FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
13081801.jpg

先月27日にオープンしたばかりの新店。

実はレセプションの招待状も頂いていたのですが、
あいにくその日は所要で伺うことができませんでした。
なので日を改めて、お客さんとして伺った次第。

銀座線の外苑前駅から徒歩5分という場所を聞いたときは、

「もしかすると超高級店?」

とも想像しましたが、実際はちょっと違いましたね。
立地も大通りから1本入った、地元感のある雰囲気でしたし、
お店自体もオシャレですが、敷居が高い感じはありません。
土地縁のある方なら、普段使いとして活用できると思います。

価格帯もコースで、

・Aコース:2500円
・Bコース:3500円
・Cコース:4980円

とこんな感じ。
僕らはAコースを頼んだ上で気になるものを追加しました。

冒頭の写真は「Appetizer季節の3種」。

左から、

・山芋を行者ニンニクの甘酢漬けで巻いたもの
・ヤンニョム(薬味ダレ)で和えた干しダラ
・松の実ソースをかけたグレープフルーツ

といった面々です。
この3種は季節でも、日によっても変わるのでしょうが、
どれも気の利いた味わいで、この後への期待がぐぐっと高まりました。

13081802.jpg

2品目は「粒山椒をきかせたピョンチェ」。

茹でた牛肉を薄切りにして、野菜や海藻を添えてあります。
写真にはありませんが、別にドレッシングがついており、
粒山椒はそちらのほうに入っていたようです。

ようです、というのは野菜の中にミントが入っており、
そちらの印象が強く、粒山椒の香りに気付かなかったため。
ブラックオリーブなども入ってかなり斬新なテイストでした。

13081803.jpg

3品目は「料理長の故郷江原道のチヂミ」。

料理長はオーナーシェフである朴洙炯(パク・スヒョン)氏のことで、
ご出身を伺ってみると江原道の麟蹄(インジェ)だそうです。
麟蹄といえば、韓国でも干しダラの特産地としてたいへん有名。
そういえば1品目の前菜にも、干しダラが入っていたなと思ったり。

一方、チヂミのほうは干しエビやイカが入った海鮮仕立て。
てっきり江原道なので、ジャガイモチヂミかなとも思いましたけどね。
江原道の中でも、海沿いの地域をイメージしているそうです。

13081811.jpg

単品で追加をした「ビーツのチャプチェ」。

料理長の前職場である新宿「水刺齋」でもこれを頂きましたね。
ビーツを使って春雨を真っ赤な色に染めています。

13081804.jpg

メインは「熟成漢方ポッサム」と「10種類のこだわり葉もの野菜」。
ちなみに書き忘れていましたが、前菜以外はすべて2人前です。
手前の茹で豚と、奥にある葉野菜の間に……。

13081805.jpg

こんな小皿も3つ。

左から、

・粒山椒と青唐辛子のチャンアチ
・タンポポのキムチ
・ブラックオリーブと山芋の覆盆子酒漬け

だったと思います。

それぞれ味に変化がついて面白かったのですが、
バリエーションを楽しむにはちょっと肉が少なかったですね。
むしろ箸休め、酒の肴として楽しませて頂きました。

13081806.jpg

ごはんとワカメスープがついてコースの料理は以上。
デザートを残すのみですが、その前に……。

13081807.jpg

「ハーブで味付けした富山ポークの窯焼きサムギョプサル」。

こちらのお店には厨房の客席から見える位置に窯があるのです。
これがいちばんのウリということで、ならば食べてみなければですよね。

Bコースには最初から入っているのですが、Aコースにはなく、
どうしようかとも悩んだのですが、ポッサムのほうも気になったので。
なお、Cコースには窯焼きの牛タンとトッカルビが入っています。
トッカルビは牛カルビを叩いて柔らかくした味付け焼肉のこと。

なお、大皿にはサムギョプサル(豚バラ肉)のほか、
一緒に焼いた野菜、リンゴ、エビなども盛り付けてあります。

あと、写真で見えますかね。

左下のあたりが青白く光っているのですが、
石に度数の強いお酒をかけて、燃えた状態で運ばれてきます。

で、食べての感想ですが……。

「この肉、柔らかくて旨っ!」

この日いちばんの感動がこの皿に集約されていました。
肉質そのものもいいですし、窯で焼いた効果なんですかね。
ぷりっとした肉の食感と、表面の香ばしさがひと味違いました。

どのコースを頼むにせよ、アラカルトで注文するにせよ、
とりあえず、このサムギョプサルは組み込んでおくべきですね。

13081808.jpg

最後はデザートに「柚子ファチェアイス」。

ファチェというとフルーツポンチに似た韓国の伝統飲料ですが、
アイスクリームの柚子ソースがけ、といった感じでしょうか。

僕らはこれに追加して、

13081809.jpg

「300度の窯で焼き上げるホットクOSURIスタイル」と……。

13081810.jpg

「ポップンジャ杏仁豆腐」もひとつずつ追加。

印象でいえば、やっぱり窯で焼いたホットク(蜜入りお焼き)でしょうか。
油を使わないので、表面がパリッと焼き上がっております。

メニューに載っているデザートは3種類なので一応これで全制覇。

ただ、季節によってメニューは手を加えていくそうなので、
夏が終わる頃には、もう次のメニューに変わっているかもですね。
いろいろ引き出しの多そうな料理長なので今後も楽しみです。

店名:Restaurant OSURI
住所:東京都渋谷区神宮前3-42-5SPINACH HILL1階
電話:03-6447-0765
営業:11:30~15:00 17:00~24:00
定休:なし
http://restaurant-osuri.com/
2013.08.18.Sun 15:17 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(0)
<< 2017.10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。