FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
11031601.jpg

地震の影響で取材仕事や飲み会がだいぶ中止になり、
相対的に家で原稿を書く時間が増えております。

東北方面の被害や、各地で起こる地震、原発の行方など、
心配事は多いですが、可能な限りの日常回帰も重要なテーマ。
止まっていたここ最近の飲食店記事をコツコツまとめます。

と、その前にひとつお知らせ。

=========================
19日に予定されていた「八田の楽しい韓食ナラ」は、
地震の影響により、5月14日(土)に延期と正式に決まりました。

5月14日はもともと第7回の韓食ナラが予定されていた日です。
キムパプ(海苔巻き)を作る予定でしたが、それをスライドし、
トッポッキを5月、キムパプを7月に作ることと致します。

ギリギリの連絡になり、参加者皆様には申し訳ありません。
主催元からも申し込みを頂いた方々には連絡が行くと思いますが、
とりあえず速報として、このブログでもご連絡致します。

なお、富山オフ会については開催予定で変わりません。
=========================


さて、それではまず先月下旬に足を運んだコチラのお店から。

「新大久保でいちばんうまいキムチを見つけた!」

と韓国人の友人が興奮気味に誘ってくれたお店です。
新大久保エリアからは少し外れ、住所は北新宿になりますが、
古くから営業しており、界隈では名の通ったお店。
僕もいつか行こうと思いつつ、長いこと宿題にしていました。

新大久保からみると、小滝橋通りを越えて路地に入った奥。
NTTの脇を入っていくような感じです。

冒頭の写真は、ちょっと多めに盛り付けられたキムチ4種。

左上:カクトゥギ(大根の角切りキムチ)
右上:小松菜のキムチ
左下:オイギムチ(キュウリのキムチ)
右下:ペチュギムチ(白菜のキムチ)

11031608.jpg

そして、セロリのキムチと……。

11031609.jpg

キュウリとセロリの葉のキムチ。

こちらは通常出てくる量の盛り付けです。
冒頭の写真は、僕が写真を撮りたいといったので、
ちょっと見栄えをよくしてくれました。

まあ、どのみちキムチはおかわりできるので、
見栄えを整えたものが、写真用の量とはいえません。
むしろお伝えしたいのはキムチの種類が豊富ということと、
キムチの部分にこだわった店だということ。

11031602.jpg

店の裏は厨房というよりキムチ工場のようで、
この日も、大量のキムチが仕込まれていました。

バックヤードには野菜の段ボールとともに、
果物の段ボールがたくさんあったのが印象的。
この店を紹介してくれた友人曰く、

「こんなに果物をたくさん使うキムチは珍しい!」

とのこと。
季節によってさまざまな旬の果物を使いつつ、
キムチをフルーティな甘さに仕上げているそうです。

新大久保でいちばんうまいかは好みもあると思いますが、
おそらく日本人の味覚に合うキムチであろうことは確か。
いずれも酸味が少なく、甘味が強いタイプのキムチです。

また塩辛や魚醤のたぐいがほとんど使われておらず、
魚介系の香りや、旨味の部分もあっさりしているのが特徴。
お店のママさんに話を聞いてみると、

「清州のキムチはこうなのよ」

ということみたいですね。
清州といえば、忠清北道に位置する内陸の町。
慶尚北道の北部あたりもそうですが、海のないこのあたりは、
魚介系の食材や、塩辛をあまり使わずキムチを作るそうです。

それが結果的に日本人の舌に合う。

というのがこの店のキムチが支持される理由のようですね。
もちろん全羅道や慶尚道の濃厚なキムチを食べている人は、
あっさりしすぎて、物足りない可能性も高いでしょう。

なお、このキムチは店頭でも販売され、また宅配もするとのこと。
韓国料理店でありながら、キムチ専門店でもあるそうです。

11031603.jpg

といった感じで、キムチの話がメインでしたが、
チョギメウンタン(イシモチの辛い鍋)もなかなかでした。
これをメインの料理として……。

11031604.jpg

自慢のキムチを入れたキムチマンドゥ(餃子)も追加。
これも皮がモチッとしていて美味しかったですね。

11031606.jpg

海鮮チヂミなどもつつきつつ。

11031605.jpg

個人的にいちばん印象的だったのはトンチミ(大根の水キムチ)。
まあ、これもキムチの一種なのですが、いい感じに発酵しており、
清涼感がありつつも、酸味がバランスよく効いておりました。

11031607.jpg

デザートには練乳をかけたイチゴ。
友人が常連なのでずいぶん歓待して頂きました。

これまで忠清北道には3回しか足を踏み入れておらず、
訪れた町も丹陽、沃川、鎮川という3ヶ所のみ。
道庁所在地である清州にも、まだ行ったことがありません。

いずれ機会があれば、ぜひキムチを食べに行きたいですね。

また、これを機会にちょっと調べてみたところ、
清州には「シオヤキ」なる地元グルメもある様子。
サムギョプサル(豚バラ肉)を醤油ダレに浸してから焼くという、
どこが「シオヤキ」だかさっぱりわからない料理のようです。

こういう情報に当たると、俄然地域にも興味がわきますね。
いつか必ず、足を運んでみたい地域になりました。

店名:王家(わんが)
住所:東京都新宿区北新宿1-16-22
電話:03-3361-6811
営業:11:30~22:30
定休:日曜日
2011.03.16.Wed 17:54 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(6)
<< 2021.06 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。