FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
11082201.jpg

神戸出張の後、そのまま帰省に突入し、
今年は人並みに夏休みというものを満喫しました。
とはいえ、その前後で仕事が溜まりに溜まってしまい、
神戸の報告もろくにできていない状況です。

今週末からはまた釜山出張に出る予定があり、
また、9月に入ると今度は千葉の催事が始まります。
書くべき記事、書きたい記事はいっぱいあるのですが、
なかなか時間が取れず申し訳ない限りです。

ともあれ、神戸で遊んで頂いた皆様には大感謝。

オフ会の報告も含め、なんとか時間を捻出しつつ、
コツコツとでも書いていきたいと思います。

そして、その前にまずはもろもろのお知らせ。

冒頭にチラシの画像を掲げましたが、
第8回の韓食ナラが9月10日に開催されます。
テーマにはチャプチェ(春雨炒め)を選んでみました。

みんなでチャプチェを作りつつ、マッコリを飲み、
抽選会などもありつつ、僕の無駄話も聞くというイベント。
チャプチェは歴史のある料理なので蘊蓄も語り甲斐がありますが、
どんな角度から話をしようか、鋭意思案中であります。

なお、料理指導の本田朋美先生によると、

「きちんと和えるチャプチェを作りますよ!」

とのこと。

材料をいっぺんに炒めて作ることも多い料理ですが、
丁寧に作るなら、素材ごとに味付けをして最後に和える形をとります。
興味のある方は、ぜひ早めにお申し込み頂ければと思います。

=========================
★八田の楽しい韓食ナラ

<チャプチェ>
■日時:2011年9月10日(土)15時~17時 受付:14時45分
■場所:イドンカルビ
■会費:4000円
■主催:月刊韓流diary

【会場】
店名:イドンカルビ
住所:東京都新宿区新宿5-12-2
電話:03-3351-2057
最寄:新宿3丁目駅、東新宿駅より徒歩5分
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13035516/

【参加申込み】
参加される方の住所・氏名・電話番号・メールアドレスまたは
ファックス番号を下記にメールしていただくか、お電話ください。

Mail: krisk1@k-telecom.co.jp
TEL : 03-6435-0899

参加費は下記口座まで事前にお振り込みください。
当日受付でのお支払いも可能ですが、参加応募多数の場合は
事前振込みをさせて頂いた方を、優先させていただきますので
あらかじめご了承下さい。

三菱東京UFJ銀行 目黒支店
普通 3819031 口座名:ケーテレコム (カ)
=========================

11041801.jpg

日にちが少し前後しますが、真夏の神戸で大盛況だった、
「エネルギッシュコリア韓流美・味展」が千葉に移動します。

9月1日(木)から7日(水)までという全7日間。
JR千葉駅前の「そごう千葉店」催会場にて開催です。

千葉では池袋、横浜の開催で人気を集めた店に加え、
神戸から参加の店も加わって、ますますの加熱が予想されます。
いろいろ漏れ伝わってくる情報もあるのですが、
回を重ねたぶんだけ、面白いものになりそうですね。

なお、僕はまたセミナーの担当を頂きましたので、
最低でも3日間は足を運んで、会場を巡る予定です。
まだ、正式には発表されておりませんが……。

・9月2日(金)13時~13時40分
・9月4日(日)11時~11時40分
・9月6日(火)13時~13時40分

上記、3回が僕の担当時間となります。
ご都合よい方は、ぜひ遊びにきてください。

テーマは、

「韓国屋台の楽しみ方」

に戻りますが、内容はまたいじりたいと思います。
屋台料理の豊富な釜山で最新情報も仕入れてきたいですね。

11062504.jpg

そして、旅行ツアーについてもお知らせです。

・09月11日~14日(釜山・慶尚南道)
・10月16日~19日(済州島)

というふたつをご案内しておりましたが、
残念なことに、釜山・慶尚南道は催行人数に達しませんでした。
済州島はまだ募集をしておりますので、
ご興味ある方は、ぜひ早めにご検討ください。

八田靖史と行く韓食ナラの旅 済州島3泊4日
http://www.tabitour.co.jp/sub/index.php?6+51

11082202.jpg

ちなみに済州島の旅行日程を組むに当たっては、
今年4月に出かけた済州島取材の情報をおおいに役立てました。
取材の成果も、無事「るるぶ済州島」として刊行され、
先月下旬から、すでに書店にも並んでおります。

自分でいうのもなんですが、「るるぶ済州島」はいい出来です!

これまで済州島は「るるぶ韓国」の中に入っているだけで、
済州島だけをしっかり紹介する、ということはできなかったんですね。
それを今回独立させたことで、相当深いところまで踏み込めました。

僕が担当したのは主にグルメの部分ですが、
そこにも相当量の郷土料理を盛り込んだ自信があります。
済州島の食を幅広くとらえたという意味では、
韓国で出版されている本を含めても、

「るるぶがいちばん詳しい!」

と胸を張りたい情報の濃さです。
済州島に行かれる方はもちろん、当面の予定がない方も、
済州島を知る1冊として読んで頂ければと思います。

るるぶ済州島(amazon)
http://www.amazon.co.jp/dp/4533083064
るるぶ済州島(楽天)
http://books.rakuten.co.jp/rb/11243410/

11082203.jpg

そして、新規のツアーをもうひとつ準備中です。

昨年、全羅北道を旅した三進トラベルのツアーを、
今年もプロデュースさせて頂くことになりました。

ちなみに昨年の様子はこんな感じでした。

旅行ツアー「全羅北道まんぷく4日間」後記(前編)
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1220.html
旅行ツアー「全羅北道まんぷく4日間」後記(後編)
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1221.html

今年はさらに南下して全羅南道を目指したいと思います。

・霊光のクルビ(イシモチの干物)
・木浦のヨンポタン(テナガダコのスープ)
・光州のオリタン(アヒル鍋)、またはトッカルビ(叩いた牛焼肉)
・順天のチャンドゥンオタン(ムツゴロウ鍋)と山菜定食
・麗水のイシガニ、サワラ、シタビラメ料理

といったあたりが今回の狙い目。

日程は11月20日(日)~23日(水)までの3泊4日。
料金は成田、関西、福岡発の場合で10万8000円となります。
詳細については下記の募集ページをご参照ください。

八田靖史と行く全羅南道・まんぷく4日間の旅
http://www.sanshin-travel.com/original/010/entry/000681.html

なお、このツアーに先立って説明会ではないのですが、
全羅南道の料理を語る、食のセミナーを東京と大阪で開催します。
こちらは改めて、詳細をブログで呼びかける予定ですが、
とりあえず日程だけは確定したのでお伝えします。

・9月24日(土)東京開催
・9月25日(日)大阪開催

韓国料理店を会場として、全羅南道の料理も味わいつつ、
僕がこれまで食べた全羅南道の料理を紹介する予定です。

個人的にはまた大阪に行けるというのが嬉しいですね。
そのあたりのスケジュールがどうなるかまだわかりませんが、
少し後をくっつけて、個人的な取材もしてきたいと思います。

11082205.jpg

最後になりましたが、発売中の「スッカラ2011年10月号」に、
対談形式のインタビュー記事を書かせて頂きました。
お話を聞かせて頂いたのは、丸大食品の横山岳史さん。
かの有名な「スンドゥブ」を生み出したご担当者さんです。

スッカラ2011年10月号(amazon)
http://www.amazon.co.jp/dp/B005G49ISU/
スッカラ2011年10月号(楽天)
http://books.rakuten.co.jp/rb/11318554/

丸大食品の「スンドゥブ」は草創期から食べていますが、
いつの間にやら、もう発売から4年にもなるんですね。

その間に、パッケージが緑色のマイルド味が発売になり、
昨年は「参鶏湯」、「カムジャタン」もラインナップに加わりました。
だいぶ韓国関連商品のボリュームが出てきたところへ……。

11082206.jpg

なんと、9月から新商品がさらにふたつも登場とのこと。

「参鶏湯風スンドゥブ」という斬新な商品も気になりますが、
個人的には念願だった「プデチゲ」がなんとも嬉しいですね。
「スンドゥブ」に出会った当初、丸大食品がやるのだったら、
ぜひともプデチゲを、とお願いしたのをよく覚えております。

ちなみに「参鶏湯風スンドゥブ」はサムゲタン風の鶏スープに、
豆腐を入れて、スンドゥブチゲのように食べる商品とのこと。
また辛口、マイルドのように、「辛くない」という表記があり、
マイルドでもまだ辛い、という人への選択肢にもなるようです。

話を聞く限り、まだまだ新商品の構想はあるようなので、
さらに韓国料理のラインナップを増やしていって欲しいですね。

この秋、冬に向けて他社からも韓国料理の素がずいぶん出るので、
家庭向けの韓国料理関連商品は群雄割拠の時代がきそうです。
うまいこと、この冬のトレンドになれば面白いですけどね。
そのあたりにも注目していきたいところです。

ということで、もろもろのお知らせとお仕事報告でした。

神戸の報告もできるだけ早く書きたいと思います。
もう少しだけご容赦ください。
2011.08.22.Mon 00:51 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(3)
<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。