FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
11072301.jpg

7月13日に発売となった「本家(ボンガ)マッコリ」。
韓国のCJと、サッポロビールの提携で世に送り出されました。
当面は業務用のみということで、小売りはされておりませんが、
いろいろな縁がつながって、入手することができました。

ツイッターで「飲める店を探さなきゃ」とつぶやいたところ、
それがうまいこと転がって、サッポロビールの方をご紹介頂いた次第。
サンプルということで、自宅までご送付頂きました。

ご紹介頂いた方、そしてサッポロビールの方に大感謝です!

なお、冒頭の写真は左が1リットルのペットボトル入り。
右は375ミリリットルで、こちらはビン詰めされております。
ニュースリリースを見る限り、将来的には家庭用にも展開とあるので、
ビンのほうはいずれスーパー、コンビニなどにも並ぶのでしょう。

11072302.jpg

生産地は慶尚南道昌寧郡。

「牛甫(ウポ)湿原」近くの醸造場と書かれていますが、
韓国の百科事典を見る限り、ポの字は「浦」じゃないですかね。
湿地としては韓国最大であり、ラムサール条約にも登録されているほど。
動植物の天国と呼ばれるほど自然がそのまま残っているので、
そこからマッコリの原料となる水がきれい、と連想させる情報ですね。

11072303.jpg

ただ、ラベルを眺めていてひとつ気になったのが、
すべてCJマッコリという表記で、どこにもサッポロの文字がないこと。

サントリー&ロッテ酒類の場合はサントリーが全面に出ましたが、
この場合はCJが全面に出て、サッポロは販売の後押しという形のようです。
日本のマーケットに出すなら知名度は圧倒的にサッポロでしょうが、
サッポロのマッコリではなく、CJのマッコリで勝負するということですね。

サントリーがCMにチャン・グンソクを起用して話題を呼んだように、
サッポロが誰を使うのか、とあれこれ妄想をしていたんですけどね。
この図式では、そこまで派手なバトルにはならないのかもしれません。

そして、もうひとつサントリーと異なるのが炭酸注入でない点。

韓国で主流のマッコリは発酵を止めていない生タイプなので、
賞味期限が短くなる半面、爽やかな微発泡感を楽しめます。
ただ、この生マッコリは商品の安定がどうしても難しくなるため、
真ん中を取る形で、炭酸注入といった手法が生まれました。

商品を安定させ、常温保存が可能になり、賞味期限も長く取れ、
それでいて生タイプの爽快感にも近付けるという工夫です。

本家マッコリもその手法を踏襲するのかと思っていましたが、
そうでなかったというのは、個人的にちょっと意外でしたね。

ということから、飲んでみると味わいはオーソドックスな米マッコリ。

濃さがあるので、甘もったりという感じの飲み口です。
かなり強めに甘さを出していますが、後口は意外にすっきり。
女性受けを目指して、ゆるゆる飲めるマッコリという印象でした。

ただ、生マッコリに慣れちゃった人や、辛口派の人には、
どうしてもこのタイプだと物足りなさがあるかもしれませんね。

残る関心事は、ビール大手4社の残り2社がどう出るか。
サントリー、サッポロの参入でマッコリの市場ができつつあるので、
キリン、アサヒのマッコリも可能性は充分にある気がします。

あとは先日、「国産マッコリを飲む会」を開催しましたが、
日本で生産されるマッコリも、道筋がだいぶ見えてきました。

今年2月に月桂冠がマッコリを出して先陣を切りましたが、
あるいは日本酒の大手メーカーの参入も増えていくかもしれません。
そのほか、昨年12月に発売されたカルピスマッコリの例をとれば、
サワー、チューハイ系にマッコリが加わっても面白いですね。

刻一刻と状況が変化していくマッコリ業界。
まだまだ今年の間に、いろいろな驚きがありそうです。
2011.07.23.Sat 18:44 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(3)
<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。