FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
13052001.jpg

今年2月、丸大食品から発売になった「トマトスンドゥブ」。

韓国料理とトマトという、一見意外な組み合わせですが、
食べてみると相性がよく、順調に売れているそうです。

イタリアンをイメージしてチーズなどを入れてもいいですし、
シーフードを加えたり、洋風の野菜を加えてもなかなか。
トマトの酸味をどう活かすかが、アレンジの面白さです。

……というところまでが建前。

この商品、確かにトマト風味で洋風テイストなのですが、
僕が個人的に期待しているのは、まるで別の路線だったりします。
以前にもこちらの記事に書いたのですが……。

丸大食品「トマトスンドゥブ」新発売&推薦文執筆。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-1484.html

=========================
この商品には、ちょっとユニークな二面性があるんです。

普通に食べれば、スンドゥブにトマトを加えた味なのですが、
酸味と辛味のコラボは、ときに熟成キムチの味に似るんですよね。

しっかり発酵の進んだ、酸っぱいキムチチゲを食べて、
ふとイタリアンの香りを思い出す、あの感覚を逆手にとったもの。
ストレートにトマトスンドゥブとして楽しむのもいいですし、
コアな韓国ファンなら、熟成キムチチゲにも感じられるはずです。
=========================

ええ、これこそが僕のもっとも期待する部分。
身勝手な超理論を展開させて頂くと……。

日本のスーパーではなかなか酸っぱいキムチを買えない。
 ↓
酸っぱいキムチがないので、本格的なキムチチゲを作れない。
 ↓
酸味の効いたトマトスンドゥブで代用しよう!

という感じ。
まあ、鼻で笑う方も多いかもしれませんが……。

13052002.jpg

実際に作ってみたのがコレ。

どうですか、けっこうらしい感じに仕上がってません?
絹ごし豆腐でなく、木綿豆腐を使って市販のキムチを投入するだけ。
トマトの酸味が効果的に働き、熟成キムチチゲ風の味になります。

まあ、あくまでも「風」であるのは偽らざる本音ですが、
少なくとも僕が食べた限りでは、いい線いっているんですよ。
ひと口食べて、目を見開いて、

「!」

ってなるほど興奮しているのです。

キムチは本場風の美味しいものを使うのが理想ですが、
逆転の発想で、適当なキムチを水で洗ってリセットしても可。
どころか僕がいろいろ試したところ、

「市販の白菜の浅漬けを洗って塩気を抜いたもの!」

が意外に扱いやすいことも判明しました。
上の写真も、白菜の浅漬けを使って作ったもの。
柚子とか入っていないシンプルなものがオススメです。

で、この熟成キムチチゲ風がうまくいったので……。

13052003.jpg

調子に乗って、さらに作ったのがピジチゲ(おからチゲ)風。

洗った白菜の浅漬けに、豚バラ肉、おからを加えてあります。
おからがスープを吸って、どろどろになるぐらいが適量。

13052004.jpg

続いて、キムチチム(キムチの蒸し煮)風。

洗った白菜の浅漬けに、サバの水煮缶、木綿豆腐を加えました。
鍋ではなくフライパンで、スープを具にかけまわしながら煮詰める感じ。
白菜の浅漬けは、4分の1カットの株を縦半分に割って使用しました。
根元のあたりは塩気が強いので、しっかり洗うのがコツです。

食べるときは、白菜でサバと豆腐をくるっと巻いてください。

13052005.jpg

さらには、キムチバプ(キムチ炊き込みご飯)風。

米3合に対して、トマトスンドゥブ1袋をどぼどぼっと注ぎ、
足りないぶんの水を足して、キムチ、油揚げ、豆モヤシを加えます。
このキムチだけは、白菜の浅漬けでなく、普通のカットキムチ。
炊き込みごはんモードに設定し、あとは炊飯器にお任せです。

13052006.jpg

いろいろやりましたが、コレがいちばんうまかったです。
ゴマ油をちょっとかけまわして食べると、悶絶するほどの出来でした。

もう「トマトスンドゥブ」のラベルをかえて、

「キムチ炊き込みご飯の素!」

にしたほうが、いいんじゃないかと思ったぐらい。
その後、シーフードミックスとベーコン入りも試しましたが、
洋風テイストの炊き込みご飯としても美味しかったです。

ということで、いろいろ試した結果、僕は胸を張って……。

「トマトスンドゥブは熟成キムチチゲの素である!」

との理論を主張するのであります。
興味のある人は、騙されたと思って試してみてください。
2013.05.20.Mon 23:34 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(3)
<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。