FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
09091901.jpg

1軒目の「叙々苑游玄亭新宿」を出て2次会に。
僕が見学をさせて頂いた「焼肉塾」会員の皆さんは、
いっそう熱く、テンション高く、料理や経営について語っています。
こういう姿を見ると、お店にもぜひ足を運んでみたくなりますね。

2次会の会場となったのも焼肉塾の会員が経営する店。
新大久保でも有数の人気店「カントンの思い出新大久保」です。
不況だ、不況だと、どの店に行っても恨み節ばかりですが、
こちらの店はいつ通りがかってもお客さんがあふれています。

人気の理由はいくつかあると思いますが、
個人的に思うのが、アンテナの高さがすごいのかなと。
定番の人気料理や、話題の料理はたいてい揃っています。

例えば、冒頭の写真は黒豆のシャーベットマッコリ。

シャーベットマッコリそのものは稀に見かけますが、
黒豆をシャーベットにした、というのは初めて見ました。
シャーベットの時点でまだまだ珍しさを語れるのに、
そこをさらに1歩進めてあるのはさすがですね。

キムパプ(韓国式海苔巻き)も6種類ほどが用意されていますし、
鶏料理も流行の系譜がたどれるぐらいずらりと揃っています。
プルタク(激辛の鶏焼き)があって、チムタク(鶏の蒸し煮)があって、
ヤンニョムチキン(辛いフライドチキン)があってタッパル(鶏足)があって。
ヘムルトクチム(海鮮モチ炒め)が韓国で話題になっていたときも、
いち早く、メニューに取り入れていたのが印象的でしたね。

ただ単純にメニューがずらずらと多い訳ではなく、
食べたいアレ、が高確率で見つかる店といった印象です。
僕もこの日、メニューを見ながら、

「うわ、ソヤボックム(ソーセージ野菜炒め)がある!」

と密かに驚いておりました。
料理名通りの、よくある居酒屋メニューなのですが、
韓国で留学時代を経た人には、定番の1品だったりします。
そんなマニアックなツボまでしっかりと対応。
新大久保の中でも、かなり韓国に近い店だと思います。

09091902.jpg

マッコリと焼酎をチャンポンしながら、
満腹の胃袋を、さらに満たしていく一同。

コルベンイムチム(ツブ貝の和えもの)に素麺が添えてあるので、
箸を両手に1本ずつ持って、わさわさ混ぜていると、

「皿が小さいからそれだと混ぜにくいですよね」

と、厨房で素早く混ぜて持ってきてくれました。
元気がよく、キビキビしたサービスもこの店の魅力かと。

09091903.jpg

チョンヤンコチュよりもさらに辛い唐辛子を使うという、
とんでもない激辛使用のチーズプルタク。
プルタクの辛さは店によって本当にまちまちですが、
こちらの本気度はかなりのものだと思います。

09091904.jpg

エゴマの葉と粉がたっぷりのカムジャタン(豚の背骨とジャガイモの鍋)。

09091905.jpg

「日本のカムジャタンって肉がついてないでしょ!」
「だから産地までわざわざ行って、肉つけてくれって頼んだんですよ!」
「韓国の本場ものにはかなわないかもしれないけど」
「少なくとも日本で食べるカムジャタンになら負けないですよ!」

社長さんがそのときの苦労話を熱く語ってくれました。
カムジャタンは人気料理の割に、本格を目指すのが難しく、
どの店でも肉のつき具合は頭を悩ませるところです。
わざわざ産地まで行って交渉、というあたりはさすがですね。

こちらの社長さんとは初めてゆっくり話をしたのですが、
激戦区の新大久保で、人気を獲得している理由が少しわかりました。
ちなみに、この後、珍しい郷土料理を出して頂いたのですが、

「グランドメニューにはないので内緒で!」

とのことだったので割愛させて頂きます。
豊富な品揃えを誇る店だけに、裏メニューも気合が入っており、
ずいぶん久しぶりに、懐かしい料理を味わいました。

ちなみにこの後、会に紹介してくれたまた別の社長と、
さらに3軒の店を、超駆け足でハシゴしてきました。
気になる店には全部行く、というエネルギーがすごいですね。
自分も頑張らねば、とおおいに刺激をもらった1日でした。

店名:カントンの思い出新大久保
住所:東京都新宿区大久保1-17-1ピュアーズⅡビル1階
電話:03-3232-0868
営業:11:00~翌5:00(月~土)、11:00~翌3:00(日、祝)
定休:なし
2009.09.19.Sat 19:15 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(5)
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。