FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
12021901.jpg

昨日は「八田・本田の楽しい韓食ナラ」のスピンオフ企画。
昨年2月に引き続き、「第2回マッコリの会」が開催されました。
ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございます。

事前にブログでもお伝えしましたが、今回のテーマは……。

「フレーバー系マッコリの逆襲!」

まあ、逆襲というのは僕の勝手な思い込みなのですが、
2012年のマッコリ事情を占うにあたり、話題の中心はフレーバー系かなと。
そこで事前にブログのお知らせではこんなことを書きました。

=========================
もともと、マッコリブームは黒豆のヒットが大きかったこともあり、
フレーバー系の活躍が下地となって、作られてきた経緯があります。
最近は生マッコリの普及にも押されて、やや印象が薄かったのですが、
昨年あたりから市場が広がって、また新たな魅力が出てきました。

大手メーカーの商品から、日本酒の酒造が地域性を活かしたものまで、
いろいろ集めて、フレーバー系の可能性を再発見するのが狙いです。

「マッコリ好きが飲んでうまいフレーバーはこれだ!」

というような、感じになったらいいなぁと。
=========================

そんな思惑が成功したかどうかはわかりませんが、
ともかくも、冒頭の写真にある9種類のマッコリをみんなで楽しみました。
ひとつひとつここでも振り返ってみたいと思います。

12021902.jpg

まずは昨年末に発売されたE-DONの「にっこりマッコリ」。
発泡性のある缶タイプで、おこめ、ゆず、ざくろという3種類です。
この場合の「おこめ」はプレーンなので、フレーバー系とは違いますが、
せっかく3種類あるので、これも一緒に試飲対象としました。

会場での反応を見る限り、ざくろはのしっかりしたフレーバーに対し、
ゆずはもっとゆずらしさが欲しい、という声がよく聞こえてきました。
ゆず茶のように、濃い風味と甘さを期待する方が多かったようです。

それとこの3種、前回の「韓食ナラ」でもそうだったのですが、
プレーンな「おこめ」を熱烈に支持する方がけっこういらっしゃいます。

僕自身も同意見で、缶タイプの発泡性マッコリの中では、
ずいぶんとバランスがよく、飲み飽きない銘柄といった印象。
缶マッコリのイチオシを聞かれたら個人的にはこれですね。

3%のアルコール度数が個人的にはやや物足りないものの、
サッポロ&CJ「おいしいマッコリ<ピンクグレープフルーツ>」が対抗馬です。

にっこりマッコリ(E-DONG)
http://www.e-don.co.jp/
http://www.e-don.co.jp/jp/produt/pro_intro.aspx

12021903.jpg

こちらも昨年12月発売の「高矢禮ラズベリーマッコリ」。

もともと「高矢禮マッコリ」といえば高級路線の代表格ですが、
こちらもラズベリーの風味が濃く、贅沢な造りという感じでしたね。
会場でもこれをいちばんに評価する人はけっこう多かったです。

製造元が麹醇堂という伝統酒メーカーなので、
自慢の生米醸造法で造られているというのもウリのひとつ。
蒸し米よりも、米本来の栄養価が損なわれにくいそうです。

百歳酒ジャパン(麹醇堂)
http://www.bekseju.co.jp/
http://www.bekseju.co.jp/goshire-4.htm

12021904.jpg

ここから日本産のフレーバー系マッコリ。

茨城県水戸市にある吉久保酒造の「うさぎのダンス梅マッコリ」です。
水戸といえば偕楽園の「梅まつり」でもよく知られた梅どころ。
そんな地元性をマッコリに詰め込んだ、なんとも春らしい銘柄です。

上澄みを飲むと梅酒に近く、混ぜて飲むとそれがまろやかに。
今回の会は、けっこう好みが割れたほうだと思いますが、
その中でもいちばん人気を選ぶなら、間違いなくこれでしたね。

12021905.jpg

そして、吉久保酒造からもうひとつ。

今月から期間限定で発売になった「桜まっこり」です。
桜が咲いている時期だけの限定なので、九州から発売が始まり、
桜前線に沿って日本列島を北上。桜が散ったら販売終了とのこと。

梅マッコリの次に飲むべきマッコリという設定ですが、
それをちょっと気の早い段階で試飲ということになりました。
飲んだ瞬間にみなさんが口にしたのは、

「桜餅!」

というセリフ。

桜のフレーバーと、米のお酒という組み合わせから、
ある程度、その味が想像できるかもしれませんね。
花見の席に持参すると、きっと受けると思います。

吉久保酒造
http://www.ippin.co.jp/
http://www.ippin.co.jp/jp/items/itm_usagidance.html

12021906.jpg

高知県安芸市の菊水酒造が造っている商品をふたつ。
固有の銘柄がないようで、ただ「マッコリ」と書かれています。
左が「ぶんたんマッコリ」で、右が「マンゴーマッコリ」。
ぶんたんは高知県産のものを使用していると聞きました。

華やかなラベルが目を引くのは、

「女性による女性のためのお酒づくりプロジェクト」

として開発されたのが大きいのでしょうね。
菊水酒造では、ほかにも果実系のお酒や、コラーゲン入りのお酒、
アイスにかけるお酒など、個性的な商品を造っています。

ぶんたんはさらっとした酸味と柑橘系の香りがよく出た感じ。
マンゴーはのってり濃厚で、「ネクター!」という表現も飛び交いました。
どちらも好評でしたが、マンゴーのほうはやや意見が割れた感も。

「うん、マンゴーらしい!」 という意見がある反面、
「いや、もっとマンゴーらしさを!」という声も聞こえました。

菊水酒造
http://www.tosa-kikusui.co.jp/
http://kikusuishop.jp/shopbrand/010/010/X/

12021907.jpg

フレーバー系マッコリだけでは寂しいので、生マッコリもひとつ。
缶の「にっこりマッコリ」同様、こちらも昨年12月からの新商品です。
従来の「にっこりマッコリ」に比べて、やや甘口になっているのが特徴。

あくまでも主役はフレーバー系マッコリだったのですが、
むしろ、途中からはこればっかり飲んでいた方も多かったですね。
企画は企画として、

「やっぱり生がいい!」

というのは、まあ当然のことでしょう。
生マッコリも用意しておいてよかった、とひそかに思った次第です。

以上、生マッコリも含めて全部で9種類。

おかげさまで、終始楽しく試飲することができました。
おそらく今後も、フレーバー系の商品はどんどん出てくるでしょうね。
そして韓国でも日本でも、ご当地系の銘柄はもっと増えていいはず。

マッコリはほとんどの果物と合わせることが可能ですし、
果物以外でも、穀物系や薬効系などいろいろなジャンルがあります。
新しいご当地名物として、地域起こしにも使えるのではないかと。
フレーバー系マッコリのさらなる躍進を期待したいところです。

12021909.jpg

そして、これらの試飲をした後は、抽選会のかわりにクイズ大会。

参加していない方には「なんのこっちゃ?」という画像ですが、
象徴的な1枚として、こちらを貼り付けておくことにします。
外した方は、改めてご確認頂いてもいいかもしれません。

クイズ大会の成績が優秀だった方には商品をプレゼント。
各企業様より、以下の商品をご提供頂きました。

「スンドゥブ」など韓国料理の素シリーズ(丸大食品)
「スンドゥブチゲの素」(エバラCJ)
「ボストン美術館 日本美術の至宝」チケット(NHKプロモーション)
「韓国ひとり歩き~のり継ぎ交通案内~」(国土計画協会)

いつも本当にありがとうございます!

12021908.jpg

さて、次回の韓食ナラですが、タットリタン(鶏と野菜の鍋)を作ります。
韓国の家庭では、おもてなし用としても活躍しているこの料理。
鍋料理としてでもいいですし、汁を少なめで大皿料理にもできます。

=========================
★第11回「八田・本田の楽しい韓食ナラ」(タットリタン)

■日時:2012年3月24日(土)15時~17時 受付:14時45分
■場所:イドンカルビ
■会費:4000円
■主催:ケーテレコム株式会社

※みんなでタットリタン(鶏と野菜の辛い鍋)を作ります。
※マッコリ飲み放題、抽選会があり、お土産がつきます。
※エプロンを持参してください。
※終了後は有志で2次会も開催します。

【会場】
店名:イドンカルビ
住所:東京都新宿区新宿5-12-2
電話:03-3351-2057
最寄:新宿3丁目駅、東新宿駅より徒歩5分
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130402/13035516/

【参加申込み】
参加される方の住所・氏名・電話番号・メールアドレスまたは
ファックス番号を下記にメールしていただくか、お電話ください。

Mail: krisk1@k-telecom.co.jp
TEL : 03-6435-0899

参加費は下記口座まで事前にお振り込みください。
当日受付でのお支払いも可能ですが、参加応募多数の場合は
事前振込みをさせて頂いた方を、優先させていただきますので
あらかじめご了承下さい。

三菱東京UFJ銀行 目黒支店
普通 3819031 口座名:ケーテレコム (カ)
=========================

ご都合よい方は、ぜひお誘い合わせのうえご参加ください!
以上、「マッコリの会」後記と、次回のお知らせでした。
2012.02.19.Sun 17:16 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(3)
<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。