FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
10121301.jpg

前編から続きます。

旅行ツアー「全羅北道まんぷく4日間」後記(前編)
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1220.html

初日に扶安、2日目に高敞、全州と巡った我ら。
朝を迎えて最初の食事は、やはりこれしかありません。
全州を代表する朝食メニューのコンナムルクッパプ。
大豆モヤシをたっぷり入れたスープごはんです。

この料理は2日酔いにも効果を発揮することから、
前夜のマッコリタウンから続く流れとしても鉄板ですね。

同じく酔い覚ましに効果のある母酒も1杯ずつ賞味。
マッコリにシナモンなどを加えて煮立てた全州の伝統飲料です。
アルコールはほとんど抜けているのでお酒がダメな方でも大丈夫。

しっかり腹ごしらえを済ませたら……。

10121302.jpg

日中はしっかりと観光。

益山で弥勒寺址を見学した後……。

10121303.jpg

群山へ移動して、日本統治時代から残る建築物を見ました。
写真は1913年に創建された東国寺の大雄殿(本殿)。
韓国内に残る日本建築の寺院はここが唯一だそうです。

10121304.jpg

その後、寄り道をしたのは「イソンダン」というベーカリー。
創業が1945年と、韓国でもっとも古い歴史を誇ります。

10121305.jpg

名物のあんぱんや……。

10121306.jpg

メロンパン風のそぼろパンをおやつとして購入。

話のタネにと思って立ち寄ったのですが、
予想外に、みなさん大喜びでたくさん買っておられました。
確かに日本では見かけない、珍しいパンもたくさんありますし、
事実、美味しいのですが、この反応にはびっくりしました。

群山市民がこよなく愛する地元ローカルフード。
おやつとして組み込んでおいて、大正解だった模様です。

10121307.jpg

昼食は群山名物のカンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け)。
身の部分は食べやすい大きさにカットされており……。

10121308.jpg

内子やカニ味噌は別皿に取り分けられていました。

写真ではわかりにくいですが、左上のほうに、
ヘソと呼ばれる殻付きの希少部位が含まれています。
ここをまずつるんっと吸うようにして食べた後、
釜炊きのごはんを放り込んで混ぜて食べます。

そのうまさといったら、もう言葉がないですね。
ご参加頂いた皆様からも、

「生のカニがこんなに美味しいなんて!」

という感動の言葉をたくさん頂きました。
間違いなく、この旅でいちばんインパクトのあった食事です。

個人的にも群山のカンジャンケジャンは2度目でしたが、
初めて食べたときと同様の、大きな感動がありました。
これまでにいろいろなカンジャンケジャンを食べてきましたが、
僕にとっての最高峰は、現段階でこの群山市にあるようです。

そしてこの後、群山からソウルまで移動。

夕食はミステリーツアー(当日まで内緒)になっていたので、
ここでもミステリーとして割愛したいと思います。

10121309.jpg

最後の朝食は仁川空港裏手のヘムルカルグクス(海鮮うどん)。

仁川空港は永宗島という島に位置しており、
車で10分ほど移動するとローカルな海鮮料理店に出会えます。
チョゲグイ(貝焼き)やヘムルカルグクスは地元ならではの名物料理。
この日は早朝から特別に予約を入れ、店を開けてもらいました。

10121310.jpg

どーんと4人前がいっぺんに登場。

ホタテやエビの大きさから、サイズを想像してください。
洗面器どころか、小さなたらいほどの器に入っています。

空港で時間のある方には、ぜひおすすめしたい場所ですが、
交通はたいへん不便なので、移動手段のない方は要注意。
最低でも行き帰りで2時間の余裕はみておきたいところです。

といった感じで、以上3泊4日のご報告。
まとめると……。

1日目(扶安):コウイカの石板焼き、タマネギキムチ、イカスミ粥、桑の実酒
2日目(扶安):アサリ粥
2日目(扶安):塩辛、桑の実マッコリ
2日目(高敞):ウナギ焼き、覆盆子酒
2日目(全州):キムチ、ビビンバ体験
2日目(全州):マッコリタウン体験
3日目(全州):コンナムルクッパプ、母酒
3日目(群山):イソンダンのパン
3日目(群山):カンジャンケジャン
3日目(ソウル):ミステリーツアー
4日目(仁川):ヘムルカルグクス

これだけの料理を食べ歩くことができました。

ほかにもまだまだ紹介したい料理はたくさんありますが、
全羅北道の魅力は少なからず伝えられたのではと思っています。
振り返って、もろもろ反省点もあったりするのですが、
それはまた次回(があれば)に活かしたいと思います。

今回も本当にいい経験をさせて頂きました。

最後になって恐縮ですが、ご参加頂いた皆様や、
三進トラベルの方々には深く感謝したいと思います。
みなさん、ありがとうございました!
2010.12.13.Mon 16:06 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(3)
<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。