FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
09112701.jpg

韓牛ブーム第2章。

思わずそんなフレーズが頭に浮かびました。
昨年の夏頃から、韓国では空前の韓牛ブームが到来。
米国産牛肉の輸入解禁問題から火がついたデモ騒動後、
国産の韓牛がもてはやされるようになりました。

ブログやメルマガでもずいぶん書いてきたテーマですが、
その熱は1年以上が経過しても、まだまだ継続中。
加えて新しい話題も出てくるとなると、しばらくはまだ続きそうですね。
いまの韓国は韓牛を使ったユッケ専門店が急増しています。

とりあえず韓牛ブームの詳細は過去記事を見て頂くとして……。

コリアうめーや!!第179号(いまの韓国は国産の韓牛ブームだ!!)
http://www.melonpan.net/letter/backnumber_all.php?back_rid=584450
韓食日記(2009年は韓国の牛肉事情が面白い。)
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-902.html
コリアうめーや!!第203号(焼肉でマッコリ飲んで何が悪い!!)
http://www.melonpan.net/letter/backnumber_all.php?back_rid=628625

冒頭の写真は、ユッケとユクサシミの盛り合わせ。

これまで僕はユッケを「韓国式の牛刺身」と訳してきたのですが、
ユクサシミが流行すると、少しややこしい話になってきますね。
直訳すると「肉刺身」。いわゆる「牛刺し」といった感じの料理です。
生の牛赤身肉を薄切りにして、ゴマ油や唐辛子酢味噌につけて食べます。
場合によって、センゴギ(生肉)という言い方もしますね。

写真手前に見える、牛細切り肉をまとめたものがユッケ。
こちらは甘い醤油ダレで味がついており、隣にある梨の千切りと、
その奥にある卵黄と混ぜ合わせてから食べるのが作法です。

真ん中に3列並んでいるのがユクサシミ。

しゃぶしゃぶに使うようなゴマダレが用意されており、
塩を混ぜたゴマ油か、そのタレで味わうようになっています。
別に頼めばワサビ醤油なども持ってきてもらえました。

さらに奥に並んでいるのはセンマイ刺し、レバ刺し、アワビ刺し。
その手前に見える黄色い三角はスライスチーズでした。
一通りまとめた盛り合わせで、4万ウォンという値段設定です。

まわりはユッケを単独で頼んでいる人が多かったですけどね。
活きたテナガダコをぶつ切りにして混ぜたユッケなどもありました。

09112702.jpg

ちなみにコチラ。今回別の韓牛焼肉専門店で食べたものですが、
普通のユッケとは別に、特ユッケなるメニューがありました。
写真手前、甘酢に漬けたギョウジャニンニクの葉が添えられており、
古漬けのキムチとともに、ユッケを包んで味わうという趣向です。

ギョウジャニンニクは韓国語でサンマヌル(山ニンニク)、
またはミョンイナムルというのですが、韓国では鬱陵島の特産品。
ここしばらく焼肉店で見かける率が、ぐっと増えたような気がしますね。
お店の方が胸を張りつつ、

「ウチの店は鬱陵島からこいつを仕入れてて……」

と語っているのをよく聞きます。

09112703.jpg

ユッケを頼んだら、ユクサシミがサービスで出てきました。
これもブームの影響なのかなぁ、とも思ったり。

ちなみにこの店、横城産の韓牛を格安で食べられるお店。
量はある程度まとめて注文しなければなりませんが、
100グラム、1万ウォン程度で盛り合わせが提供されています。

「るるぶソウル'10」で初めて取材に行ったのですが、
それを見て、ずいぶん多くの方が足を運んでくれたようですね。
お店の方がすごく喜んでくれていて、僕も嬉しかったです。
お手持ちの方は、ぜひ牛焼肉ページを探してみてください。

09112704.jpg

本題に戻って、僕らが行ったユッケ専門店はこちら。
先駆的なチェーンのひとつで「ユッケチジョン」といいます。
チジョンというのは、漢字で「至尊」と書くようですね。

全部漢字で表記するなら、「肉膾至尊」ですか。
故事に由来する四字熟語のような店名にも思えます。
あちこちの繁華街にありますが、とりあえずここは新村店。

09112705.jpg

近くには「ユッケポチャ」という店もありました。
ほかにもユッケを冠したチェーン店がたくさん出来ています。
どこも出ている料理はほとんど同じ感じでしたけどね。

いろいろな料理がブームとなって急浮上するのが韓国ですが、
まさかユッケにスポットライトが当たるとは思いませんでした。
韓牛ブームから派生した、意外な伏兵という感じでしょうかね。

食べての感想は、やや居酒屋的すぎる気もしましたが、
ユッケが手ごろな値段で食べられる、という点が評価されている様子。
ブームの真っ盛りですので、興味のある人は足を運んでみてください。
2009.11.27.Fri 23:56 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(7)
<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。