FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
11032501.jpg

富山で食べてきた、韓国料理以外のものをまとめます。
2泊3日で、帰りは朝の飛行機という慌ただしい日程でしたが、
ご当地グルメを中心に、目いっぱい食べてきました。

「コリアンキッチンカエン」の皆様にもあちこちご案内頂き、
また美味しいもの情報も、どっさり教えて頂いた成果です。

冒頭の写真は、到着してすぐに向かった富山式ラーメン。
俗に「富山ブラック」と呼ばれる、真っ黒いスープが特徴です。
その黒さの理由というのが、スープをすすった瞬間、

「しょっぱ!」

と思わず叫んでしまうほどの、味付けの濃さ。
かなり塩分を濃く作った醤油ラーメンという感じです。

このスタイルが生まれたのは1950年代のことで、
肉体労働をする人たち向けに、わざわざ濃く味付けたとのこと。
ごはんのおかずになるラーメン、という意味があったようですね。
それが現代まで続き、ご当地ラーメンになったのだとか。

11032502.jpg

麺はやや太め。チャーシュー、メンマがゴロゴロ入っており、
その両方がまた、ずいぶん濃い醤油味に仕立ててあります。
せっかくなのでごはんを一緒に頼んでみましたが、
確かに、ごはんのおかずとしてはよく合う濃さでした。

ちなみに味の濃さを除けば、東京人にも懐かしい醤油ラーメン。
刻みネギに加え、コショウもたっぷり入っておりました。
ごはんと一緒に麺をすすりながら、学生時代をふと思い出した次第。
ふるくから愛されている、というのがよくわかるラーメンです。

富山の人たちは、スープまでぐいっと飲んじゃうみたいですね。
西と東でも違うようですが、基本的に味付けは濃いのが富山流とか。
中でも醤油が味付けの要として、活躍していると聞きました。
きちんと食文化に裏打ちされた濃さということですね。

11032503.jpg

そして、もうひとつ。

富山の食を理解するうえで、欠かせないのが昆布の存在。
かつて富山は、北海道から来る北前船の中継地になっており、
北海道の特産品である昆布がたくさん水揚げされていたとか。

その影響から、現在でも昆布の消費量は全国一。

街中には昆布専門店があり、スーパーも昆布コーナーが充実。
土産物店にも、昆布や昆布関連商品がずらり並んでいました。

上の写真はローソンで買った、とろろ昆布おにぎり。
まわりをとろろ昆布で包み、具にも昆布の佃煮が入っています。
内外ともに昆布という、富山らしいおにぎりといえます。

11032504.jpg

こちらは2日目の朝に食べた七越焼き。
中にアンコが入っており、今川焼き風です。
アズキあんと白あんの2種類を食べました。

11032505.jpg

その後、氷見のほうまで移動して昼食は焼き魚定食。
アカラバチメという耳慣れない名前の魚でしたが、
どうやらメバル(赤メバル)を表すそうです。

11032506.jpg

氷見牛のコロッケなどもつまんでみたり。

11032507.jpg

夜は地元の人たちも行列するという人気回転寿司店へ。

回らないカウンター寿司も考えたのですが、
地魚の種類を考えると、回転寿司のほうが豊富とのこと。
確かにメニューを見ると、珍しい魚がいっぱいでした。

その中から富山らしいものをチョイス。
ブリに始まり……。

11032508.jpg

ホタルイカ。

11032509.jpg

甘エビの昆布〆め。

11032510.jpg

白エビの軍艦。

11032511.jpg

サス(カジキ)の炙りをつまみでもらったり……。

11032512.jpg

白エビの唐揚げを単品で取ったり。
ほかにも、カワハギ、キジハタ、ボタンエビなど。
ずいぶんいろいろな種類を堪能しました。

11032513.jpg

「まちこ巻き」という見慣れない単語があったので、
注文してみると、ハマチと大葉の巻物とのこと。
検索でほかに出てこないので、オリジナルでしょうか。
あるいは「君の名は」あたりから取っているのかも。

11032514.jpg

回転寿司を食べ終えて、その後はさらに居酒屋行脚。
七輪の炙り焼きを自慢とする店に入り、白エビを焼いたり……。

11032515.jpg

ゲンゲという深海魚の干物を炙ってみたり。

11032516.jpg

さらにもう1軒居酒屋をハシゴして、ゲンゲの天ぷら。

干物のときは、シシャモやメヒカリを思い出しましたが、
天ぷらにすると、上品な白身がアナゴを思わせる感じです。

11032517.jpg

富山牛のステーキ。

11032518.jpg

白エビのサラダ。

11032519.jpg

シメは氷見ウドンをチョイス。
このつゆも、やっぱり塩分は濃い目でしたね。
富山らしさを最後まで体感しました。

11032520.jpg

3軒巡ってたっぷり食べたので、翌朝は軽めに。
空港の売店で買ったものですが、パンにも昆布なんですね。
キワモノ系の味と思いきや、これがけっこう合います。
あっという間に、全部食べきってしまいました。

といった感じで、駆け足ですが2泊3日の報告。

あと、富山で買ってきたものと、ここからこぼれたものを、
次の記事でまとめて、富山編の最後にしたいと思います。
もう少々、お付き合いください。
2011.03.25.Fri 21:49 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(5)
<< 2017.11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。