FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
06081101.jpg


スンドゥブチゲ(柔らかい豆腐のチゲ)の人気が高まっています。
このブログでも、これまでにずいぶんの店を紹介しました。
新大久保の「BCD TOFU HOUSE」、溝の口、恵比寿の「チャメ(姉妹)」、
牛角系列の「牛角食堂」、「土間土間」、表参道の「東京純豆腐」。
「東京純豆腐」は新宿、渋谷にも支店を出し勢力を拡大しつつあります。
スンドゥブチゲもいよいよメジャー韓国料理の仲間入りですね。

恵比寿に本店を持つ「BIAN(美庵)」もスンドゥブチゲ専門店のひとつ。
スンドゥブチゲではなく、あえて「SUN」という名前で提供しています。

同様に、「おばんざい」の名前で和風のおかずを提供するなど
韓国料理の範疇からちょっと飛び出た感じのスタイルが特徴。
韓国料理店というよりは、女性向けのヘルシー料理という感じですね。
お店のコンセプトも「食べるエステ」というものだそうです。

日比谷シャンテ店は今年の4月にオープンした初めての支店。
他の飲食店と並んで、日比谷シャンテ地下の飲食店街にあります。
この店自体初めてだったのですが、やっぱり雰囲気はオシャレですね。
女性客がほとんどで、ひとりで来ている女性もいらっしゃいました。
韓国料理はとかく、ひとりでは入りにくいジャンルの飲食店なので、
こういった雰囲気の店が増えるのは、喜ばしい人も多いでしょうね。

ランチの時間帯だったので、「SUN」のいちばん基本的なセットを注文。
300円アップで石釜ごはんにもできるみたいでしたが、

「15分ほどかかりますがよろしいですか?」

とのことだったので、時間の関係で普通のごはんにしました。
ちなみにランチの基本セットだと945円です。

で、出てきたのが冒頭の写真。

刻んだエノキとネギばかりが写っておりますが、
中をほじくると鶏肉やイカのゲソなどが具として入っていました。
辛さは4段階で選べるので、当然のごとく激辛に。
ただ、この選択はちょっと失敗だったかもしれません。
辛さうんぬんよりも、味の濃さが強すぎました。

タデギ(唐辛子ペースト)の量で辛さを調節しているのか、
チゲの汁気がほとんどなくなってしまい完全なドロドロ状態。
辛さを控えて汁気が増すのであれば、辛さよりもそちらを選びたいですね。
おそらくそのほうが美味しく食べられたのではと思います。
ノーマルでも味噌の強いドロドロ系なら意味はないですが。

06081102.jpg


食べ進むと、中に卵もしっかりと沈んでおりました。
割り入れるのではなく、最初から入っているタイプですね。
ぐつぐつしていたわりに、火が通っておらず安心しました。
半熟のちょっと手前、黄身がとろり流れてくる程度です。

06081103.jpg


パンチャン(副菜)というか、小鉢がひとつつく定食形式。
豆腐とゼラチン質な肉を和えて、ユズの香りをつけたようなもの。
これはこれで気がきいておりますが、1品というのは寂しいですね。
韓国料理とは違う、というのがこのあたりを見ても感じます。

他の店舗でもそうなのですが、韓国料理を日本的にするほど、
副菜として出てくるパンチャンが軽んじられる傾向にあるようです。
そのぶんメインの料理に全力投球をするというのはわかりますが、
韓国料理をメインだけで食べるほど、むなしいことはありません。
栄養的にも、味の広がり的にも、失ってほしくない部分です。
増して「食べるエステ」なのであれば、より重視してもよいくらいかと。

時間の問題で普通の白米ごはんを食べてしまいましたが、
五穀米、黒米、玄米、赤飯、縄文米(十二穀米)にもできるようです。
具の選択もいろいろあり、フカヒレ入りというのもありました。
このへんは日本らしいバリエーションの多さですよね。
近くにあって通える人なら、いろいろ試すことができそうです。

店名:BIAN日比谷シャンテ店(びあん)
住所:東京都千代田区有楽町1-2-2日比谷シャンテ地下2階
電話:03-5512-3101
営業:11:00~22:00
定休:なし
http://www.bian.jp/

<過去の関連日記>
(02月09日)ドラマ「輪舞曲」のスンドゥブチゲ専門店。
(02月23日)溝の口の「チャメ」にご縁がない。
(02月24日)溝の口の「チャメ」で4度目の正直。
(03月06日)西荻窪の「牛角食堂」でスンドゥブチゲ。
(03月07日)新大久保「BCD TOFU HOUSE」でスンドゥブチゲ。
(03月24日)am/pmの「チャメのスンドゥブチゲ」にも縁がない。
(03月26日)am/pmが「チャメのスンドゥブチゲ」を発売。
(03月28日)スンドゥブチゲの考察。
(04月13日)表参道「東京純豆腐」で豚スンドゥブ。
(04月25日)恵比寿に「チャメ」2号店がオープン。
(05月23日)吉祥寺「土間土間」でチャメのスンドゥブチゲ。
(05月28日)大塚「土間土間」でスンドゥブチゲ。
2006.08.11.Fri 18:36 | 韓食日記 | trackback(1) | comment(2)
<< 2017.07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。