FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
17日(土)に開催されるマッコリフォーラムの詳細です。
詳しくは主催元までご確認ください。

=========================
2012.マッコリフォーラム
~歴史上最もマッコリについて熱く語られ、歴史上最もまだ見ぬマッコリが並ぶ日~

主催:マッコリ協会
日時:2012年11月17日 13:15 開場、受付
   一部:14:00~16:00 マッコリを語るシンポジウム
   二部:16:15~18:15 マッコリレセプション
会場:K-STAGE-O  http://www.saikabo.com/k-stage-o
住所:東京都新宿区大久保1-8-4 (K-plus 3F)
電話:0362789108
料金:2,000円(当日お申し込みの方は、3,000円)

一部:マッコリシンポジウム
マッコリの過去から現在について語り、未来、今後の展望を考える

パネリスト紹介
鄭銀淑(チョン・ウンスク)マッコリ紀行家  http://www.k-word.co.jp/
朴理愛(パク・リエ)マッコリ美食研究家  http://www.facebook.com/rieeffect
許時銘(ホ・シミョン)マッコリ学校 校長  http://www.soolschool.com/
※マッコリ蔵元、メーカーの方々からも、貴重なお話をお聞かせ頂きます。

韓国が標榜する韓食の世界化の中心軸である「マッコリの世界化」その「マッコリの世界化」において、最重要拠点である日本での展望を、韓国との対比、協調の視点から、また、日本の独自性の観点から考える

・マッコリとは?
・マッコリの歴史、文化
・マッコリと韓国地方情緒
・マッコリの魅力、路地裏、田舎町の酒場から
・マッコリはスローフード
・マッコリと内なる美、健康
・マッコリとアジア文化
・マッコリの応用
・マッコリの日の背景
・マッコリが日本の酒造で造られる背景
・マッコリと日本食文化の融和性
・マッコリと地域興し
・マッコリの庶民性
・マッコリの現在性

こうしたキーワードから、マッコリの未来についてどのように紐解かれ収斂されるか。
パネリスト達の弾力的な提言と共に、存分に語られます。

◆パネリスト以外に、ご発言頂く主な方々
・株式会社永明 妻家房  http://www.saikabo.com/  代表取締役 呉ヨンソッ 様
・日本国際テコンドー協会 http://www.taekwon-do.co.jp/  理事 朴禎賢 様 
・韓食ネット協議会  http://www.kanshoku.net/index.htm  会長 朴健市 様
・株式会社全州ジャパン http://www.jeonju-jp.com/  代表取締役 李明植様
・麻原酒造株式会社 http://www.musashino-asahara.jp/  代表取締役 麻原健一 様
・ヌビエン エコスクール http://nuvin.blog.me/  代表取締役 金タナ 様

他、各酒蔵、メーカーの方々から、ご協力頂きます。

二部:パネリストと共にする、マッコリレセプション
韓国産マッコリヌーボーと、日本全国のマッコリを吟味し、その多様性を体感する数え切れない程の日韓のマッコリと、レセプション料理の相性を楽しむ

マッコリヌーボーとは?
韓国で2011年に制定された、マッコリの日。マッコリの日は、毎年10月第4木曜日を指します。マッコリの日以降出荷される、その年の新米を使って造られたマッコリを、マッコリヌーボーと称します。そのマッコリヌーボー達が、一堂に会します。

日本産マッコリも、今や北海道から九州まで数多く、多種多様に造られますが、これら日本産マッコリのほぼ全てが、韓国と同じくその産地以外では殆ど消費されません。日本産マッコリはある意味、韓国産マッコリよりも特徴的。そんな日本産マッコリ達が、一堂に会します。

◆レセプションにてご試飲頂けるマッコリは、
・ソウルマッコリ大祝祭本選に選出された韓国全土のマッコリヌーボー50銘柄中、大賞に選ばれた10銘柄
・高麗人参六年根、ミインマッコリ

・錦灘酒造
源一郎さんの生マッコリ http://item.rakuten.co.jp/shochu-net/makkori/#makkori

・木川工房
とんいマッコリ http://makkoli.biz/makkoli.html

・中埜酒造
とらじの唄 http://nakanosyuzou.sample-domain.net/products/detail.php?product_id=39
月と兔 http://www.nakanoshuzou.jp/event/makory.html
月と兔ゆず  http://www.nakanoshuzou.jp/shop/products/detail.php?product_id=348

・寺小屋
京の姫 http://www.gyugyutei.com/namamakkori.htm

・エスエフシー
ウリサル新鮮マッコリ http://item.rakuten.co.jp/maccoruri/ma10001/
ヌリンマウル生マッコリ http://www.seoulnavi.com/food/3383/
自喜香 http://item.rakuten.co.jp/maccoruri/ma10002/

・末廣酒造
春玉の白 http://foodios.com/sizenshu/shiro.htm

・全州ジャパン
全州生マッコリ http://www.jeonju-jp.com/product_03.html

・麻原酒造
豆乳マッコリ http://www.musashino-asahara.jp/liqueur.htm
まー先生の自慢のマッコリ
マッコリーズ4種 http://www.musashino-asahara.jp/makkories/index.html

・グリーンロード
周王山生マッコリ http://item.rakuten.co.jp/greenroad/c/0000000100/

・有賀醸造
虎マッコリ http://arinokawa.net/products.html

・ぴょんぴょん舎
セン https://store.pyonpyonsya.co.jp/

・草家
白火美人 http://www.choga.co.jp/sub02_11.html
草家マッコリ http://www.choga.co.jp/sub02.html
農酒 http://www.choga.co.jp/sub02_06.html
秋ウコンマッコリ http://www.choga.co.jp/sub02_07.html
マカマッコリ http://www.choga.co.jp/sub02_04.html

・かめに商事
チェジュ生マッコリ http://www.kame2.jp/toha-2

・韓栄物産、東真
釜山生マッコリセンタッ http://item.rakuten.co.jp/sinnara/sengtack/

等、定番からほぼ流通されてない物、今回初お目見えのマッコリと多岐に渡ります。
他では絶対に味わえないマッコリの真髄を、存分にお楽しみくださいませ。

▼参加ご希望の方は kj200065@yahoo.co.jp へ、ご連絡くださいませ。
必須記入事項
お名前
当日連絡の取れる、ご連絡先

※複数名でのご参加の場合、先に代表者様のお名前のみでも受け賜りますが、他の参加者様の氏名、ご連絡先をお知らせ頂いた時点で、正式なお受け賜りと致します。
=========================
2012.11.14.Wed 09:05 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(2)
<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。