FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
06080701.jpg


この写真だけでピンと来る方は新宿界隈の豚焼肉通。
歌舞伎町に位置する豚焼肉の名店「Teji Tokyo」のイベリコ豚です。
とろけ方がまるで違う、極限の脂身を久しぶりに味わってきました。

しかも一緒に足を運んだのが、なんと「てじまぅる」の社長。
そして、お店で迎えてくれたのが「Teji Tokyo」の社長。

イベリコ豚を食べながら、ビールを飲んで語るという、
新大久保好きならば、誰もが驚くような頂上会談が行われました。
事実上、界隈では突き抜けた人気と実力を誇る2店。
周辺の豚焼肉事情から、互いのお店についてなどなど、
積極的かつ熱いトークが繰り広げられておりました。

話は大いに盛り上がり、そのうち共同メニューの開発でもなんて話にまで。
この2店舗が協力するというのは、新大久保におけるひとつの革命ですよね。
どんな新メニューが生まれるのか、というのも気になりますが、
それ以前に新大久保で横のつながりが生まれること自体が興味深いです。
コリアンタウンをさらに盛り上げる要素にもなるのかなと。

06080702.jpg


さて、徐々に焼けていくイベリコ豚。
見ての通り、ほとんど脂身ですがそこが魅力なんです。
外側が焼けた段階で、店の方が1口サイズにカット。
中心部をもう1度焼いて出来上がりなのですが、

その中心部を焼く過程で……。

「そろそろ食べられますか?」
「いえ、もう少し……」
「では、これは私の自己責任ということで」

と、「てじまぅる」社長がレア段階で味見していたのも印象的。
火が通るギリギリ、赤い部分が消えたと同時で食べるのを最上とする、
平牧金華豚を扱う店ならではの味見方法と言えましょう。

僕らはきちんと焼けたところで食べ始めましたが、
やっぱり脂のとろけ方、弾け方がまったく違います。
脂身のうまさを最大限に味わえる豚肉ですよね。

06080703.jpg


竹筒に入って出てくるのはワインに漬け込んだ薩摩清浄豚の
サムギョプサル(バラ肉)と、オギョプサル(皮付きのバラ肉)。
イベリコ豚はそのまま塩だけで食べるほうが美味しいですが、
こちらはキムチ、ニンニクと焼いて食べるノーマルタイプ。
両方を組み立てながら食べる楽しさがあるかと思います。

あと今回思ったのが、サイドメニューの充実。

韓国では焼肉というと、肉ばかりを食べるのが普通なので、
僕もあまりサイドメニューに手を出すほうではありません。
今回は社長さんが一緒だったので、オススメをいろいろ出して頂き、
普段、自分では注文しないものも味わうことができました。

牛ハツをユッケ風に作ったハツ刺し、ユッケトッポッキ(餅炒め)、
キムチチヂミテンジャンチゲ(味噌チゲ)などなど。
プリプリしたハツ刺しは前菜代わりにちょうどいいですし、
意外なところでトッポッキやテンジャンチゲが美味しかったです。

そして予想外のところから飛んできたこの日のスマッシュヒット。

06080704.jpg


チャンジャ海苔巻き、ゴマの葉おにぎりというシメの2品が美味でした。

ついつい韓国式に豚ばかりを食べてしまいがちですが、
こうしたサイドメニューを組み合わせながら食べる楽しさは重要ですよね。

06080706.jpg


その後、場所を「てじまぅる新宿店」に移して2次会。
今度は「Teji Tokyo」の社長さんがマッコルリの品揃えに驚かれていたり。
写真は愛知県の中埜酒造が作る国産マッコルリ「とらじの唄」です。
控えめの甘さと強めの発泡感が特徴という感じでしょうか。

「てじまぅる新宿店」で飲めるマッコルリの数は着実に増えており、
行くたびに新しいマッコルリが入荷されているといった印象。
今でも20種類近くありますが、まだまだ増えるとのことです。

06080705.jpg


「てじまぅる新宿店」にも意外なスマッシュヒットがありました。
チャンジャとポテトサラダをミックスしたチャンジャポテト(略称チャンポテ)。
写真は特別な大盛りサイズだそうですが、あっという間になくなりました。
軽いおつまみとしては、なかなか気のきいた1品だと思います。

ちなみにこの後、朝まで飲んでへべれけに酔いました。
翌日は2日酔いでしたが、なんとも楽しく勉強になった夜でした。


店名:Teji Tokyo(てじとーきょー)
住所:東京都新宿区歌舞伎町2-21-3第6本間ビル1階
電話:03-3207-5506
営業:18:00~翌5:00(月~土)、18:00~24:00(日・祝)
定休:なし
http://www.teji-tokyo.com

店名:てじまぅる新宿店
住所:東京都新宿区西新宿7-10-10西村ビル地下1階
電話:03-5348-5535
営業:17:00~24:00(月~土)、17:00~23:00(日・祝)
定休:なし
http://www.tejimaul.com/

<過去の関連日記>
(03月27日)歌舞伎町「Teji Tokyo」でイベリコ豚。
(04月04日)歌舞伎町「Teji Tokyo」で銘柄豚3連発。
(05月06日)西新宿「てじまぅる新宿店」で角煮ほか。
(06月20日)西新宿「てじまぅる新宿店」で三元豚尽くし。
(07月17日)西新宿「てじまぅる新宿店」で桃園豚尽くし。
2006.08.07.Mon 16:28 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(6)
<< 2017.07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。