FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
11082201.jpg

神戸出張の後、そのまま帰省に突入し、
今年は人並みに夏休みというものを満喫しました。
とはいえ、その前後で仕事が溜まりに溜まってしまい、
神戸の報告もろくにできていない状況です。

今週末からはまた釜山出張に出る予定があり、
また、9月に入ると今度は千葉の催事が始まります。
書くべき記事、書きたい記事はいっぱいあるのですが、
なかなか時間が取れず申し訳ない限りです。

ともあれ、神戸で遊んで頂いた皆様には大感謝。

オフ会の報告も含め、なんとか時間を捻出しつつ、
コツコツとでも書いていきたいと思います。

そして、その前にまずはもろもろのお知らせ。

冒頭にチラシの画像を掲げましたが、
第8回の韓食ナラが9月10日に開催されます。
テーマにはチャプチェ(春雨炒め)を選んでみました。

みんなでチャプチェを作りつつ、マッコリを飲み、
抽選会などもありつつ、僕の無駄話も聞くというイベント。
チャプチェは歴史のある料理なので蘊蓄も語り甲斐がありますが、
どんな角度から話をしようか、鋭意思案中であります。

なお、料理指導の本田朋美先生によると、

「きちんと和えるチャプチェを作りますよ!」

とのこと。

材料をいっぺんに炒めて作ることも多い料理ですが、
丁寧に作るなら、素材ごとに味付けをして最後に和える形をとります。
興味のある方は、ぜひ早めにお申し込み頂ければと思います。

=========================
★八田の楽しい韓食ナラ

<チャプチェ>
■日時:2011年9月10日(土)15時~17時 受付:14時45分
■場所:イドンカルビ
■会費:4000円
■主催:月刊韓流diary

【会場】
店名:イドンカルビ
住所:東京都新宿区新宿5-12-2
電話:03-3351-2057
最寄:新宿3丁目駅、東新宿駅より徒歩5分
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13035516/

【参加申込み】
参加される方の住所・氏名・電話番号・メールアドレスまたは
ファックス番号を下記にメールしていただくか、お電話ください。

Mail: krisk1@k-telecom.co.jp
TEL : 03-6435-0899

参加費は下記口座まで事前にお振り込みください。
当日受付でのお支払いも可能ですが、参加応募多数の場合は
事前振込みをさせて頂いた方を、優先させていただきますので
あらかじめご了承下さい。

三菱東京UFJ銀行 目黒支店
普通 3819031 口座名:ケーテレコム (カ)
=========================

11041801.jpg

日にちが少し前後しますが、真夏の神戸で大盛況だった、
「エネルギッシュコリア韓流美・味展」が千葉に移動します。

9月1日(木)から7日(水)までという全7日間。
JR千葉駅前の「そごう千葉店」催会場にて開催です。

千葉では池袋、横浜の開催で人気を集めた店に加え、
神戸から参加の店も加わって、ますますの加熱が予想されます。
いろいろ漏れ伝わってくる情報もあるのですが、
回を重ねたぶんだけ、面白いものになりそうですね。

なお、僕はまたセミナーの担当を頂きましたので、
最低でも3日間は足を運んで、会場を巡る予定です。
まだ、正式には発表されておりませんが……。

・9月2日(金)13時~13時40分
・9月4日(日)11時~11時40分
・9月6日(火)13時~13時40分

上記、3回が僕の担当時間となります。
ご都合よい方は、ぜひ遊びにきてください。

テーマは、

「韓国屋台の楽しみ方」

に戻りますが、内容はまたいじりたいと思います。
屋台料理の豊富な釜山で最新情報も仕入れてきたいですね。

11062504.jpg

そして、旅行ツアーについてもお知らせです。

・09月11日~14日(釜山・慶尚南道)
・10月16日~19日(済州島)

というふたつをご案内しておりましたが、
残念なことに、釜山・慶尚南道は催行人数に達しませんでした。
済州島はまだ募集をしておりますので、
ご興味ある方は、ぜひ早めにご検討ください。

八田靖史と行く韓食ナラの旅 済州島3泊4日
http://www.tabitour.co.jp/sub/index.php?6+51

11082202.jpg

ちなみに済州島の旅行日程を組むに当たっては、
今年4月に出かけた済州島取材の情報をおおいに役立てました。
取材の成果も、無事「るるぶ済州島」として刊行され、
先月下旬から、すでに書店にも並んでおります。

自分でいうのもなんですが、「るるぶ済州島」はいい出来です!

これまで済州島は「るるぶ韓国」の中に入っているだけで、
済州島だけをしっかり紹介する、ということはできなかったんですね。
それを今回独立させたことで、相当深いところまで踏み込めました。

僕が担当したのは主にグルメの部分ですが、
そこにも相当量の郷土料理を盛り込んだ自信があります。
済州島の食を幅広くとらえたという意味では、
韓国で出版されている本を含めても、

「るるぶがいちばん詳しい!」

と胸を張りたい情報の濃さです。
済州島に行かれる方はもちろん、当面の予定がない方も、
済州島を知る1冊として読んで頂ければと思います。

るるぶ済州島(amazon)
http://www.amazon.co.jp/dp/4533083064
るるぶ済州島(楽天)
http://books.rakuten.co.jp/rb/11243410/

11082203.jpg

そして、新規のツアーをもうひとつ準備中です。

昨年、全羅北道を旅した三進トラベルのツアーを、
今年もプロデュースさせて頂くことになりました。

ちなみに昨年の様子はこんな感じでした。

旅行ツアー「全羅北道まんぷく4日間」後記(前編)
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1220.html
旅行ツアー「全羅北道まんぷく4日間」後記(後編)
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1221.html

今年はさらに南下して全羅南道を目指したいと思います。

・霊光のクルビ(イシモチの干物)
・木浦のヨンポタン(テナガダコのスープ)
・光州のオリタン(アヒル鍋)、またはトッカルビ(叩いた牛焼肉)
・順天のチャンドゥンオタン(ムツゴロウ鍋)と山菜定食
・麗水のイシガニ、サワラ、シタビラメ料理

といったあたりが今回の狙い目。

日程は11月20日(日)~23日(水)までの3泊4日。
料金は成田、関西、福岡発の場合で10万8000円となります。
詳細については下記の募集ページをご参照ください。

八田靖史と行く全羅南道・まんぷく4日間の旅
http://www.sanshin-travel.com/original/010/entry/000681.html

なお、このツアーに先立って説明会ではないのですが、
全羅南道の料理を語る、食のセミナーを東京と大阪で開催します。
こちらは改めて、詳細をブログで呼びかける予定ですが、
とりあえず日程だけは確定したのでお伝えします。

・9月24日(土)東京開催
・9月25日(日)大阪開催

韓国料理店を会場として、全羅南道の料理も味わいつつ、
僕がこれまで食べた全羅南道の料理を紹介する予定です。

個人的にはまた大阪に行けるというのが嬉しいですね。
そのあたりのスケジュールがどうなるかまだわかりませんが、
少し後をくっつけて、個人的な取材もしてきたいと思います。

11082205.jpg

最後になりましたが、発売中の「スッカラ2011年10月号」に、
対談形式のインタビュー記事を書かせて頂きました。
お話を聞かせて頂いたのは、丸大食品の横山岳史さん。
かの有名な「スンドゥブ」を生み出したご担当者さんです。

スッカラ2011年10月号(amazon)
http://www.amazon.co.jp/dp/B005G49ISU/
スッカラ2011年10月号(楽天)
http://books.rakuten.co.jp/rb/11318554/

丸大食品の「スンドゥブ」は草創期から食べていますが、
いつの間にやら、もう発売から4年にもなるんですね。

その間に、パッケージが緑色のマイルド味が発売になり、
昨年は「参鶏湯」、「カムジャタン」もラインナップに加わりました。
だいぶ韓国関連商品のボリュームが出てきたところへ……。

11082206.jpg

なんと、9月から新商品がさらにふたつも登場とのこと。

「参鶏湯風スンドゥブ」という斬新な商品も気になりますが、
個人的には念願だった「プデチゲ」がなんとも嬉しいですね。
「スンドゥブ」に出会った当初、丸大食品がやるのだったら、
ぜひともプデチゲを、とお願いしたのをよく覚えております。

ちなみに「参鶏湯風スンドゥブ」はサムゲタン風の鶏スープに、
豆腐を入れて、スンドゥブチゲのように食べる商品とのこと。
また辛口、マイルドのように、「辛くない」という表記があり、
マイルドでもまだ辛い、という人への選択肢にもなるようです。

話を聞く限り、まだまだ新商品の構想はあるようなので、
さらに韓国料理のラインナップを増やしていって欲しいですね。

この秋、冬に向けて他社からも韓国料理の素がずいぶん出るので、
家庭向けの韓国料理関連商品は群雄割拠の時代がきそうです。
うまいこと、この冬のトレンドになれば面白いですけどね。
そのあたりにも注目していきたいところです。

ということで、もろもろのお知らせとお仕事報告でした。

神戸の報告もできるだけ早く書きたいと思います。
もう少しだけご容赦ください。
スポンサーサイト
2011.08.22.Mon 00:51 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(3)
11081401.jpg

前回の記事で初日の報告をした「そごう神戸店」での催事。
2日目にテレビの取材が入ったうえ、週末、お盆休み期間を迎え、
3日目、4日目とたいへんな盛況となっておりました。

人気店は行列が伸び、通路はすれ違うのにも苦労するほど。
商品によっては昼間からの売り切れも珍しくはないようです。

僕は4日目の午前中までいて神戸から離れてしまいましたが、
おそらく5日目、最終日も相当盛り上がることでしょう。
近くにお住まいの方は、ぜひ足を運んでみてください。

さて、それでは2~4日目に食べたものをまとめてご報告。

冒頭の写真は、イートインの目玉となった韓食バイキング。
大阪、宗右衛門町の「韓日館」が出店しております。

韓日館
http://www.kannichikan.com/

こちらの店では以前、大阪オフ会のときお世話になりましたね。

宗右衛門町(大阪)「韓日館」で大阪オフ会。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1231.html

11081402.jpg

こんな感じに料理が並んでいます。

個人的には前日のお酒が微妙に残っていたので、
ネングッ(キュウリとワカメの冷製スープ)が嬉しかったですね。
それとキムチチゲのコラボでだいぶ内臓が回復しました。

11081403.jpg

こちらは盛岡冷麺の「ぴょんぴょん舎」。

ぴょんぴょん舎
http://www.pyonpyonsya.co.jp/

今回の神戸では個人的に冷麺を食べ歩いたのですが、
日本の冷麺というのも、いろいろあるなと再確認した次第。
「ぴょんぴょん舎」の冷麺は醤油系統の味が強く、
スープに独特のねっとりとした口当たりが感じられました。

麺は小麦粉とジャガイモのでんぷんで作り、蕎麦粉は入らず。
釜山のミルミョン(小麦粉冷麺)にも似た感じですね。

余談ですが、盛岡の「ぴょんぴょん舎」が新規で加わったり、
大阪の鶴橋あたりからの店舗がずいぶん増えていたり。
池袋、横浜のときと比べて、神戸はやや在日色が濃くなりました。

そこを比較して見ている人はあまりいないと思いますが、
これもまた神戸開催によって生まれたひとつの面白さでしょう。

11081404.jpg

こちらは大阪、生野にある「遊山」の「犬鳴豚弁当」。

遊山
http://www.a-nest.co.jp/

一緒に「黒毛和牛プルコギ重」も売られており、
おそらくそちらのほうがメインなのでしょうけどね。
悩みに悩んで、犬鳴豚のほうを選択しました。
大阪府内、犬鳴山の麓で飼育されるブランド豚だそうです。

ごはんの上に醤油ダレで煮た甘こってりの豚肉がたっぷり。
なかなかのボリュームでがっつりいかせて頂きました。

そういえば、今回の神戸では弁当系が少ないですね。
夏場で食材が傷みやすいからか、池袋、横浜で人気だった、
キムパプ弁当や刺身丼といったメニューを見かけません。

そういった意味でもこちらの弁当2種は貴重かもですね。

11081405.jpg

趙善玉先生の「パラム」で出している五味子茶。

趙善玉料理研究院
http://www.cho-sunok.com/

ちょっと休んでいって、と先生に誘って頂き、
セミナー前の時間にリラックスさせて頂きました。

ご一緒させて頂いたのは、その前のセミナーで、
韓国美容の話をされていた上田祥子さんと岡田かこさん。
短い時間でしたが、いろいろお話できて楽しかったですね。
改めて考えると、なんとも贅沢な時間と空間でした。

11081406.jpg

五味子茶と一緒に頂いた2種類の焼き餅。
エンドウ豆の焼き餅と、アズキの焼き餅だそうです。

今回の「パラム」はカフェスペースがやや小さいのですが、
そのぶんテイクアウトの餅、韓菓、惣菜が売れているようです。
あと、先生と写真を撮っている方もたくさん。

先生、モテモテです。

11081416.jpg

もうひとり店頭に立っている有名人がこの方。

ソウルのガイドブックをたくさん出している、あんそらさん。
昨年12月には一緒にトークイベントもさせて頂きました。

今回の催事ではセミナーの総合司会をされていますが、
それが終わったら、「あろんだろん」で売り子のお手伝い。
済州島の柿渋染め衣装で、接客をなさっています。

初日に続いてドリンクから五味子ソーダを頂きましたが、
結局、韓国式トーストを食べ逃したのが心残りですね。
次回の千葉開催では、今度こそ食べに行きたいと思います。

11081408.jpg

さて、後は最終日に買ってきたものをまとめて紹介。

宝の家
http://www.takaranoie.co.jp/

神戸からの新規店だったので関西の店かと思いきや、
足立区の竹ノ塚に店があると聞いて驚きました。
竹塩を使って作った薬膳サムゲタンは店の自慢料理だそうです。

「常温で1年持ちますよ」

というのも保管を考えるとありがたいですね。

11081409.jpg

関西のデパ地下などで活躍する「サランバン」。
パッピンス(カキ氷)とチヂミが人気で連日大行列を作っていますが、
個人的にぐっと引かれたのが、シンプルな見た目のこの商品でした。

鹿児島県産のハーブ鶏を使ったけっこう大きな冷凍サムゲタン。

値段が4200円となかなかのお値段なのですが、
国産の銘柄鶏でサムゲタンという魅力に勝てませんでした。
今回の催事でいちばん気になったのがこの商品です。

「冷蔵庫で丸1日解凍してください」

とのことなので、ゆっくり試してみたいと思います。

11081410.jpg

「ぴょんぴょん舎」の冷麺も2袋購入。

ほかに、じゃじゃ麺なども扱っていたのですが、
僕が行ったときは、もう売り切れていて冷麺だけでした。
イートインも人気ですが、物販も勢いがありますね。

11081411.jpg

牛肉、豚肉弁当を出している「遊山」はそれとともに、
犬鳴豚と高麗人参の入った薬膳キーマカレーも販売。

カレーのスパイスは漢方食材と大部分で重なりますが、
高麗人参が入るとなると、どんな味になるのか気になります。
1袋が1人前。冷蔵で1週間の保存が可能だそうです。

11081412.jpg

鶴橋に本店を置く「まだん」は三宮にも支店があります。
見方によっては、いちばんの地元店といえますね。

まだん
http://madanplus.com/

池袋、横浜でもいろいろ買わせて頂きましたが、
その中でも、冷凍のチヂミ3種は我が家の人気者です。

豚バラチヂミ、山芋とろろに、今回は海鮮が追加ですか。
前回、買ったときの海老チーズもよかったですが、
具にホタテが見えているのが、非常にそそられます。

11081413.jpg

「まだん」では白菜キムチとレンコンのキムチも購入。
特にレンコンはサクサクとした食感がお気に入り。
今回は出ていないようですが、ゴボウのキムチも美味しかったです。
あとは珍しいところでは梅のキムチも出ています。

11081414.jpg

こちらは「パラム」の新商品。

「キムキムキムチャバン」という名前がついており、
海苔を炒め煮にした、日本でいう佃煮風のお惣菜です。

「ごはんに載せると美味しいよ」

という趙善玉先生の一言で購入決定。
あつあつごはんでモリモリいきたいと思います。

11081415.jpg

連日大人気の「韓国広場」では紅酢を購入。

韓国広場
http://www.ehiroba.jp/
紅酢
http://www.daesang.co.jp/campaign/hongcho/

ここ最近、紅酢の勢いは本当にすごいですね。
日本でのモデルにKARAが選ばれたとの報道もありますし、
日本での存在感はさらに増していくことと思われます。


といった感じで、購入したものも以上です。

時間が許せばもっと満喫したかったのが本音ですが、
それでも限られた中で、今回も本当に楽しませて頂きました。
あとはしばらく今回購入した戦利品をそれぞれ味わいながら、
次の「そごう千葉店」開催を楽しみにしたいと思います。

でも、実は千葉も9月1日からの開催なので、
もうあと半月もすれば、またスタートするんですよね。

神戸から参加した関西のお店も千葉に加わるようですし、
あるいは千葉からの新規店もあると聞いています。
そこに神戸には出ていない、池袋、千葉での人気店も戻って、
よりいっそうの盛り上がりが期待されるという状況です。

千葉でもセミナーを担当させて頂けるようなので、
またがっつり通って、あれこれ食べたいですね。

ただ、とりあえずはまだ「そごう神戸」が開催中。

残りの2日間をさらに盛り上げて欲しいと思います。
なお、16日の最終日のみ18時で終了とのこと。
ギリギリで行かれる方はご注意下さい。
2011.08.14.Sun 02:29 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(5)
11081001.jpg

神戸にやって来ました。

三宮駅前の「そごう神戸店」本館9階催会場にて、
エネルギッシュコリア韓流美・味展が本日より開催です。
池袋、横浜の盛り上がりが昨日のことのようですが、
いよいよ第3弾の神戸もスタートしてワクワクが止まりません。

僕がいられるのは13日(土)の午前中までですが、
それまでの間、目一杯楽しみたいと思います。

ちなみにこの催事は15日(月)が最終日。
全部で6日間しかない、期間限定のイベントですので、
ご興味ある方は、早めの来場をおすすめします。

ちなみにこのブログは市内の宿で書いております。
本日、昼に神戸へ着いて、その足で催事場へと直行。
明日、明後日とセミナーを担当しているので下見も兼ねつつ、
会場の盛り上がりを早速堪能してきました。

期間中、どれだけの発信ができるかはわかりませんが、
まずは速報として、食べたものをお伝えします。

冒頭の写真は今回から加わったイートイン店舗。
「赤坂一龍大阪難波店」のソルロンタンです。

東京の韓国ファンにとって赤坂の「一龍」といえば、
古くからのソルロンタン専門店として有名ですよね。
そののれん分け店が大阪の難波にできております。

赤坂一龍大阪難波店
http://www.ichiryu-osaka.com/

という話は以前にもブログで書きましたね。

難波(大阪)「赤坂一龍大阪難波店」でソルロンタン。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1232.html

初日とあって、東京から本店の社長さんもいらしておりました。

11081002.jpg

催事場でソルロンタンが食べられるというのもすごい話。
久しぶりに食べましたが、確かに「一龍」のソルロンタンです。
具の牛ホホ肉も分厚い割に柔らかですし、春雨もたっぷり。
けっこうなボリュームですが、ぺろっといけます。

ほかにも新規では冷麺の「ぴょんぴょん舎」が出ていたり、
心斎橋の「韓日館」が韓国料理バイキングをやっていたり。
イートインが充実しているのは今回の大きな魅力でしょう。

11081003.jpg

節電の影響もおそらくあるのだとは思いますが、
会場はすごい人出のため、熱気でムンムンしております。
そのため冷たいドリンクや、氷菓類が人気を集めていました。

上の写真は鶴橋「あろんだろん」のきゅる抹茶フロート。

あろんだろん
http://www.tea.zaq.jp/arongdarong/

こちらの店も以前、ブログで紹介しました。
鶴橋市場を抜けたところにある隠れ家風のカフェです。

鶴橋(大阪)「あろんだろん」で伝統茶。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1226.html

下が柑橘系で、上は抹茶という異色のコラボですが、
これがシャッキシャキとしたフロートとよく合います。
かき混ぜつつ、すすりつつ、会場巡りのお供としました。

ちなみに「あろんだろん」ではこうしたドリンクに加え、
屋台名物である韓国式のトーストも提供しております。
韓国のトーストはオムレツ、ハム、野菜などを挟んだホットサンド。
そこに砂糖やジャムを加え、甘味を際立たせるのが特徴です。

紙コップに入れて販売するというのも韓国そのもの。
野菜トーストと、ツナキムチトーストの2種類がありましたので、
これも期間内に試してみたいと思っています。

11081004.jpg

同じくドリンク系でマッコリも種類豊富に飲めます。

東京マッコリ、麹醇堂、眞露などが常連メンバーですが、
今回はそこにサントリーのソウルマッコリが入っていましたね。
会場の一角にマッコリ、伝統酒のブースができています。

そして、上の写真はブースとは別の場所にある「MACCORURI」。

フローズンマッコリをメインに掲げているようですが、
それを試飲した瞬間、マッコリ自体の美味しさに驚きました。
慶尚南道河東郡で造られている生マッコリですが、
横浜の関内にあるコチラの店でしか扱っていないそうです。

MACCORURI
http://www.maccoruri.com/bar/

甘味が少なく、酸味の強い本格派マッコリなので、
ビギナー向けというよりは、玄人向けになるでしょうね。
イチゴ、マンゴー味のフローズンマッコリとともに、
マッコリ好きな方は、そのものの味も試して欲しいところです。

11081005.jpg

そして、今回もスイーツが充実しております。

東京、広尾に位置する「薬膳甘味 千の花」が、
また新たな商品を、初お目見えさせておりました。
このお店は本当に次々と斬新な商品を作っていますよね。

薬膳甘味 千の花
http://www.yk-sennohana.com/

写真だと色が若干わかりにくいかと思いますが、
五味子を使ったソフトシャーベットだそうです。

五味子の酸味と甘味がしっかり出て爽やかですね。

もともと五味子は夏場に飲む伝統茶ですし、
喉の乾きを抑え、汗を止める効果があるといいます。
猛暑の続く日々には何よりのスイーツでしょう。

ほかにも柚子味のソフトシャーベットがあり、
五味子とのミックスでも楽しめるそうです。
同様にヨモギと高麗人参のソフトクリームもあります。

11081006.jpg

もうひとつスイーツの店を紹介しましょう。

新長田駅前の韓流ショップ&韓茶カフェ「韓館」。
スタッフの方によれば、地元神戸からの出展はここが唯一とか。
新長田といえば以前に冷麺の取材で足を運びましたが、
こんなスイーツを提供する店ができていたとは知りませんでした。

写真は左が五味子のパンナコッタ、上がエゴマのプリン、
そして右下にあるのがナツメのタルトといった3種類です。

ほかにもパンナコッタは柚子味があったり、
エゴマはクッキーがあったりと、商品は多彩でしたね。

それぞれ、テイクアウトしてホテルで味見をしましたが、
個人的には五味子のパンナコッタが気に入りました。
五味子の酸味とほのかな渋味はスイーツとよく合いますね。

エゴマのプリンもずいぶん贅沢にエゴマが入って濃厚。
ナツメのタルトはかなり甘めですが、韓国の伝統茶店で飲む、
濃厚なナツメ茶の味をそのままスイーツに仕立てた感じです。

韓館
http://www.kan-kan.jp/
http://www.kan-kan.jp/corpinfo/shopinfo/

なお、お店のホームページをチェックしてみましたが、
そちらでは伝統茶とともに食事メニューも充実しています。
プレートランチや、サラダビビンバなどに加え……。

・タッカルビカレー
・タッカルビバーガー
・ヤンニョン唐揚げ丼
・トッポギカルボナーラ

なんてメニューがあって実にそそられますねぇ。

催事の隙間を縫ってタッカルビバーガーを狙いに行こうか、
このブログを書きながらも真剣に思案中です。

といった感じで初日の報告。

ざっと写真を並べるぐらいのつもりでしたが、
ついつい熱がこもって、真剣に書いてしまいました。
このペースで明日以降も報告できるかがやや不安ですが、
できるだけ会場の熱気をお伝えしたいと思います。

ちなみに僕のセミナーは明日、明後日とも15時から。
韓国の市場について語りますので、よかったら足を運んでください。
僕の話はともかく、会場の熱気は一見の価値アリです!
2011.08.10.Wed 17:38 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(6)
すっかりブログの更新を止めて申し訳ありません。
10日からの神戸出張、およびお盆の帰省に向けて、
仕事を前倒しており、すっかり修羅場の様相を呈しています。

ろくに記事も書けないなか、お知らせだけで恐縮ですが、
本日21時からBS11「韓ラブ」に出演します。

韓ラブ
http://hanlove.jp/

MCの古家正亨さんと都内某所でお会いし、
韓国料理にまつわるいろいろな話をさせて頂きました。
いまイチ押しの店なども紹介しております。

出演は21時から21時55分までのどこか。
今日、見られない方は、木曜日の23時から再放送もあります。
2011.08.08.Mon 14:10 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(12)






<< 2011.08 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。