FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
10073101.jpg

マッコリの本場としてにわかに活気づく全羅北道全州市。
市内の至るところにマッコリタウンが形成され、
日本からの観光客からも、少しずつ注目を集めています。

そんな全州市でいちばんポピュラーなマッコリが、
冒頭の写真にある、酩歌(ミョンガ)という銘柄。

全州でいちばんのシェアを誇る全州酒造が製造しています……。

という書き方をすると間違いではないにしろ、
誤解を与える、という事実を先日全州で学んできました。

なんでも全州のマッコリメーカーって全州酒造だけなんだとか。
数年前までは3社ほどあったらしいのですが、
合併をして、いまは全州酒造が唯一の会社だそうです。
マッコリの本場だけに、ちょっと意外な事実でしたね。

10073102.jpg

ただ、1社独占状態とはいえ、銘柄はいくつかあります。

こちらは「イェッチョン」という有名チェーンの独自銘柄。
ずんぐりとした見た目からもわかるかもしれませんが、
このマッコリ、なんと1.98リットルもあります。

なぜ、これを2リットルにしなかったのか不明ですが、
この店では、これ1本がひとヤカン分で1万3000ウォン。
そこに大皿料理が3品つくので、ずいぶん格安な値段設定です。

こういう迫力のあるボトルも日本で見たいですけどね。
たぶん、出てくるだけで座が盛り上がることと思います。

10073103.jpg

ほかにもストレートな「全州生マッコリ」という銘柄や……。

10073104.jpg

マッコリに漢方薬を入れて煮込んだ「母酒」という伝統飲料も生産。
こちらはアルコールが飛ぶので、ソフトドリンクに近いです。
2日酔いの朝に飲むと、迎え酒の効果があってよいとのこと。
冷たい状態でもいいですが、温めて飲むことも多いです。

10073105.jpg

そして、こちらが日本に輸入されている銘柄。
現状、米マッコリと、黒豆マッコリの2種類が流通しています。

10073106.jpg

……と、思っていたら何コレ!

先日、新大久保「美名家」の冷蔵庫に発見し、
大慌てで裏のラベルを見たところ……。

10073107.jpg

なんと、いつの間にか輸入が始まっていました。
全州マッコリから、待望の「生!」が新登場です。

てことは、このラベル、そもそも輸出用だったんでしょうね。
先発隊の2銘柄で地盤を固め、満を持しての生出荷。
あるいは輸送、ボトリングの問題もあったのかもしれません。

「いつかは生も視野に入れています」

という話は聞いていたのですが、
正直、もっと先のことかと思っておりました。

なんか予想以上に生の普及が速いですね。

マッコリ業界の下半期、新規参入も増えていきそうですが、
既存メーカーが放つ、二の矢、三の矢も興味深いところです。

10073108.jpg

「美名家」から1本頂いたので自宅飲み用にしました。
せっかく全州の生なので、1杯目はマルグンスルにしてみたり。
振らずに上澄みだけを飲む、全州ならではのスタイルです。
キンキンに冷やした上澄みは、すっきり感が強くていいですね。

その後は、よく振った状態でも飲んでみましたが、
全体的にすっきりライトな生マッコリとの印象でした。

発泡感もごく弱く、口当たりと香りが牛乳のようにミルキー。
生マッコリにしては、ちょっとパンチが弱いようにも思えますが、
すっきりとした後味が好きな方にはよいかと思います。
料理の邪魔をせず、なんにでも合いそうなマッコリですね。

ここ最近、外飲みを自粛しているので家飲みが増えました。
自宅でくつろぎながら飲むマッコリもいいものですね。
あちこちからまだ飲んでいない銘柄を取り寄せて飲んだりも。
どんどん新銘柄が出ているので、当面退屈せずにすみそうです。
2010.07.31.Sat 09:47 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(6)
<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。