FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
13061806.jpg

先日も情報として紹介したコチラの企画。

主催元の方から、参加証の引換券を頂いたので、
ならばと身近な有志を募って参加をしてきました。
ご参加頂いた方、お付き合いありがとうございます。

街飲み@新大久保
http://kubocon.org/

開催期間は7月7日(日)までなので、参加したい方はお早目に。
詳細は上記ページをご確認ください。

13070201.jpg

ということで、まずは1軒目。

マップを見ながら、もろもろ検討した結果、
1軒目はやはり生ビールのある店だろうと意見が一致しました。
この街飲み、ドリンク200円、料理500円が基本なのですが、
店によって出しているものがずいぶん異なります。

生ビールが200円の店があれば、マッコリが200円の店もあり。
あるいは太っ腹にも、全ドリンクが200円という店もありますが、
ソフトドリンクだけという店もあるので見極めが重要です。

あと、規定では2杯まで200円というルールでしたが、
このへんも店によって、若干あいまいだったりするようですね。
入るときにきちんと確認をする必要がありそうです。

1軒目に選んだのは大久保通りの「マッコリ村」。

店名:マッコリ村新大久保店
住所:東京都新宿区大久保1-15-17
電話:03-6233-9169
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13136750/

13070202.jpg

燻製サムギョプサル(豚バラ肉の焼肉)が自慢のお店です。

1号店である上野店のほうは取材でもよく伺いましたが、
新大久保に移転してきてからは、初めての訪問でした。
カリッと焼かれたサムギョプサルはとってもスモーキー。

ただし、こちらの店ではこれを1人1皿での注文が必要とのこと。

できれば1皿をシェアして、ほかの料理も食べたかったんですけどね。
せっかくなのでできるだけ、いろいろな店を回りたかったので、
胃袋に余裕を残しながら、2軒目をどうするかの検討に入りました。

なお、指定の200円ドリンク、500円料理のほかは通常料金。
僕らのようにハシゴでいろいろ巡らず、1軒に長居をしてもOKです。

13070203.jpg

ちょうど足を運んだのが金曜日だったため、食事時はどこも満員。
これが食べたい、と思って行っても満員だったりしました。

ならば、できるだけ穴場を狙おうと選んだのがコチラ。

新大久保の西側、線路沿いの路地にあって、しかもビルの3階。
恥ずかしながら存在すらも知らなかった「新豊茂城」というお店です。
中国延辺朝鮮族自治州の料理、いわゆる延辺料理の専門店ですね。

店名:新豊茂城(シンフォンモジョウ)
住所:東京都新宿区百人町1-10-10新大久保KMビル3階
電話:03-6279-1918
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13150589/

中国で100店舗以上を構える「豊茂串城」という店の日本1号店だとか。
そういう隠れた名店に気付けるのも、街飲みのよさなのでしょう。

この店は生ビールと、ハイボールが200円。

同行したおふたりはハイボールで、僕はひとりまたも生ビール。
そして、こちらのお店では2杯まで200円というのを確認しました。

13070204.jpg

500円料理は延辺料理では定番の羊肉串(ヤンルーチャン)。
左下のクミンや唐辛子を混ぜたスパイスで味わいます。

羊肉の合間には脂の多い部位が適度に組み込まれており、
肉を噛み締めるかたわら、脂がザジュッと弾けるのがいい感じ。
この時点で、

「この店はアタリだ!」

と確信しましたね。

あと、店に入ったときの対応が良かったのも好印象。
この手のイベントって、どうしても安く飲んでいる負い目があり、
店側から歓迎されているか否かが、必要以上に気になります。

13070205.jpg

ドリンクが2杯飲めることから、単品料理もあわせて注文。
お店の人にオススメを教えてもらいつう、選んだのがこの……。

・鍋包肉 (ハルビン酢豚)

中国東北部、ハルビン式の酢豚ということでいいんですかね。
衣がもっちりとしており、そこに甘酢ソースが絡んでいます。
ボリュームもあるので、生ビールがぐいぐいと進みました。

13070206.jpg

羊肉料理、豚肉料理ときて延辺料理といえばこの肉も。

苦手な方は申し訳ありません、犬肉の盛り合わせです。
シコシコと噛みごたえのある肉を、エゴマの効いた赤いタレや、
刻みネギ、香菜、粉唐辛子などと一緒に味わいます。

期せずして、夏のスタミナ補給もできました。

13070207.jpg

3種類の肉を食べて、だいぶ満足しながらの3軒目。

隠れ家的な場所にある「花音」という店に移動しました。
和食とイタリアンをベースに創作料理を提供しています。

店名:花音(かのん)
住所:東京都新宿区百人町1-24-8新宿タウンプラザビル2階
電話:03-6279-3098
http://ka-non.net/

といったところでわかるかとも思いますが、
新大久保といっても、韓国料理ばかりではないんですよね。
いわゆる日本の居酒屋や、他の国の料理も含まれています。

ドリンクは同行者のグラスが赤ワイン、白ワインなのに対し、
僕は相も変わらず、生ビールの注文を繰り返していたのでした。
いや、2軒目にかぶせる形で面白いかなと一瞬思ったんですけどね。

生ビール、赤白のグラスワインのどちらもが200円。
そして、この店も200円で2杯まで飲むことができます。

13070208.jpg

500円料理はなんと、自家製の和風ローストビーフ。

お試しサイズとのことで、お肉はひと皿に4切れでしたが、
刻みネギ、白髪ネギのほか、千切り野菜も敷かれて具だくさん。
これだけでも充分500円の価値アリ、と思いきや……。

13070209.jpg

なんと唐揚げ、フライドポテトもセットで500円なのでした。

これまた歓迎されている雰囲気が全力で伝わってくる感じ。
ひとり飲みだったら、これだけでも充分満足できる量じゃないですか。
2杯飲んで、3品食べて、合計900円という破格の値段です。

13070211.jpg

2杯目生ビールを卒業し、柚子の果実酒をソーダ割りでチョイス。
生ビール、赤白ワインに加え、自家製の各種果実酒も200円でした。

13070210.jpg

単品で追加したのは、特製ジュレで食べる鶏皮ポン酢と……。

13070212.jpg

「生まれたての とうふ 食べたことありますか?」

というキャッチコピーにひかれた出来立ての自家製豆腐。
ダシをかけて、すりゴマ、ワサビ、刻みネギ、海苔とともに頂きます。
酔いの進んだ身体に、あったかい豆腐は染み渡りましたね。

ほかにもひと工夫の効いた、そそられる料理がたくさんありました。
この店はいずれまた来なければならない、そんなことを思いつつ……。

僕らの、街飲み@新大久保はこれにて終了。

全部のお会計を割り勘にして、3軒でひとり3100円ずつでした。
単品料理もそれなりに頼んで、この値段はやっぱり安いですよね。
仮に参加証を自腹で購入したとしても、各自プラス500円(当日700円)。
1軒当たり1000円ちょっとで、存分に楽しませて頂きました。

個人的な収穫としては、「新豊茂城」、「花音」という、
これまでまったく知らなかったいい店に巡り合えたこと。

そして、これ以外にも満席などの理由で入れませんでしたが、
気になるお店を、ちらっとでも覗けたのはよかったですね。
金曜日の夜ということで、ずいぶん満席で断られまくったのですが、
そこもいずれ、機会を改めてリベンジしたいと思います。

あとは、やっぱりお店の選択が楽しかったということですかね。

最初はできるだけたくさんの店を巡ろうとか考えていましたが、
料理やドリンクの選択、移動の手間、店側の混雑具合などなど。
考えるべき要素が多いので、なかなか思うようには巡れません。

そこをどう攻略し、楽しむかというゲーム性が大きなポイントでしょうね。
逆にいうと、それを面倒だと思う人には向かない企画だと思います。

ちなみに僕らはひたすら飲み歩くだけを目的としましたが、
店の中にはランチ営業の店や、ノンアルコールのカフェも含まれます。
どころか韓国語教室や、K-POPのレッスン、イベントなどもあり、
むしろ1日かけて、いろいろ巡るという楽しみ方もあるはずです。

ブログを書くのに、ずいぶんと時間がかかったのでもう終盤ですが、
まだ日程は残っているので、興味のある方は参加してみてください。
新大久保の新しい魅力を見つけることができるかもしれません。

街飲み@新大久保
http://kubocon.org/
2013.07.03.Wed 08:28 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(0)
<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。