FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
10101901.jpg

「目黒雅叙園」で開催された出版記念パーティに、
ご招待頂いたので、足を運んできました。

はるか遠くからの写真で恐縮ですが、
中央で挨拶をしている韓服を着た方が著者の先生。
会場には先生の友人、知人らが日本全国から集まっており、
それはそれは盛大な会になっておりました。

10101902.jpg

出来上がったのはこんな本。

書名:大切な人のために作る韓国料理 万能エキスでオンマごはん
著者:趙善玉
定価:1,470円
発行:シンコーミュージック・エンタテイメント

趙善玉先生は日本で料理研究家として活躍しており、
恵比寿で「趙善玉料理研究院」を主宰しておられます。

趙善玉料理研究院
http://www.cho-sunok.com/

また、恵比寿の研究院は料理教室であるとともに、
1階は「パラム」という餅カフェとして営業しています。

趙善玉料理研究院(餅カフェパラム)
http://www.cho-sunok.com/pram.html
asahi.com/韓国菓子
http://www.asahi.com/international/korea/TKY200910300221.html

僕が最初に先生と知り合ったのは「パラム」の取材でしたが、
その後、親しくさせて頂き、ソウルで一緒に食事をしたりも。

ちなみにこの本の版元はシンコーミュージックですが、
ご存じ、『珠玉のマッコリ 徹底ガイド』を作った会社です。
もちろん両方の本を担当した編集者さんも一緒。

というか、マッコリ本が出来上がる頃、

「韓国料理と美容を絡めた本を作りたいんだけど」

という編集者さんに、趙善玉先生を推薦したのが僕だったりします。
まあ、推薦といっても、恵比寿にこんな先生がいらっしゃいますよー、
程度の雑談から、話がいつの間にか進んでいたんですけどね。

10101903.jpg

タイトルにもあるように、この本の基礎は万能エキスを作ること。
上のページに見えるエキスは左から、

・梅エキス
・大根エキス
・玉ねぎエキス
・りんごエキス
・かぼちゃエキス

といった感じ。
これをまず作って、90~100日間かけて熟成させ、
各料理に少しずつ使う、という構成になっています。

「100日!?」

という時点で諦める方もいるかもしれませんが、
実際の作業は1日もかからず、寝かせておく期間が100日。
また、せっかちな人のために、

「40日ほど経てば使っても大丈夫」

とも書かれています。

ただ、パーティの挨拶で編集者さんがいっておられましたが、
寝かせておくうちに、だんだん我が子のような気分になるとのこと。
いったん漬け込みさえすれば、きちんと寝かせてより美味しく、
といった気分になっていくのかもしれませんね。

10101904.jpg

その万能エキスを使う、という部分を特色としつつ、
さまざまな韓国料理のレシピが紹介されています。

・りんごのキムチ
・トマトのキムチ

といった変わり種の料理から……。

10101905.jpg

定番のサムゲタンなども。

韓国料理の本って、料理本でしか見ない料理も多かったりするのですが、
この本は普段、韓国料理店でよく見る料理が多くていいですね。

・タットリタン(鶏肉と野菜の鍋)
・チャプチェ(春雨炒め)
・スンドゥブチゲ(柔らかい豆腐の鍋)
・ヤンニョムチキン(ピリ辛フライドチキン)
・プデチゲ(ソーセージ鍋)

といったラインナップにぐっときます。
その一方で、

・宮廷トッポッキ(醤油味の餅炒め)
・ノビアニ(牛焼肉)
・オイソン(炒めキュウリ)

といった宮中料理の姿もあり。
主菜、惣菜、キムチと、幅広い料理が詰まっているので、
料理好きな方であれば、いろいろ楽しめると思います。

本自体はすでに全国書店などで好評発売中。
ネット書店でも購入できますので、興味ある方はぜひ。

アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4401634721
楽天
http://books.rakuten.co.jp/rb/item/6746189/

10101906.jpg

なお、パーティではビュッフェスタイルの料理とともに、
先生が自ら作った、お餅の盛り合わせや……。

10101907.jpg

チャプチェ(春雨炒め)なども提供されました。

そんな料理を頂く合間には、研究院の生徒さんたちが、
アリランを歌ったり、先生がそれに合わせて踊り出したり。
あるいはプロのミュージカル俳優さんや、歌手の方が、
アカペラで美声を披露したりと、楽しいパーティでした。

また、お店のほうにも遊びに行きたいですね。
カフェとしてだけでなく、ランチやディナーも楽しめる店。
随時、イベントなども開催しているようです。

店名:餅カフェパラム
住所:東京都渋谷区恵比寿南3-9-3趙善玉料理研究院1階
電話:03-3710-7714
営業:11:00~19:00(19時以降は予約制)
定休:日曜日
http://www.cho-sunok.com/pram.html
2010.10.19.Tue 11:53 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(0)
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。