FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
13091901.jpg

韓国つながりでお会いした方のホームパーティ。

当然、食卓に並ぶのは手作りの韓国料理ですが、
それ以外にもいろいろな仕掛けが施されていました。

まず、やけに本格的な鍋料理があるな、と思ったら、
これは近隣にある行きつけの韓国料理店から運んだもの。
豚カルビと白菜キムチを煮込んだテジカルビキムチチゲですね。
なんでも新メニュー候補として作られたものだとか。

社長さんもいらしていたのですが、

「じゃ、店があるので!」

と乾杯前にすーっと帰ってしまいました。
鍋ひとつ置いて去る、というカッコよさに唸ったり。

13091902.jpg

近隣にはどうやら、行きつけの韓国料理店だけでなく、
こだわりの鮮魚店というのもあるそうで。

ハマチ、イカなどとともに……。

13091903.jpg

どでかいボタンエビまでもが登場しました。

これをジョン・キョンファ先生スタイルという、
チョジャン(唐辛子酢味噌)で味わいます。

というところまで書いて、ふと思い出したのですが、
僕が個人的にいちばん好きなジョン・キョンファ先生の本はコレ。

オンマの台所―お母さんのごはんは家族の絆
http://www.amazon.co.jp/dp/4479781498/

普通に読めば、先生宅の日常を書いた自伝的家族エッセイですが、
日々の食事風景には、そこに込められた先生の姿勢がよく表れています。
レシピとして、韓国料理の作り方を教えてくれる本は山ほどありますが、
その裏にあるべき、韓国料理の心を伝えてくれる本というか。

日本人としては体感しにくい、在日家庭の食という視点も含め、
韓国料理に興味を持つ人には得難い勉強ができる本です。

もちろんエッセイとして読んでもたいへん微笑ましいストーリー。

13091904.jpg

そして、ここからがタイトルにある済州島料理の数々。

小さなオレンジをくり抜いて器にしたペッキムチ(白キムチ)は、
その果汁を味付けに使って、さっぱりと仕上げたそうです。
クコの身や、細く切ったナツメなども入っていましたね。

13091905.jpg

こちらは済州島式に作ったメバルの煮付け。

やはり先ほどの鮮魚店で購入したという立派なメバルを、
大豆と一緒に煮込む、というのが済州島式のポイントですね。

メバルのほかに、カワハギなどでも作ったりしますし、
大豆とともに、ニンニクの芽を入れて煮込む店も多いです。

んー、日本でこれを食べられるとは。

13091906.jpg

さらに、ワラビと葉ネギのチヂミ。

ワラビも済州島を代表する特産品のひとつです。
このアレンジは手軽に済州島らしさを演出できていいですね。

13091907.jpg

これも済州島風の串焼きということでよかったのかな。
牛肉、オクラ、ミョウガなどを串に刺して焼いてあります。

しかしまあ、よくもこれだけの料理を日本で再現したものですが、
後で教えてもらったところ、こんな便利な本があるのだとか。

魅力の済州島料理と韓国健康ごはん
http://www.amazon.co.jp/dp/4751110322

早速買いましたが、確かにこれらの料理のレシピが載っています。
ほかにも、

・チョンボッチュク(あわび粥)
・カルチホバックッ(太刀魚とかぼちゃのあっさりスープ)
・ヘムルトゥッペギ(海鮮鍋)
・ピントク(そば粉の薄焼き巻き)
・ユチェナムル(菜の花のナムル)

といった済州島ではお馴染みの料理が並んでいたり。

著者の先生は大阪にある「李朝園」という店の経営者さん。
済州島料理のほか、一般的な家庭料理も収録されており、
また後半には約20種のキムチレシピが掲載されています。

13091908.jpg

宴席には夏らしいピョンス(水餃子)なども登場。

これだけの料理を作るのは大変だったでしょうねぇ。
マッコリ片手に、出来上がったところへお邪魔しましたが、
まさかここまでたくさんの料理が出てくるとは思いませんでした。

13091909.jpg

デザートは慶州パン(慶州式の饅頭)。

済州島だけでなく、いろいろな地方への欲求を、
存分に満たしてもらった、なんとも幸せな夜でした。

実はこの記事、だいぶ書くのが遅くなってしまったのですが、
いまさらながら、おもてなしくださった皆様に感謝致します。

13091910.jpg

その後、あれだけ食べたのに、まだ2次会へ。

いえ、冒頭のテジカルビキムチチゲがあったじゃないですか。
鍋料理を提供してくれた社長さんに挨拶をせねばなりません。

バンガバンガ
http://www.bangabanga.jp/


JR赤羽駅から徒歩3分という好立地ながら、
繁華街とは別方向にあって、ビル2階の穴場的なお店です。

自慢の料理として出して頂いたのが写真のポッサム(茹で豚)。
お店の社長さんいわく、

「サラダ風にしました」

ということで、全体にさっぱりとした味付けです。

真ん中にある甘酸っぱく和えた千切り野菜も、
一般的な即席キムチ風の味ではなく、サラダのほうに近付けた感じ。
サンチュで包むあたりも含め、確かにサラダを感じました。

「じゃあ、名前をサラダポッサムにしましょう!」
「カウンター席があるなら、ひとりのお客さんも多いですよね!」
「サラダポッサムのハーフも作りましょう!」

などと、酔いに任せて勝手なことをいいながら。
楽しい赤羽の夜はますます更けてゆきました。

ちなみに我が家から赤羽はバスで15分ほどの距離。

心理的にもいちばん近い繁華街というのが赤羽なので、
こっそりひとり飲みをするときはよく利用します。
ハシゴをしつつ、カウンターでポッサムをつつきにいく。

今後、そんな楽しみ方もできるかもしれません。
2013.09.19.Thu 10:50 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(3)
<< 2017.03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。