FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
12100801.jpg

朝起きたら、首を寝違えていて身動きがとれません。
取材にも行けないし、原稿を書くにも集中できないので、
お遊び企画のような記事を書いてみたいと思います。

「韓国では飲食店の看板を観賞すべし!」

というのが本日伝えたい主張のすべてです。
あまり内容があるとも思えませんが、ご笑覧頂ければ幸いです。

まず、冒頭の写真はソウルの奨忠洞で撮影した、
老舗チョッパル(豚足)専門店の看板。

ハングルが読めない人には申し訳ありませんが、
観賞ポイントとしては、店名の上に赤地白ヌキで書かれた、

「元祖の元祖」

という文字でしょう。
韓国では看板にハクをつけるために、

「元祖」

という文字をよく刻みますが、周囲に類似店が多いと、
どの店も「元祖」を掲げて、意味がなくなってしまいます。
そこで考案されたフレーズが、

「元祖の元祖」

お店のプライドがダブルの元祖に込められているようです。

12100802.jpg

あるいはもうひとつ有名店のケースですが、

「本当の元祖」

という表現もあったりします。
ほかにも元祖を名乗る店があるかもしれないけど、
「本当の元祖」はウチだよ、という主張がよく出ています。

12100803.jpg

そして、もうひとつよく見るのが創業年の表記。

韓国では老舗が少ないため、20年、30年も営業していれば、
充分に歴史を持った店として、認められる傾向にあります。
ただ、この写真のように創業年を示す場合はよいのですが……。

12100804.jpg

たいていの店は写真の右上にあるように、

「50年伝統」

という表現で老舗らしさを表現します。
50年の伝統がある店という意味ですね。

ただ、よーく写真を見て頂きたいのですが、
写真中央下の垂れ幕には「60年伝統」と書かれており、
その左には「開業62周年」とも書かれています。

看板に「○○年伝統」と大きく書くのはいいのですが、
そうそう看板って、毎年かけかえるものではないですよね。
律儀な店でも、10年ごとにかえるぐらいでしょうか。
もはや何年前から「○○年伝統」なのか、わからない店も多々あります。

12100806.jpg

そういう理由からか、最初から「○○年」の部分を放棄した店も。

「何十年伝統」

という書き方には、むしろ潔さすら感じます。
それが20年なのか、30年なのか、あるいは50年以上なのか、
見ただけではわかりませんが、何十年かの伝統はあるようです。

12100805.jpg

あるいは、

「この店で32年」

というような主張も見ることができたり。
まあ、途中で移転するような店も多いですからね。
地元で愛されて32年という主張には力強いものがあります。

12100807.jpg

別の角度から、店の伝統を掲げるよりも、
来店した有名人の名前でアピールする店もあります。

「盧武鉉大統領が召し上がったクッパプ店」

ということで、大統領が来るほどの有名店ということ。

12100811.jpg

あるいは取材に来たテレビ番組の名前を掲げる店も多いですね。
しばらく前なら「VJ特攻隊」や「味対味」が多かったですが、
最近だと「1泊2日」のロケ地アピールをよく見かけます。

テレビが取材に来る店なら、間違いないはず、という作戦ですね。
僕自身も目安にすることがあるので、やっぱり効果はあるのでしょう。

そんな中、ソウルでたまたまみつけた……。


12100810.jpg

こちらの店は、開き直って堂々としていました。

「TV放映に出ていない店」
「元祖、伝統ではない店」

ある種の皮肉も混ざっているのかもしれませんが、
逆に目を引く、という効果があるようです。

その脇にはきちんと、

「路地中でいちばん安くてうまい店」
「2階個室200席宴会席完備」

というその店ならではのウリも書かれていました。

12100809.jpg

さらにはこんな店もありますけどね。

釜山の南浦洞にある、日本人観光客には有名な店。
トンカツ専門店ということで、日本語が大きくなっており、
その下で同様のコメントが韓国語でも書かれています。

行くたびに目にするのですが、まだ入ったことはありません。
美味しくなかったとしても、払わずには帰りにくいですし。
まあ、こうやって目を引くだけでも店としては大成功なのでしょう。

という感じに、いろいろ並べてみました看板特集。
観賞する面白さが、少しでも伝わりましたでしょうか。
町を歩けば、いくらでも転がっているものなので、
ハングルが読める方は、ぜひ注目してみてください。
2012.10.08.Mon 15:47 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(8)
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。