FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
コリアうめーや!!第281号

<ごあいさつ>
11月15日になりました。
ふと気付けば、今年も残り少なくなっています。
あと半月もすれば、大忙しの12月を迎え
忘年会だ、大掃除だ、年賀状だとドタバタ必至。
11月の間に、多少でもこなせればよいのですが、
ちょうど下旬から、またも韓国出張だったりします。
ひと月に2度韓国というのは珍しいんですけどね。
とりあえず、今月上旬に出かけた江原道ツアーから、
印象的なネタをひとつ紹介させて頂きましょう。
もういい加減、江原道ネタは満腹かもしれませんが、
2012年のメインテーマとご容赦ください。
コリアうめーや!!第281号。
東南に足を向けての、スタートです。


<僕とヨン様と江陵のモッパプ!!>

ちょっと長い自己紹介として、
自分の経歴を簡単に語ることがある。

・1999年秋から韓国に留学
・韓国語を学びつつ韓国料理の魅力にハマる
・帰国後に新大久保の韓国料理店でアルバイト
・2001年3月よりメールマガジンを創刊
・編集者の目に止まってライターデビュー

だいたいここまでがライターになる過程。
ちなみに2001年創刊のメールマガジンというのが、
まさしくこの「コリアうめーや!!」である。

そこから偶然デビューできたのも運がよかったが、
さらによかったのは、何よりもタイミング。

ライターデビューを果たした翌年というのが、
2002年の日韓共催サッカーW杯である。
駆け出しライターとして歩み始めた僕は、

「まあ、それまでは仕事があるかも!」

と楽観的に構え、就職は一切考えなかった。
とはいっても、ライターだけで食べていける訳でなく、
むしろフリーターとしての生活が主であった。

ところが、そんな浮草人生に突風が吹く。

W杯でひと盛り上がりし、落ち着くかと思いきや、
もっと大きなブームとして「韓流」が到来。
駆け出しライターでも、一応韓国語ができた僕は、
それを活かしてちらほら仕事を頂けるようになった。

いまではドラマもK-POPもまるでダメだが、
当時はまだ情報が少なく、僕でもなんとかなった。

・韓国芸能人年齢チェック
~あの俳優とこの俳優はどっちが年上!?~

・地方出身の芸能人&それ、どんな町?
~人気スターの故郷を読み解く!~

・冬のソナタに見る韓国のお酒文化!
~韓国でよく飲まれているお酒は?~

といった記事をセコセコ書いていたのを覚えている。

中でも「冬のソナタ」関連の仕事は多く、
出てくる料理を、すべて一覧にまとめたりもした。
解説文を書くだけでも、けっこうな仕事になったので、
そのおかげでいまがあるといっても過言ではない。

「ヨン様には足を向けて寝られない!」

というのは偽らざる本音である、


そんな恩人ともいうべきヨン様を、
たった1度だけだが、生で見た経験がある。
といっても、会って直接話をした訳ではなく、
あくまでも遠くから「見た」だけの経験だ。

それが、2006年7月23日。

白金高輪「高矢禮」のオープン日である。
マスコミ向けのレセプションに招待して頂いたため、
記者席からヨン様の登場と挨拶を眺めた。

恩人ではあるものの、別にファンではないので、
さして興奮することもなく、

「ヨン様はすらっとして細いなぁ」

などと冷静に眺めていた。

その後、「高矢禮」には取材でも何度か出かけ、
また、プライベートでも食事に行くことがあった。
あるいは「高矢禮」で開かれたヨン様ファンの集いに、
ゲストで招かれ、ミニ韓国語講座をしたこともある。

ソウルの町を歩いていたら、誰かにぶつかり、
はっと顔を上げると、それがヨン様だったという設定。
謝罪の言葉とともに、ファンであることを伝え、

「握手して頂いてもいいですか!?」
「サインもいいですか!?」
「お時間あったら、一緒にお食事でも!」

という会話にまでつなげる。

実際にはまずありえないシミュレーションだが、
こういう妄想こそが、語学の習得には何よりの早道。
ファンの皆様にも、熱心に取り組んで頂いた。

エンタメとは無縁の仕事をしているようでありつつ、
ヨン様関連の仕事はさりげなくけっこう多い。


つい先日も、江原道のツアーに出かけたが、
郷土料理ツアーのはずが、なぜかヨン様ツアーでもあった。
詳しくは「リビングWeb」の記事にも書いたので、
そちらのほうも、ぜひ読んでみて欲しい。

美びっと韓国/ふと気付けば江原道ヨン様ツアー。
http://mrs.living.jp/entame/korea/2012/11/12/post-239.html

江原道はロケ地などにも多く使われているため、
主要な地域を巡ると、ヨン様の足跡にぶつかるのである。
意外な発見であったが、それはそれで縁ともいえる。

中でも個人的にたいへん印象的だったのが、
江陵の「ソジチョガットゥル」という韓定食店。
ツアーで行く店は、ほぼ僕の経験から店を選ぶのだが、
この店だけは僕も初めて足を運ぶ店だった。

ここをヨン様が著書「韓国の美をたどる旅」で紹介している。

この店の看板料理はモッパプとチルサン。
代々伝わる両班家庭の料理を定食形式にしたもので、
田植えの時期に働き手をもてなす意味で作られた。

田植えの途中に、昼ごはんとして食べたのがモッパプ。
田植えの後に、それぞれ自宅へ持ち帰ったご馳走がチルサン。
山菜料理や、祭祀料理、餅などが組み合わされている。

見方によっては、ごくごく平凡なお惣菜だが、
昔ながらの江原道料理を現代に伝えている。


せっかくなので、食べたものを一覧にしてみよう。
他地域ではまず見られない、珍しいものが多い。

・スンニュン(おこげ湯)
★シジョンジトク(種籾の蒸し餅)
・ヒョンミバプ(玄米ごはん)
★セミヨクティガク(スジメの揚げ物)
・カジナムル(乾燥させたナスのナムル)
・エホバクナムル(乾燥させた韓国カボチャのナムル)
・チィナムル(シラヤマギクのナムル)
・コドゥンオグイ(サバの焼き魚)
・カムジャジョリム(ジャガイモの煮物)
・チャプチェ(春雨炒め)
★ポシッケ(祭祀用の干魚を裂いて発酵させたもの)
・トゥブジョリム(豆腐の煮物)
・クァリコチュチム(シシトウの蒸し煮)
・メミルジョン(蕎麦粉のチヂミ)
・サムヤチェ&テンジャン(包み野菜と味噌)
・ムグンジ(熟成させた白菜キムチ)
・ケンニプチャンアチ(エゴマの葉の醤油漬け)
・マヌルチョンチャンアチ(ニンニクの芽の醤油漬け)
・トトリムク(ドングリのでんぷんを固めたもの)
・シレギテンジャンチゲ(菜っ葉の味噌チゲ)
・シッケ(甘い米の飲料)

並べてみると、すごい量で大御馳走のようだが、
素材をよく見ると、さほど華美なものはない。

珍しい素材を使っているのは「★」をつけた3種。

シジョンジトクは、田植えで余った種籾を、
蒸し餅に仕立て、ヨモギやカボチャを加えたもの。
シルトクの一種だが、ふんわり柔らかな食感と、
さりげない控えめな甘さが後を引いた。

セミヨクティガクは、コンブのような海草を、
油で揚げて、砂糖をパラパラと振った料理。
カリカリとした食感と磯の風味を楽しむ。

ポシッケはマダラや、スケトウダラといった、
祭祀用に乾燥させた魚を、まず手作業で細かく裂く。
それを大根や粟などと一緒に発酵させたもので、
江原道では一般的なシッケ(馴れ寿司)の一種である。

個人的には干し野菜のナムルが気に入った。

いったん干すことでほどよい食感が生まれ、
その食感がまた、素材の甘味、風味を強調していく。
どうにも箸が止まらなくなるナムルであった。

また、これらを受け止める玄米ごはんも秀逸。

「ウチの自慢はなによりもごはん!」
「一般的な有機栽培よりももっと手をかけているからね!」
「現在の世の中では不可能といえる味だよ!」

と女将さんが胸を張っていたのが印象深い。


そして、もうひとつ。

この店でしか飲めない伝統酒も貴重な品だ。
松竹杜鵑酒(ソンジュクトゥギョンジュ)といって、
名前の通り、

・松の葉
・竹の葉
・杜鵑の花(ツツジ)

という3種の素材が入る。
ベースとなるのはもち米、うるち米、もち粟など。
飲んでみると、かすかな酸味と渋味が口の中で入り混じり、
最後にふんわりと独特の香りが鼻をくすぐる。

これもまた祭祀用に捧げる手造りの酒で、
両班家庭ならではの歴史を感じさせるものだった。

ひと通りの料理を食べて、酒も飲み干し、
余韻に浸ってみると、これがなんともいい気分。

さすがにヨン様は、いい店を紹介しているのであった。

以前もヨン様お気に入りという蔚山にある、
ビビンバ専門店を訪れて大満足だったのを思い出した。
彼の足跡をたどると、美味しい思いができる。

「美味しい店を教えてくれませんか?」

いつか町で偶然ヨン様にぶつかったときのため、
僕も韓国語の練習をしておくとしよう。


<店舗情報>
店名:ソジチョガットゥル
住所:江原道江陵市蘭谷洞259
電話:033-646-4430

<リンク>
ブログ「韓食日記」
http://koriume.blog43.fc2.com/
Twitter
http://twitter.com/kansyoku_nikki
FACE BOOK
http://www.facebook.com/kansyokunikki

<八田氏の独り言>
「韓国の美をたどる旅」を読んでいて、
いちばんぐっと来るのは皇龍寺址の写真です。

コリアうめーや!!第281号
2012年11月15日
発行人 八田 靖史
hachimax@hotmail.com

メールマガジン購読・解除用ページ
http://www.melonpan.net/melonpa/mag-detail.php?mag_id=000669
2012.11.17.Sat 10:32 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(3)
<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。