FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
高田馬場に「韓国ラーメン」なる店ができたという情報を得て、
いったいなんだそれはと、早速足を運んでみました。
事前にネットで調べたところ、

本場の味を味わえる韓国ラーメンの専門店が日本に初上陸

というフレーズで勢いよく宣伝をしております。
でも、韓国のラーメン(ラミョン)って、一般的にはインスタントを指しますよね。
飲食店でもインスタントの袋ラーメンを調理するのが普通です。
日本のようなラーメンは「生ラーメン」と呼んで珍しい外国料理扱い。
「本場の味」とか、「初上陸」といった単語が妙に気になります。

高田馬場駅から徒歩5分。カウンター9席という小さな店です。
アサリをベースにしたラーメンと、牛肉・牛骨ベースのラーメンがあります。
注文したのは牛肉・牛骨ベースのラーメンに卵と肉をトッピングしたもの。
名前の「こにくラーメン」は牛骨のコツと肉を合成した言葉のようです。
辛さは、ちょい辛、並辛、中辛、激辛、激辛以上と選ぶことができ、
だいたいの目安としては、並辛が「辛ラーメン」レベルとのことです。

最初、何も考えずに激辛を頼んだのですが、店員さんに止められました。
よっぽどのことかと思い中辛を頼みましたが、食べてみると普通でしたね。
韓国料理に慣れている人なら、中辛程度を基準に考えればよいと思います。

06050801.jpg


写真はいちばん最初に運ばれてきた調理前の状態。
カウンター席に小さな携帯コンロが置かれており、
そこに鍋を置いてぐつぐつと煮ながら調理するシステムです。
やけに色が鮮やかな赤ですが、煮込んでいるうちに中和されます。
この段階ではまだ麺が入っておらず、卵とモヤシだけが煮えています。

06050802.jpg


ほどなくゴボゴボと沸騰し、見た目もチゲらしい感じに。

06050803.jpg


いい感じにスープが仕上がったら、別に厨房で茹でていた麺を投入し、
チャーシューがわりの豚バラ肉と刻みネギを加えて出来上がり。
右下で白く丸まっているのは、いい感じに火が入った卵です。
豚バラ肉は下味をつけたサムギョプサル(豚バラ肉の焼肉)ですね。
韓国らしさなのでしょうが、ラーメンに乗せるのはかなり大胆ですね。

おたまと取り皿がもらえるので、そちらに取り分けて食べます。
スープは牛骨が重いのか、旨み成分が底に沈殿気味。
最初、明らかに薄かったのですが、徐々に牛の味が濃くなりました。
全体をよくかき混ぜてから食べることをオススメ致します。

骨の成分が溶け出ているのか、ちょっとざらっとしたスープ。
カムジャタン(豚の背骨とジャガイモの鍋)みたいな感じですかね。
辛さは直線的で膨らみがないですが、確かに韓国らしくはあります。
ただ、残念なのは麺との相性がいまひとつというところ。
ここまでやるなら、むしろインスタント麺のほうがよいような……。

新しい試みではありますが、現在の雰囲気を見るに、
韓国料理でもラーメンでもないオリジナル料理という感じ。
食べさせ方などずいぶん斬新ではありますが、
どちらのファンも反応に困るのではという印象でした。
もうちょっと味が洗練されてくれば違うのでしょうけどね。

ともかくも珍しい料理を頂きました。
こういう料理が出てくるのも、韓国料理が注目を集めている証拠。
これはこれで好意的にとらえたいと思います。

店名:韓国ラーメン
住所:東京都新宿区高田馬場4-17-17プリンスマンション1階
電話:03-3363-3138
営業:11:30~15:00、17:00~24:00(月~土)、11:30~15:00、17:00~21:00(日・祝)
定休:なし
HP:なし

<過去の関連日記>
(04月25日)新大久保「明洞キンパプ」でキンパプ&ラミョン。
(02月26日)鐘閣の「キンパプ天国」でマンドゥラミョン。
2006.05.08.Mon 13:19 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(4)
<< 2017.05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。