FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
11011001.jpg

本当は年末にやろうと思っていた企画なのですが、
バタバタしていたので、結局新年に持ち越しとなりました。
2010年のマッコリ業界を振り返るというのが趣旨ですが、
昨年6月にメルマガで書いた予想を下地にしてみます。

元記事はこちら。

コリアうめーや!!第223号
http://www.melonpan.net/letter/backnumber_all.php?back_rid=658632

この号で、僕はマッコリの近未来を10項目立てて予想。
年内に達成されると思われる自信度をパーセンテージで示し、
年末にどれだけ当たったかを確認しようと思っていました。

以下はその答え合わせということです。

1、国内大手飲料メーカーの参入
(年内に実現する可能性は70%)

すでに韓国内ではメーカー名まで報道が出ている。
大手ビールメーカーの参入が噂されており、
韓国企業との提携で大規模な戦略が描けそうだ。

手元に入った情報では2社が先行しているが、
安全と安定の面で多少準備が難航しているらしい。
実現すれば先行する二東ジャパン、眞露ジャパンと、
真正面からぶつかってのシェア争い必至。

既存メーカーは外食産業に太いパイプがあるので、
マッコリのすそ野がさらに拡大すると期待される。


これの答えとなるのが冒頭の写真。
昨年の12月13日にカルピスから発売された、
「カルピスとマッコリのお酒」です。

誰もが知る大手メーカーの参入ということで、
カクテルではありますが、年内の実現としてよいでしょう。

ただ、6月に書いた段階では、すでに韓国で報道が出ていた、
「大手ビールメーカー=サントリー」を想定していたんですけどね。
こちらは首都圏でのテスト販売が11月に始まっており、
本格的な販売が、もうそろそろという状況のようです。

サーチナ/韓国産マッコリが日本進出、「年間500万本以上の販売目標」
http://news.livedoor.com/article/detail/5134969/
SJC/ロッテ酒類、「ソウルマッコリ」を日本で販売
http://www.sjchp.co.kr/koreanews/koreatis_view.htm?num=14513

形としては、韓国でマッコリシェア1位のソウル濁酒が、
ロッテ酒類と提携し、サントリーの販売網を生かすという形。
いま日本で流通している「鏡月」と同じシステムです。

昨年の春から眞露が開拓してきたマッコリ市場に、
満を持して、ロッテ&サントリーが乗り込んで行く図式。
そこに二東を筆頭とする旧来のマッコリ会社が、
どのようにシェアを維持、拡大していくかも注目です。


2、マッコリのコンビニ販売拡大
(年内に実現する可能性は30%)

すでに一部コンビニでの販売は始まった。
大手スーパーでも、複数銘柄を揃える店や、
独自に商品を引っ張るところも出てきている。
コンビニにも大きな可能性があるだろう。

期待したいのは、おつまみとのコラボ企画など。
いまのところ、いちばん熱心なのがセブンイレブンなので、
オリジナルマッコリもぜひ実現して欲しいところ。


こちらはちょっと判断に悩むところ。
コンビニでも普通にマッコリが買えるようになりましたが、
個人的にはまだまだ思ったほどではないようです。
もちろんコンビニオリジナルのマッコリもまだ見ません。

ただ、「カルピスとマッコリのお酒」は、
コンビニでもよく見るので、それを考えれば実現といえるかも。
さらなる拡大の要素は充分あるので注視したいと思います。

10090803.jpg

3、韓流コラボマッコリの登場
(年内に実現する可能性は70%)

すでに「冬のソナタマッコリ」が発売待ち。
正式発売はまだ先のようだが、サンプルが出回っていた。
このジャンルは「高矢禮マッコリ」が先陣を切っているが、
ほかにも韓流スターがらみの銘柄は増えそう。

マッコリ醸造場を経営している中堅俳優もおり、
ブームに乗ったサイドビジネスとして注目されている。
ドラマや映画とコラボしたマッコリも面白そうだし。
あるいはマッコリをテーマにしたドラマも可能性はあるかも。


これは実現といってよいでしょう。
冬のソナタに続き、善徳女王までマッコリになりました。
『家門の栄光』に出演したチョン・ノミンさんが、
オーナーというマッコリも輸入されています。

※2011年1月19日追記
マッコリをテーマにしたドラマは2010年3月より放送の、
「シンデレラのお姉さん」(KBS)がありました。
メルマガ配信前の時点で、すでにあったということになります。
該当の一文は削除とさせてください。申し訳ありません。


4、独自性の高いマッコリの増加
(年内に実現する可能性は80%)

マッコリを飲み比べるスタイルの定着によって、
飲食店、小売店では銘柄の選択が重要になっている。
他店では飲めない独自性の高いマッコリは、
その店を訪れる、大きな理由のひとつになる。

すでに複数の飲食店で独占輸入を実施しており、
大規模店では酒造会社との共同開発も行っている。
その典型が「TORAJIマッコリ」や「牛角マッコリ」。
こういった流れはどんどん拡大していきそうだ。


この項目はずいぶんモヤッとした予想ですね。
独自性の高いマッコリは、どこでもアピールしていますが、
それを象徴する何か、というのを思いつきません。

傾向としては確かに増加しているのでしょうが、
実現したか、というとこれも今後に期待でしょうかね。


5、プレミアムマッコリの登場
(年内に実現する可能性は40%)

韓国ではマッコリの高級化に力を注いでいる。
世界に発信する固有の文化コンテンツとして、
高級マッコリの存在は不可欠と考えているようだ。

すでに有機コシヒカリを使ったマッコリや、
高麗時代の伝統酒を復元した「梨花酒」が流通。
今後、日本に入ってくる可能性はおおいにあるし、
国産マッコリのプレミアム化も考えられる。


こちらもちょっと微妙な感じ。
まだまだマッコリそのものの普及段階にあるので、
プレミアム化はもう少し先になりそうです。


6、缶入りマッコリの流通拡大
(年内に実現する可能性は30%)
7、缶入りカクテルマッコリの発売
(年内に実現する可能性は10%)

国内での販売が活気づいていくとしたら、
流通に便利な缶マッコリもメリットが見直されるはず。
すでにソウル濁酒や麹醇堂から販売されているが、
スーパー、コンビニでの販売が伸びれば需要が出てくる。

そして缶マッコリならカクテル系も合いそう。
チューハイ感覚で家呑みできるマッコリは人気が出ると思う。
ビールメーカーが参入するなら、ビールと混ぜた、
通称「もっこり」の缶生産にも期待がかかる。


これは実現度を低く見積もった割には実現しました。
というか、「カルピスとマッコリのお酒」が登場したことで、
僕の予想がずいぶん実現してしまったことになります。
マッコリ業界としては、大きな1歩でしたね。


10110201.jpg

8、国内の地域おこしとの融合
(年内に実現する可能性は10%)

国内生産が伸びていくことを考えると、
マッコリを地域おこしに活用することも考えられる。
青森リンゴマッコリや、鳥取二十世紀梨マッコリなど。
地元産フルーツとの融合はかなりいけそうだ。

地元の日本酒メーカーとコラボができれば、
地場企業の振興にもつながるので一挙両得。
キムチで地域おこしをするエリアの第2弾としても。


これは北海道でハスカップマッコリが実現しました。
地元のイメージキャラクターとも手を結んで、
北海道発のマッコリをアピールしていくそうです。

あと、こちらも北海道ですね。

アサヒコム/道産小麦でマッコリ 「地産地活」へ天使大教授ら試作
http://mytown.asahi.com/areanews/hokkaido/HOK201012160005.html

北海道とマッコリの関係が深まっているようなので、
北の大地からの発信には、今後も注目したいと思います。
ぜひ他の地域もそれに続いて欲しいですね。


9、マッコリが流行語大賞にノミネート
(年内に実現する可能性は20%)

ここまでいろいろ盛り上がったらもう流行語対象。
誰が授賞すればよいのか、という問題は残るものの、
みなが遠慮するのであれば、僕がもらいに行ってもいい。

日経のヒット商品番付入りも期待したいし、
今年の漢字には、ぜひとも「濁」を推薦したい。


残念ながらこれはノミネートに入りませんでした。
ヒット商品番付も圏外ですし、2010年の今年の漢字は「暑」でした。


10、マッコリ検定の実施
(年内に実現する可能性は5%)

ファンが増えたら、検定などを作っても面白い。
ソムリエに対抗すべく、「マッコリエ」の称号を作り、
基礎知識や、利きマッコリの技術を体系化する。
当然、マッコリエは韓国の文化に精通せねばならず、

「夏の済州島に降り注ぐ太陽の味わい」
「南海を睨む李舜臣将軍のような雄々しき香り」
「厳寒の鬱陵島で弾ける白波のごとき発泡感」

といった表現でマッコリを語ることが望ましい。
もちろん料理に合わせて銘柄を選ぶ技術も必要だ。


このへんはもうオチですね。
もちろんマッコリ検定は実現しておりませんし、
ソムリエに対抗するマッコリエも誕生していません。

※2011年1月24日追記
コメント欄に情報を頂きましたが、韓国ではすでに、
マッコリソムリエなる称号ができているようです。
本記事は日本での近未来を想定したものですが、
韓国での現状を抑えておかなかったのは失態でした。
韓国ではすでに存在することを追記しておきます。
http://japanese.korea.net/news.do?mode=detail&guid=45763


マッコリーヌという単語は、少しずつアピールしていますが、
これももう少し頑張らないと、というところでしょう。
マッコリエも機会を見て、発信したい造語です。

といった感じで、以上10項目。

的中したものも、しなかったものもありますが、
おそらく今年もマッコリの話題はどんどん出るはず。
2010年を上回る、さらなる飛躍を期待したいと思います。
最近は知らない銘柄を見る頻度もかなり増えてきたので、
追いかける立場としても、必死で頑張らねばですね。

今年も全力でマッコリに注目です!
2011.01.10.Mon 12:47 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(8)
<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。