FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
コリアうめーや!!第272号

<ごあいさつ>
7月になりました。
なんとびっくり、2012年も折り返しです。
いやあ、時の過ぎるのは本当に速いですね。
日本列島は各地で梅雨の真っ只中ですが、
夏の声ももうすぐ間近という感じ。
じりじり肌を焼き焦がすような熱気が、
今年もあとちょっとのところに来ています。
節電の夏、頼るべきひとつが涼味でしょうが、
冷麺、素麺、アイス、スイカなどなど。
これはこれで楽しみだったりします。
先日は今夏初のウナギも食べちゃいました。
さて、そんな中、今号のテーマですが、
ここ最近、日本で人気の料理を取り上げました。
料理としてはもうだいぶメジャーなので、
語り口のほうを、ちょっとひねってみた感じ。
コリアうめーや!!第272号。
高いところから失礼する、スタートです。


<次に流行る韓国料理をプレゼン!!>

えー、ただいまご紹介に預かりました、
コリアン・フード・コラムニストの八田靖史です。
本日は宜しくお願い致します。

皆様、お手元に資料は届いていますか?

あ、大丈夫そうですね。A4のレジュメが2枚。
こちらをご覧頂きつつ、正面のモニターに画像も映し、
両面から説明のほうをさせて頂きたいと思います。

今日はあまり時間的な余裕がないとのことなので、
サクサクと話を進めていきたいと思います。
ついつい話していると脇道にそれるんですよね。

で、むしろ脇道のほうが評価を頂いたりも……。

本来の話が尻切れトンボになってしまい、
結局、何をお伝えしているのかわからなくなります。
自分でも反省する部分が多いのですが……。

あ、これがそもそも脇道ですね。

いけない、いけない。話の本筋に戻りまして、
まずはレジュメの1枚目をご覧ください。

本日は次のような内容でお話をさせて頂きます。

タイトルが……。

「ヤンニョムチキンが韓国料理を制す!」

ですね。

ちょっと過剰な表現に見えるかもしれませんが、
私としては、自信を持ってお伝えする韓国料理の近未来。
ヤンニョムチキンはいま人気急上昇中の料理です!

で、まずは1番からですね。

「1、期待の新定番『ヤンニョムチキン』とは!?」

まずは料理そのものを簡単に解説します。
画像を一緒に見て頂いたほうがよいと思いますので、
正面のモニターにご注目ください。

あ、すいません。電気を消して頂けますか?

はい、ありがとうございます。
ああ、これでずいぶん見やすくなりましたね。
こちらが韓国のヤンニョムチキンです。

まず、ヤンニョムチキンという名称ですが、
ヤンニョムが調味料、合わせ調味料の総称です。
また、それらをもって味付けをしたという意味でもあり、
合わせ調味料を絡めた料理、でもあります。

そして、チキンのほうは鶏を表す英語ですが、
この場合はフライドチキンの略ですね。

ヤンニョム、すなわち合わせ調味料で味付けをした、
フライドチキンをヤンニョムチキンと呼びます。

見ての通り、真っ赤な色をしているのが特徴で、
コチュジャン、ケチャップ、粉唐辛子の赤色です。
ほかに水飴、ニンニク、ショウガ、ゴマ油などが入り、
ピリッと辛いけれども、甘さもしっかり感じます。

こってり甘辛い、という感じですね。

韓国では外食メニューとして人気が高く、
特に、ビールのおつまみとしての印象が強いです。
大手のチェーン店だけでなく、個人経営の店も多いので、
食べたいときに、すぐ店が見つかる魅力もありますね。

どころか、出前の定番メニューでもありますので、
みなさん自宅で楽しんでいるケースも多かったりします。
間食、夜食として食べるという人も多いです。

韓国の鶏料理はみんな1羽丸ごとが基本なので、
けっこうなボリュームになるんですけどね。


そして、次に行きまして……。

「2、新大久保での爆発的流行と新発想!」

というふうに書きました。
言うまでもなく、新大久保は国内最大のコリアンタウン。
当然、ヤンニョムチキンは広く愛されております。

私の個人的な経験を振り返ってみますと、
新大久保に専門店が増えたのは2007年頃でした。
このあたりから存在感が高まりましたね。

お手元のレジュメにURLを記載しましたが、
当時、メールマガジンでこんな記事も書いています。

第160号/新大久保を巡るチキン探検隊!!
http://www.koparis.com/~hatta/koriume/koriume160.htm

そこから5年ほどが経過してすっかり定着。
いまや、新大久保では定番料理のひとつとなり、
メインも張れる一品料理として活躍中です。

また、最近はヤンニョムチキンの普及によって、
そこから派生したアレンジ料理も見るようになりました。
新大久保には韓国料理店だけで約270店舗があり、
個性を打ち出さねば、埋もれてしまいがちです。

他店とは違う料理、違う発想をということで、
韓国とはまた別の流れで、新商品が登場しています。

例えば、鶏肉のかわりにホタテを使ったアレンジ。
お店の方いわく、

「ヤンニョムホタテ!」

という新メニューらしいですが、
これがけっこうイケましたね。
あるいは、海鮮料理店でも得意分野を活かし、

「ヤンニョム甘エビ!」

を出していました。
もちろんこの流れはさらに可能性がありそうなので、
どんどん新しい「ヤンニョム○○」は誕生しそうです。

家庭でフライ類にかけるソースのかわりに、
韓国式のヤンニョムを使うというのも面白いでしょうね。
まだ業務用が主ですが、ヤンニョムチキンのタレは、
少しずつ、市場にも出てきているようです。


さて、その次に……。

「3、本場韓国での多彩なバリエーション!」

というテーマも設けてみました。
日本でもいろいろなアレンジが進んでいますが、
本場、韓国にも当然、進化形はあります。

ざーっと画像を見て頂きましょうね。

・カンジャンチキン(醤油味)
・マヌルチキン(ニンニク風味)
・トゥルケチキン(エゴマ風味)
・カンプンチキン(中華風)
・カレーチキン(カレー風味)
・パダッチキン(千切りネギを大量トッピング)
・タッカンジョン(蜜ダレ和え)

はい、代表的なところでこんな感じ。

また、これらは主に味付けとトッピングの工夫ですが、
ほかにも下味や、衣、油で個性を出す店もあります。

鶏肉そのものに青唐辛子の辛さを染み込ませたり、
クリスピーな衣を使ったり、健康的な油を使ったり。
店が多いぶん、差別化が重要になっているので、
それぞれいろいろな工夫を掲げていますね。

次から次へと新商品が出ている印象です。


そして、最後になるのが……。

「4、ヤンニョムチキンはココにこだわれ!」

という項目ですね。

これはちょっとオマケ的な要素なのですが、
ここにこだわると、より本場らしくなるポイントです。
チキン専門店のテーブル風景を見て頂くと……。

はい、ここです! この部分!

チキンの横にあるコレが重要なんですね。
角切り大根の酢漬けと、大量の千切りキャベツ。
キャベツにはマヨネーズとケチャップがかかっています。

これは、いうなればカレーと福神漬のような関係で、
なくてはならない、絶対的な付け合わせなんですね。

古くから、このスタイルで提供されてきたため、
大根とキャベツがないと、チキンを食べた気がしない。
そんなことを言う韓国人も少なくありません。

まあ、実際に食べてみると、油を使った料理なので、
舌をさっぱりさせる付け合わせは、確かに必要なんですよね。
大根とキャベツを間に挟むことによって、
より、チキンを美味しく食べられる効果があります。

あと、ここ。ここも大事。

フォークとナイフではなく、フォークが2本。
片方のフォークで肉を突き刺し、もう1本でむしるのが、
韓国的にはチキンを食べる、正式な作法です。

こういうあたりにこだわると……。

「おっ、わかってるね!」

という評価を頂けるでしょうね。
韓国好きとしても、思わず顔がにやける瞬間です。

というところで、準備した話は以上です。

お、ちょうど時間ぴったりでしたね。
何か質問などあるようでしたら、頂戴致しますが……。
あ、もう時間ですか、ではここまでにします。

ご静聴ありがとうございました。


<お知らせ>
6月5日(火)に学研教育出版より新刊が出ました。
「ハングル練習帳」「ハングルドリル」「ペラペラドリル」に続く、
シリーズ第4段は、初級脱出を目指した文法事項に切り込みます。
ヘヨ体の基本的な作り方から、過去形、敬語までがメインです。

タイトルは、

『世界一やさしい韓国語 初級脱出!』

音声CDのほか、練習問題の解説は僕が登場する動画でもフォロー。
一連のテキストを使って頂いた方には、いいステップアップになるはずです!

韓食日記
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1391.html
アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4053030773
楽天
http://books.rakuten.co.jp/rb/item/11726651/

<リンク>
ブログ「韓食日記」
http://koriume.blog43.fc2.com/
Twitter
http://twitter.com/kansyoku_nikki
FACE BOOK
http://www.facebook.com/kansyokunikki

<八田氏の独り言>
最近、こんなことを多くしゃべっています。
たぶん韓国料理全体の営業マンです。

コリアうめーや!!第272号
2012年7月1日
発行人 八田 靖史
hachimax@hotmail.com

メールマガジン購読・解除用ページ
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=000669
2012.07.03.Tue 19:43 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(0)
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。