FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
10112501.jpg

昨日夜に無事、韓国から帰ってきました。
写真は昨日、空港で購入した朝鮮日報の1面です。
いやはや、とんでもない事件が起きてしまいましたね。

ちょうど世間でその第一報が飛び交っていた頃、
僕らは何も知らず、蚕室で買い物をしておりました。
心配した日本の家族から電話があり、

「え、そうなの!?」

と驚いた次第です。
その時間帯でも、ソウル市内は至って平和でした。

一応、全行程のスケジュール表を渡していましたが、
家族が慌てたのは、そこに軍事境界線付近の取材が含まれていたため。
取材自体は先週に済ませていたので、問題ありませんでしたが、
その最中に事件が起こっていたら、と後から僕も肝を冷やしました。

今回は全羅北道、忠清南道、京畿道北部の取材が中心。

相変わらずの地方行脚でとても楽しかったですが、
その報告については、仕事がまとまってからとさせてください。
取材の後に、そのまま続いて臨んだ旅行ツアーについては、
しっかり報告させて頂きたいと思います。

えー、それに先立って、いくつかのお知らせ。

10112101.jpg

鍾路3街付近のチキン店で激写中の栗原景さん。
たまたま訪韓日程が重なったので、ご一緒させて頂きました。
27日(土)に2人でトークイベントを行いますので、
お時間ある方は、ぜひ遊びにきてください。

詳細は下記の記事をご参照のこと。

「八さん栗さんナビトーク ~2010冬、韓国旅・料理を語る~」
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1214.html

10112502.jpg

続きまして、月刊スッカラの5周年記念号。
いろいろ大変な時期もありましたが、もう5年になるんですね。

「私たちのとっておきソウル」

という特集記事が組まれており、
そこに僕も短いコメントを提供させて頂きました。

そして、この号。

一緒に「韓食ナラ」をさせて頂いている、
本田朋美先生がインタビュー記事に登場しています。
中身の概要は本田先生のブログが詳しいです。

つながるハングル
http://tsunagaru-hangul.com/skr.html
韓国料理サランヘヨ♪ I Love Korean Food
http://ameblo.jp/tomomi0308/entry-10712639578.html
http://ameblo.jp/tomomi0308/entry-10714627732.html

ちょうど出張の前日が第4回の韓食ナラでした。
終わってからの懇親会でしこたま飲んで、酔っ払って帰って、
ほとんど寝ずに、出張の準備をしたのはいい思い出。
わずか2週間前のことですが、だいぶ昔に感じられます。

ちなみに第5回の募集も順調に進んでおります。

=========================
<第5回 八田の楽しい韓食ナラ>

料理:スンドゥブチゲ

日程:2011年1月22日(土)
時間:15時~17時
受付:14時45分
場所:イドンカルビ(新宿)
会費:4000円(材料費・税込み)
主催:韓流diary

※エプロンを持参してください。

<会場>
店名:イドンカルビ
住所:東京都新宿区新宿5-12-2
電話:03-3351-2057
新宿3丁目駅、東新宿駅より徒歩5分
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13035516/

料理解説 : 八田靖史(コリアン・フード・コラムニスト)
料理講習 : 本田朋美(韓国料理アドバイザー)

<参加申込み>
参加される方の住所・氏名・電話番号・メールアドレスまたは
ファックス番号を下記にメールしていただくか、お電話ください。

Mail: krisk1@k-telecom.co.jp
TEL : 03-6435-0899

参加費は下記口座まで事前にお振り込みください。
当日受付でのお支払いも可能ですが、
参加応募多数の場合は事前振込みをさせて頂いた方を、
優先させていただきますのであらかじめご了承下さい。

三菱東京UFJ銀行 目黒支店
普通 3819031 口座名:ケーテレコム (カ)

<今後の予定>
2011年2月19日(土):スピンオフ企画(マッコリの会)
2011年3月19日(土):トッポッキ
2011年5月14日(土):キムパプ
=========================

例によって、お土産も抽選会用の景品もたくさん準備しますし、
終了後はプラス2000円で、そのまま宴会にもなだれ込めます。
ご興味ある方は、ぜひお早めにお申込みください。

10112503.gif

こちらは今月行われる大阪でのイベント。
テレビ大阪が主催で、関西国際空港と梅田の2ヶ所で開催されます。

会場ではさまざまな韓国映画を上映するほか、
韓国関係の商品も多数販売される予定です。

これに伴ってトークイベントも組まれており、
僕も関空と梅田の2ヶ所で、出演させて頂きます。

お相手はソウルのガイドブックで有名なあんそらさん。

そらまだん
http://www.angle-try.com/ansora/
あんそら的日常
http://ansora.exblog.jp/

それぞれの得意分野である「食」にこだわりつつ、
取材で得たもろもろの情報をお話させて頂きます。

開催期間は15日から20日までが関西国際空港会場。
23日から26日までが梅田のハービスホールで、
僕らが出るのは、18日(土)と26日(日)の2日です。
25日にはアンミカさんのトークショーも行われます。

詳細はテレビ大阪の公式ページをご覧ください。

テレビ大阪/OSAKA韓国クリスマスフェスタ
http://www.tv-osaka.co.jp/event/koreafesta/

また、先日も出張先からお知らせしましたが、
系列のテレビ東京では「美女学」という番組を作っています。
新大久保ロケの第2弾は、本日深夜1時から放映予定。
モーニング娘。と℃-uteのメンバーが新大久保を散策します。
僕は新大久保の案内人として出演させて頂きました。

テレビ東京/美女学
http://www.tv-tokyo.co.jp/bijyogaku/


とりあえず直近のお知らせは以上です。
書かねばならないことは、まだあるのですが、
ぼちぼち更新を続けていきたいと思います。

まずは帰国の報告まで。

しばらくは出張後のもろもろでバタバタしますが、
なんとかブログは動かしていきたいと思っております。
スポンサーサイト
2010.11.25.Thu 09:44 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(10)
順調に韓国取材を続けております。
なかなかブログの更新まで手が回らないのですが、
これだけはというお知らせがひとつあります。

11月18日(木)深夜1時より、
テレビ東京の「美女学」という番組に出演します。

この番組はモーニング娘。や、℃-uteといったアイドルが、
群雄割拠の芸能界を生き抜き、魅力的なアイドルになるための番組。
あちこちロケに出かけて、体当たりでいろいろなことを学び、
成長してゆく姿を見せるというのが趣旨だそうです。

僕が出させて頂くのは、新大久保をテーマとする回。

新大久保の街を歩いたり、韓国料理店に入ったりしながら、
さまざまな韓国文化を学んでいくという内容です。
僕はそのアテンド係として呼んで頂きました。

あまり書くとネタバレになるのですが、
とにかく彼女たちの韓国通ぶりに驚きました。
正直、僕がアテンドする必要なんかないぐらいですね。
韓国語もずいぶん勉強されているようでした。

より詳細な情報は公式ページをご参照ください。

美女学
http://www.tv-tokyo.co.jp/bijyogaku/

僕はあいにく韓国にいるので見られませんが、
3回に分けて放送されるらしいので次回は見たいと思います。
深夜まで起きている方は、僕のかわりに見てください。

ただし、テレビ東京なので放映地域は限られています。
見られない方は、僕と一緒に残念がってください。
2010.11.17.Wed 23:07 | お知らせ | trackback(0) | comment(6)
10111501.jpg

昨日から韓国出張にやってきました。
帰国は24日の予定なので、10泊11日です。
前半が全羅道、忠清道、京畿道などを巡る取材仕事。
後半は全羅道に戻って旅行ツアーのアテンドです。

日程の一部ではソウルにも宿泊しますが、
基本的には地方をあちこち巡る予定。
美味しいもの探索に力を注ぎたいと思います。

例によって、ブログの記事は途絶えがちになりますが、
時間の許す限り、少しずつ報告ができればとも。
現在は全州の韓屋村からこの記事を書いています。
2010.11.15.Mon 06:53 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(3)
10111101.jpg

14日からの韓国出張を控え、多忙の極みに陥っています。
ここ2ヶ月ほど、調子よく更新を重ねていたのですが、
締切や取材の前倒しが多く、どうにもブログに立ち向かえません。

いつも思うのですが、忙しいときにさっくり更新できる、
手軽な定番コンテンツを、ひとつ用意したいですね。

マイナーな韓国料理紹介とか、地方で撮ったワンショットとか。
ひとコマ漫画のような何かを模索したいと思いつつ、
いまに至るまで、その何かが見つかっておりません。

そんな手探り状態から、冒頭の写真は「本日の1枚」。

今日11月11日はペペロデー。
釜山の女子高生が、ペペロのようにスマートになろうと、
友人同士で贈り合ったのが始まりというイベントデーです。

このブログでも何度か紹介しています。

2008年
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-833.html
2009年
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1057.html

ってか、冒頭の写真は2008年でも使っていますね。
思えばこの写真、2005年に撮ったものの使いまわし。
おそらくパッケージも刷新されていることでしょうし、
いい加減、新しいペペロ写真も撮ってこなければですね。

ちなみに14日からの出張は、ほぼすべてが地方行脚。

いずれの地域も美味しいものがたくさんありそうなので、
今回も力一杯、食べまくってきたいと思います。

とりいそぎの出張&それに絡んだ多忙報告。

帰国まで更新が途切れ途切れになるかと思いますが、
帰ってきたら頑張るということでご容赦ください。
2010.11.11.Thu 11:32 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(5)
10110601.jpg

お知らせが続きます。

今年8月に新大久保で行った栗原景さんとのトークを、
今度は冬バージョンということで行います。

韓国を旅する話、そして旅先で食する話。

前回は韓国の秋について2人で語りましたが、
今回は「冬」に視点を置いて、さらに熱く語る予定です。
会場はいつもお世話になっている「ナビコリア」。
募集要項は下記の通りとなっております。

=========================
冬の韓国、旅と食を語ります。
■「八さん栗さんナビトーク ~2010冬、韓国旅・料理を語る~」

<出演者>
八田靖史さん(コリアンフードコラムニスト)
栗原景さん(フォトライター)

韓国料理と旅のスペシャリストで友達同士の二人が
冬の韓国の魅力を紹介いたします。
8月の「秋の韓国」に続く第2弾!

<日程>
11月27日(土)午後5時30分開演(開場は開演15分前)

<会場>
新宿職安通り韓流ショップ「ナビコリア」
東京都新宿区歌舞伎町2-19-10第7金嶋ビル3階
(職安通り「韓国広場」から明治通り方向へ。1階が喫茶店「ロッジ」)
電話03-3232-0071
http://www.navinavikorea.com/

<料金>
1人1500円(税込)

<チケット入手方法>受付&販売中。
1)ナビコリアまたはKJナビにて直接入手
2)ナビコリアに電話で申込み。03-3232-0071。
3)メールで申込み。下記アドレス
http://www.navinavikorea.com/inquiry2/index.html

◆開催日に料金をお支払い希望の方はナビコリアへご相談下さい。
◆開催日お支払いの方は、キャンセルは絶対にお止めください。
◆定員オーバーの場合、キャンセル待ちなどのご連絡をします。

<主催>
◎通訳・翻訳・韓国語教室のKJナビゲーションズ(新宿3丁目)
http://www.kjnavi.co.jp/
◎ナビコリア
☆韓国旅行の手配(パック・オリジナルなど)は
「株式会社モランボンツーリスト」
(電:新宿営業所03-3226-0811、府中営業所042-334-4141)
http://www.mrt.co.jp
=========================

今回はどんな話を語らせて頂きましょうか。

とりあえず冬はぐつぐつの鍋料理が美味しいですし、
魚も脂が乗ってくるので、魚介料理の話題もいけそうですね。
冬至、旧正月あたりの行事食も入ってくるでしょうし、
あるいは屋台で飲む、オデンの汁なんかも外せないところ。

あと、今年はなかなか韓国に行けない年でしたが、
11月は中旬から下旬にかけて、地方中心に取材の予定。
そこでも目新しい話題を拾ってきたいですね。

開催当日まであれこれ考えてみたいと思います。
ご都合よいかた、ぜひご参加ください。
2010.11.06.Sat 10:38 | お知らせ | trackback(0) | comment(2)
10110401.jpg

先日、お伝えした「韓食財団」のガイド本企画
正式に推薦店舗募集が始まったようなのでお伝えします。
以下にリリースをそのまま転載しますね。

=========================
<東京優秀韓国レストラン推薦制度 概要>
●申込期限: 2010年11月19日(金)まで(郵送の場合は11月17日消印有効)
●申込資格: 東京都内に所在する韓国レストランのうち、以下の条件を満たす店舗
・営業開始から1年以上経過していること。
・韓国料理のメニューがメニュー全体の70%以上であること。
・直近1年間で、食品衛生法等の法令違反の事実がないこと。

●申込方法: 申込書とアンケートを http://www.hansik.org からダウンロードし、必要事項を記入し、郵送かFAXまたはeメールにPDFファイル等で添付の上、送付。

<郵送送り先> ※11月17日の消印有効。
Planning Team, Korea Food Foundation, 909 aT Center, 232,
Yangjae-1dong, Seocho-gu, Seoul, KOREA 137-787
大韓民国ソウル市瑞草区良裁1洞232 aT Center 909号 韓食財団企画チーム

<FAX番号> +82-2-6300-2055

<eメール> 次のいずれかのアドレスに送付
koreafood111@naver.com / koreafood222@naver.com / koreafood333@naver.com

●申込書類:
(1)海外優秀韓国レストラン推薦申込書(HPよりダウンロード)
(2)海外優秀韓国レストラン推薦申込アンケート用紙(HPよりダウンロード)
(3)営業許可証のコピー 1部
(4)直近一年間の衛生法遵守証拠書類
(5)レストランのアクセスマップ

●評価方法について:
・1次審査:書類審査
・2次審査:調査委員が料理、サービス、衛生などについて現地調査
・推薦審査の結果は、推薦委員会の審議を経て確定する

●推薦の有効期間: 2年間

●推薦に関する問合先 韓食財団企画チーム
金元圭(キム・ウォンギュ)、金美京(キム・ミギョン)
Tel: +82-2-6300-2050

■報道関係者からのお問合わせ先
韓食財団 PR事務局 【共同PR 仲田、亀田】
03-3571-5184 / E-mail: krfood_pr@kyodo-pr.co.jp
=========================

ざっと見た感じ、締切まで間がないのが大変ですね。
「韓食財団」側でも店舗のリストアップは進めているようですが、
我こそは、という店は急いで立候補してくださいとのことでしょう。

情報がまとまったら、審査を経て、お店をピックアップし、
来年には「ミシュラン」のような書籍になるとのこと。
どのような店が入るのか、純粋に楽しみです。

同じく韓食財団のウェブサイトもスタートしている様子。

韓食財団(韓国語)
http://www.hansik.org
韓食財団(日本語)
http://www.hansik.org/ja/index.do

飲食店紹介なども、コンテンツに含まれているので、
ぜひこれも充実させて欲しいところですね。
2010.11.04.Thu 16:10 | ニュース&情報 | trackback(0) | comment(2)
10110201.jpg

日曜日に新大久保で開催された新しいマッコリのお披露目会。
本来は渋谷の「韓食彩酒とんとんとん」で開催予定でしたが、
事情があって急遽、新大久保の「クンバリ」へと変更になりました。
「クンバリ」は軍隊料理専門店という変わったコンセプトの店です。

冒頭の写真が、今回お披露目された「北海道ハスカップマッコリ」。

ハスカップといえば、ブルーベリーに似た北海道特産の果実で、
ジャムにしたり、お菓子にしたり、ワインにもなっています。
それをマッコリと融合させ、北海道と韓国の架け橋にという企画。
仕掛け人は、札幌で営業しているマッコリバーのマスターです。

そのマッコリバーを訪れた記事は下記をご参照ください。

札幌「マッコリBar Chandan」でマッコリ2種。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1163.html
マッコリBar Chandan
http://chandan51.blog14.fc2.com/

10110202.jpg

正式発売は来月とのことで、まだノーラベルの状態。

10110203.jpg

小樽の地酒として名高い「北の誉酒造」が造っています。

北海道の地酒を造るメーカーが、北海道のハスカップを使い、
北海道らしいマッコリを造る、というのがこのマッコリの意義。
国内産のマッコリを造る酒造会社はだいぶ増えましたが、
ご当地系のフルーツマッコリは僕の知る限り、これが初めてです。

いずれ、

・青森りんごマッコリ
・山梨巨峰マッコリ
・鳥取二十世紀梨マッコリ
・沖縄シークワーサーマッコリ

といった感じにご当地マッコリも増えていくかもしれませんね。
日本全国に日本酒の蔵があることを考えると、
どこの地域でも、実現の可能性は充分にあります。

ちなみに、ハスカップマッコリを飲んでの感想ですが、
多分に日本酒の個性を残しているのが印象的でした。

後味にはしっかりハスカップの酸味が香るのですが、
それ以上に、日本酒独特の米感がすっきり切れていく感じ。
国産のマッコリは甘酒、どぶろく方面に偏ることが多いのですが、
日本酒方面に偏るものもある、というのを体感しました。

もちろんマッコリらしさという意味で疑問符はつくでしょうが、
日本酒が好きな人には、うまくハマる新感覚のお酒だと思います。
このあたりを入口としつつ、日本酒とフルーツの融合という、
新たな日本酒文化も模索できるではとの印象を受けました。

なお、今後はハスカップマッコリだけにとどまらず、
本格的な米マッコリや、その他の北海道マッコリも製作予定。
北の大地が育む、マッコリの未来に期待したいと思います。

10110204.jpg

そして、この日は他のメーカー関係者も参席。

こちらは釜山で造られている生マッコリで、
札通商事という、札幌にある会社が輸入しています。
釜山山城醸造で造られている「キチャルサルタク」という銘柄。
『珠玉のマッコリ徹底ガイド』でも紹介致しました。

飴のような重みのある甘味と、独特の風味が特徴のマッコリ。
北海道以外では、ほぼ流通していない希少な銘柄です。

10110205.jpg

写真を撮り忘れたので、以前のものを流用。
同じく釜山でいちばん広く飲まれている「生濁」も、
この日のイベントに提供されておりました。
こちらはすっきりさわやかな飲み口が持ち味。

10110206.jpg

先日、紹介した茨城県吉久保醸造の「うさぎのダンス」。

開けた途端にシュワッと吹き出る発泡感と、
女性受けしそうな、甘くソフトな飲み口が自慢です。
僕なんかはもう少し甘味が少なくても、と思うのですが、
同席した女性は、

「もう、これじゃなきゃダメ!」

というぐらいにお気に入りとか。
甘くフルーティな味わいが好きな方には絶好の銘柄です。

10110207.jpg

そして、こちらはハスカップマッコリと並ぶ目玉商品。
同じく札幌で作られている、地場野菜のキムチだそうです。

白菜、大根、キュウリに加え、キャベツのキムチも定番とか。
右端がキャベツのキムチで、見た目は白菜とかわりませんが、
食べてみると、シャキシャキ感が明らかにキャベツです。

ちなみにこのキムチ「ヘンジャのキムチ」と呼ばれており、
名前の通り、光州出身のヘンジャさんが作っております。
塩辛をたっぷり使いつつ、甘味は抑えるというのがこだわりとか。
先月10日には、専門のショップもオープンしたそうです。

ヘンジャのキムチ
http://blog.livedoor.jp/henja_kimuchi/

こういう地場のキムチも可能性は大きいですよね。

岐阜県の各務原キムチあたりが、すでに先を行っていますが、
ご当地の特色を生かしたキムチも、いろいろ作れるはず。
このあたりもマッコリの未来とともに期待したい分野です。

10110208.jpg

なお、この日はマッコリだけでなく料理もたくさん。

厨房は「クンバリ」ですが、料理は「とんとんとん」のもので、
こちらはテジメウンタン(豚肉の辛い鍋)と紹介されておりました。
印象としてはタットリタン(鶏肉と野菜の鍋)の豚バージョンという感じ。
テジポックムタン、あるいは少し遊んでテジブタタンでもいいですね。

10110209.jpg

ほかにも、トッポッキ(餅炒め)や……。

10110210.jpg

チャプチェ(春雨炒め)といった宴会料理の定番も登場。

10110211.jpg

シメにはヤンニョムジャン(薬味醤油)をかけて味わう、
鶏と野菜のスープが、こちらも大鍋でどーんと出ておりました。

ずいぶん内容が盛りだくさんだったお披露目会でしたね。

関係者の方からいろいろ話を聞かせて頂きましたが、
北海道はこれからも、あれこれ面白いことがありそうな様子。
ハスカップマッコリに続く、話題を僕も追いかけたいと思います。

店名:クンバリ新大久保本店
住所:東京都新宿区百人町1-5-24アーバンハウス新宿1階
電話:03-5272-9320
営業:17:00~翌5:00
定休:なし

店名:韓食彩酒とんとんとん渋谷店
住所:東京都渋谷区渋谷3-6-19第1矢木ビル1階
電話:03-3797-4429
営業:11:30~24:00
定休:なし
2010.11.02.Tue 13:58 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(2)






<< 2010.11 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。