FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
10072301.jpg

マッコリの認知度が高まっていく中で、
ふと、伝統酒のことを振り返ることがあります。

「韓国の酒といえばマッコリ!」

という風潮ですっかり置き去りにされた感はありますが、
いつか潮が変わって、脚光を浴びる日も来るのだろうかと。
大手醸造場も元をたどれば伝統酒の蔵だったりしますしね。
あるいはマッコリの延長線上で共存してもよいかと。


・韓国はストレートの焼酎など強いお酒が多い
 ↓
・韓流ファンが増えたのに女性が飲む酒が少ない
 ↓
・マッコリは甘くてアルコール度数も低く飲みやすい
 ↓
・マッコリブーム到来で種類増加
 ↓
・フレーバー系のマッコリが人気を集める
 ↓
・一方でお酒好きな人が本格マッコリを求め始める
 ↓
・生マッコリ人気拡大(←いまココ)
 ↓
・韓国の地酒にも注目が集まり始める
 ↓
・韓国地酒ブームも到来


ってなことにはならないものかと。
まあ、先を読み過ぎて、明後日の方向かもしれませんが、
希望的観測も含めて、お気に入りの地酒を紹介したいと思います。

冒頭の写真は、全羅北道扶安郡で造られているポンジュ。

地元の名産であるクワの実を使った醸造酒です。
系統としては覆盆子酒なんかとよく似ておりますね。
ワイン程度のアルコール度数で、濃厚な甘さがあります。
かといって濃すぎず、食中酒としても充分飲めます。

10072302.jpg

慶尚南道統営市にはなんと芋焼酎があります。

統営は港町として魚介料理が有名ですが、
その一方で、サツマイモも地元の名産だったりします。
ペッテギジュク(サツマイモ粥)なんて郷土料理もあったり。
そんなサツマイモ焼酎の銘柄は「海原(ヘウォン)」。

サツマイモだけでなく、原料には米も使っているので、
日本の芋焼酎ほどに香りが強く立つ訳ではありません。
ほんのりと、

「あ、芋だな」

と感じるすっきり飲みやすい焼酎です。

10072304.jpg

二東マッコリはみなさんよくご存じでも、
二東ビールを飲んだ人は皆無に等しいと思います。

京畿道抱川市二東面で造られている「二東ブロイ」。

ペットボトルに入っているあたりがなんとも韓国らしいですが、
地元ではちらほら、飲食店で見かけるようです。
僕が飲んだときは、あまり冷えていない状態だったので、
美味しいとは思いませんでしたが、キンキンならまた違うかも。
いずれまた機会があればリベンジしたいビールです。

09020107.jpg

忠清南道舒川郡で造られている「韓山素穀酒」。
麦を原料として造られており、香ばしい甘味を感じるお酒です。
これはだいぶ前から日本へも輸入が始まっており、
一部の韓国料理店ではメニューに並んでいるのを見かけます。

でも、往々にしてこの手の伝統酒は高いんですよね。

ボトル1本で4000円ぐらいするので、
特別な理由でもない限り、なかなか飲む気になりません。

「こういうのをグラス売りしてくれないかな」

というのが実は今日の記事の趣旨。

マッコリブームに至ったきっかけのひとつには、
グラス単位で販売をする、という部分も大きかったと思うのですよ。
種類が豊富なら、少しずつ飲み比べてみたいのが日本人。
高価な伝統酒もグラス単位であれば充分手が出ます。

「すでにやってるよ」

という店があったらごめんなさい。
基本的には思いつきで書き始めた記事です。

10072303.jpg

済州島で造られているオメギスル。
粟(アワ)を原料に作った伝統的な濁酒ということで、
味は香ばしいマッコリという感じでした。

というか、これはマッコリの一種でいいのかな。
城邑民俗村内の食堂などで飲むことが出来ます。

08090406.jpg

ちょっと方向性を変えて大阪で造っている「四香酒」。
マッコリと同じく、伝統酒の世界にもすでに国産があります。

桃谷のコリアンタウンで高麗時代の伝統酒を復刻。
米、もち米を原料としたフルーティで香りのよい生酒です。
詳細については下記をご参照のこと。

桃谷「韓茶cafe流れる千年」で四香酒。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-800.html

08100404.jpg

マイナーな地酒ばかりでなく、大手メーカー品にも、
ぜひ輸入して欲しいという本格銘柄がいくつかあります。
写真は麹醇堂が経営する「百歳酒マウル」という飲食店の商品群。

日本でも飲めたらなあ、と常々思っているのが、
右から2番目の「強壮百歳酒」と左から3番目の「生百歳酒」です。

強壮百歳酒はいわゆる百歳酒のグレードアップ版。
より高価な生薬が入っており、韓国では免税店などで販売されています。
従来の百歳酒よりも赤みがかっており、より濃い印象があります。

そして、百歳酒にも生があるんですよね。

生マッコリに続いて、生伝統酒も期待したいところ。
こちらは明らかにフレッシュな味わいに衝撃を受けました。
百歳酒の世界も奥深い、と感じさせてくれる2品です。

06110305.jpg


先日行った「珠玉のマッコリトーク」で紹介をした、
「デポマッコリ(ペサンミョン酒家)」の大本になったのがこちら。
米を主原料に、銀杏と月見草の種を加えて作っています。

独特の風味があるので、好き嫌いは分かれると思いますが、
僕は一時期、これにハマってずっと飲んでいたことがあります。

いつの間にか、とんと見かけなくなってしまいましたが、
デポマッコリの活躍に乗って、こちらも頑張って欲しいですね。
このほかにもタンポポを原料にした「デポ」もあるようです。

10031402.jpg

あとは、こちらも頑張ってほしいですね。
覆盆子酒に炭酸を加えて飲みやすくした「氷呑福(ピンタンボク)」。
伝統酒の重たいイメージを一新した画期的な商品です。

微発泡覆盆子酒「氷呑福(ピンタンボク)」発売開始
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1107.html

10072305.jpg

まあ、いろいろ書きましたけど、最後はやっぱりこれ。
慶尚北道慶州市で造られている「校洞法酒」です。

・蔵元でしか買えない
・賞味期限が30日程度しかない(←日数を修正しました)
・手作りなので生産量が少ない
・要冷蔵

という理由から、幻の酒とされている地酒です。
生マッコリを頑張って持ってくる技術が進んでいけば、
こういう商品も日本で飲める日が来るかなと。

まあ、気軽に飲めすぎてもちょっと、という感はありますけどね。

ほかにも個性的な伝統酒は韓国各地にありますし、
校洞法酒のようなお酒は特別として、普通は常温で長期保存可。
マッコリよりも、扱いは簡単なのではと思います。

・生マッコリ人気拡大(←いまココ)
 ↓
・韓国の地酒にも注目が集まり始める
 ↓
・韓国地酒ブームも到来
 ↓
・韓国の郷土料理にも注目が集まる
 ↓
・コリアン・フード・コラムニストの仕事が増える

という流れが最終的には最高。
それまで一生懸命、種をまこうと思います。
2010.07.23.Fri 09:55 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(5)
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。