁寺洞143
電話:02-737-1298

10051107.jpg

今回は馬場洞にも足を伸ばしました。
畜産市場に併設されて、リーズナブルな焼肉店が並んでいます。
以前、市場そのものは見学に来たことがありましたが、
焼肉店に入って食べるのは、これが初めてでした。
長い間の宿題を、解決できたのは嬉しかったですね。

・カルビ
・アンチャンサル(ハラミ)
・ナギョプサル(ミスジ)
・トゥンシム(ロース)
・チャドルバギ(薄切りバラ)
・チマサル(トモバラ)

といった感じの盛り合わせでしたが、
たぶん、あと1種類何かが欠けている気がします。
各部位をリーズナブルに味わえる上……。

10051108.jpg

レバ刺し、センマイ刺しなどがサービスでつきます。
店によっては冷麺や、シレギクク(菜っ葉の汁)が加わることも。
メニューなども店によって、ほぼ同じに見えても異なるので、
じっくり違いを見て回っても面白そうですね。

結局2日連続で通って、3軒をハシゴしてきました。
楽しかったのもありますが、再来月に向けての下取材だったりも。
次回は店の人からも、じっくり話を聞いてきたいですね。

店名:ヨンムンチプ
住所:ソウル市城東区馬場洞761-8馬場洞モクチャコルモク内
電話:02-2292-2218

店名:テグチプ
住所:ソウル市城東区馬場洞761-8馬場洞モクチャコルモク内
電話:02-2294-6349

店名:ホナムチプ
住所:ソウル市城東区馬場洞761-8馬場洞モクチャコルモク内
電話:02-2295-0118

10051109.jpg

焼肉をたっぷり食べた後は、レッドマンゴーで小休止し、
その後、目に留まったフライドチキン店でピッチャービール。
その後、前日行けなかった「看板のない店」でリベンジという、
胃の中がぐちゃぐちゃになるような楽しいハシゴでした。

お付き合い頂いた方々には本当に感謝です。
出張の合間に、おかげさまで楽しい食べ歩きでした。

店名:オブネパジンタク(オーブンに落ちた鶏)
住所:ソウル市鍾路区貫鉄洞18-11
電話:02-722-5892

10051110.jpg

一気にまた場所が飛んで、全州の南部市場で朝ごはん。
定番のコンナムルクッパプ(大豆モヤシのスープごはん)ですが、
ニンニクと青唐辛子がガツンと効いたインパクトのある味わい。
有名な「現代屋」にようやく足を運ぶことができました。

以前は、海苔を市場内で購入するシステムで有名でしたが、
代替わりして、持ち込まずとも提供されるようになりました。
隣に座った常連さんは、しっかり持ち込んでいましたけどね。
海苔の質云々ではなく、そのほうがなぜか美味しそうに見えました。
次回チャンスがあれば僕も持ち込みでいこうと思います。

店名:現代屋
住所:全州市完山区殿洞3街2-242南部市場内
電話:063-282-7214

以上で報告できる内容はすべてです。
15日間も行ってきた割には薄い情報で恐縮ですが、
そのぶん仕事のほうに、きちんと反映したいと思います。
記事が出る頃に、また報告をさせて頂きますね。

たっぷり取材をしてきたので、しばらくは超のつく修羅場。
6月下旬までは、ヒイヒイいいながらの毎日です。
2010.05.11.Tue 13:19 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(7)
10050801.jpg

2週間で21軒の韓国料理店を取材。

などという話をいつぞやの記事で書いたのですが、
その成果というのが冒頭のムック本です。

「韓流スターが訪れた店&美味しい韓食」

という超ストレートなネーミングですが、
そのぶん内容の説明が不要という便利な本です。
いわゆるお店の紹介ガイドですが、それに加えて、
韓流スターの行き着け情報が加わっております。

ただ、行き着け店ばかりだと情報が偏るので、

「個人的なおすすめ店を20軒ほど選んでくれる?」

という依頼を受けて取材に出た次第です。
表紙にまで名前が載るとは思っていませんでしたけどね。
せっかくなので真剣にお店を選ばせて頂きました。
どんな店が出ているかは中を読んでみてください。

まあ、このブログを読んで頂いている方なら、

「あー、はいはい」

というラインナップかもですけどね。
ほかにも韓国料理図鑑やら、マッコリブームの話、
地方料理の話などたくさん原稿を書きました。
ぜひそちらのほうも読んで頂ければと思います。

そして来週からは、また別件の取材がスタート。
その成果も、発売時期がきたらお知らせを出しますね。

それともうひとつ。

発売から1年以上を経過してようやくですが、
「新大久保コリアンタウンガイド」の増刷が決まりました。
東京の韓国料理店情報は、また需要が増えているんですかね。
マッコリブームがいい追い風になっているのかも。

先月はずっと韓国出張で国内がおろそかになっていたので、
しっかりアンテナを立てて、情報収集したいと思います。

そうそう。

6月1日に赤坂で「プロカンジャンケジャン」がオープン。
なんていう情報も飛び込んできております。

http://www.jobstock.jp/job/2115359.htm

カンジャンケジャンを食べられる店というのは、
いつも悩みの種だったので、専門店の進出はニュースですね。
日本で、しかも赤坂でとなると値段は張るでしょうが、
お店ができたら、ぜひ1度のぞいてみたいと思います。
2010.05.08.Sat 21:23 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(15)
10050701.jpg

角切りにしたサツマイモを水に浸してアクを抜き……。

10050702.jpg

中まで柔らかくなるように蒸しあげます。

10050703.jpg

マッシャーで粗めにつぶしたら……。

10050704.jpg

砂糖と粉寒天を用意し……。

10050705.jpg

フードプロセッサーでガーッと。

マスクをしているのは風邪を引いていたから。
この頃はずいぶんよくなっていたんですけどね。
風邪菌を隠し味にする訳にはいかないので、
用心の意味から、作業中はずっとマスク着用でした。

10050706.jpg

いい感じのペースト状になったら容器に詰め、
冷蔵庫で1~2時間ほど冷やして、全体を落ち着かせます。

すると……。

10050707.jpg

ジャジャーン!
スイートポテトの出来上がり……。

って、そんな訳ないですよね。

蒸したサツマイモを流用し、
こちらはオマケとして作成しました。

10050708.jpg

本命はコチラ。
包丁で食べやすい大きさに切りまして。

10050709.jpg

芋ようかんの出来上がりです。

このブログでも毎年紹介しておりますが、
春先に年1回開催されるお菓子作り同好会の活動風景。
当初は男2人というむさ苦しい集まりでしたが、
昨年から女性メンバーが2人増えて華やかになりました。

フードプロセッサーやオーブンが導入されるなど、
ずいぶん機材的にも充実が見られますね。

1年目のバームクーヘン!
2年目のティラミス!
3年目のドラ焼き風ケーキ!
4年目のドーナツ!
5年目の黒糖饅頭!
6年目のフルーツ春巻!
7年目の生キャラメル!

に続いて、なんと今回で8年目。
これからも地道にコツコツと続けたいと思います。
2010.05.07.Fri 10:16 | 個人日記 | trackback(0) | comment(0)
10050601.jpg

5月4日、5日。爽やかに晴れ渡ったゴールデンウィーク中、
「第3回神奈川フードバトルinあつぎ」が開催されました。

今年は9月に「B-1グランプリ」も予定されていますしね。
そのプレイベントとして神奈川県内のご当地料理が終結しました。
なんでも2日間で11万人を超える人が訪れたそうです。
厚木であれば、都内からもたくさんの人が足を運ぶでしょうし、
9月の「B-1グランプリ」もすごいことになりそうですね。

ちなみにこの日、僕は特別審査員などという肩書きを頂き、
厚木市役所の会議室で、30種類の料理をすべて頂いてきました。
普段は韓国の地方を巡って、ご当地料理を食べる日々ですが、
やっぱり日本の料理は、細かなアレンジが効いていて楽しいですね。
おかげさまでいい体験をさせて頂きました。

午前中から足を運び、昼すぎまでには審査が終わったので、
その後は、フリータイムとしてイベントを楽しんできました。
少量ずつとはいえ、30種類食べるとおなかはいっぱいでしたが、
せっかくのイベント、食べられるだけ食べなきゃ損です。

10050602.jpg

金券を購入し……。

10050603.jpg

まずは生ビール!

この日はTシャツでも充分なぐらいの気温でしたので、
昼から飲むビールの味は、また格別でしたね。

10050604.jpg

審査対象になっていた30種類の料理に加え、
近県からも、たくさんの料理がイベントに参加していました。
せっかくなので、食べていないぶんを攻めていきます。

こちらは山梨県甲府市から「甲府鳥もつ煮」。

中央でキンカン(産まれる前の卵黄)が目立っておりますが、
ハツ、砂肝、レバーも入っており、いろいろ楽しめます。
濃い目の味付けが、またビールにぴったりでしたね。

10050605.jpg

続いて、静岡県裾野市の「モロヘイヤ入りすその水餃子」。

あっさり味のスープに水餃子と春雨がたっぷりでしたね。
水餃子の生地には地元産のモロヘイヤが練り込まれています。
試食で疲れた胃にはたいへん嬉しい優しい味でした。

10050606.jpg

三重県四日市市の「四日市とんてき」。

食べた瞬間から「おおっ、ソース!」という感じ。
見た目から醤油ダレをイメージしていると意表をつかれます。
肉もさることながら、添えられたニンニクが美味です。

10050607.jpg

静岡県富士市の「富士つけナポリタン」。

パスタをつけ麺風に仕立てているのが特徴ですが、
たっぷり混ぜ込んだ桜エビがいい仕事をしています。
つけダレのトマトスープもアツアツでよかったですね。
個人的にはこれがいちばん印象に残りました。

10050608.jpg

2日間に渡る審査結果は、その日のうちに発表され、
優勝は神奈川県相模原市の「なつかしい給食あげパン」が獲得。
厚木市内の小・中学校にも提供しているという、
給食の定番が、郷愁をも誘って人気を集めたようです。

確かにみんなこの串を持っていましたもんね。
揚げたてという魅力も大きかったのではないでしょうか。

といった感じに、個人的にも目一杯満喫してきました。
たぶん9月はもっと盛り上がることでしょうね。
混雑と行列を覚悟しつつ、また足を運びたいと思います。
声をかけて頂いた、実行委員会の皆様に感謝です!

さいごにひとつお知らせ。

連休直前に記事を上げた「八田の"楽しい韓食ナラ”」のイベントですが、
まだまだ定員には余裕があるとの連絡がありました。
詳細なパンフレットも下記にアップしておきますので、
興味のある方は、ぜひご覧頂ければと思います。

パンフレット
http://www.koparis.com/~hatta/10050603.jpg
2010.05.06.Thu 17:11 | 個人日記 | trackback(0) | comment(8)






<< 2010.05 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。