FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
06110801.jpg


前回この店に行ったのは、今年の1月になりますか。
まだブログも書き始めの頃なので、写真もなく地味な記事ですね。
タッカンマリを食べにもう1度、と書いたのを実現してまいりました。
神宮前のオシャレな韓国料理店「Korean Organic nabi」です。

店名に「Organic」という言葉が入っているように、
有機野菜や地鶏といった食材を使っているのがこの店の売り。
韓国料理の基本である五味五色の考え方をそこに加え、
より「Organic」な料理を目指すというのがコンセプトだそうです。

メニューを見ても、

・有機野菜のサム(1260円)
・旬の有機野菜のスチーム(1365円)
・大山地鶏と有機野菜のダッカルビ(1890円)

といった感じに有機野菜がアピールされています。
肉料理も、鶏は大山地鶏、豚は霧島高原豚、牛は八千代牛と、
それぞれブランドがしっかりと記載されておりました。

冒頭の写真は月ごとに変わるメニューのひとつ。
正式名称を忘れましたが、秋野菜のナムル3品です。
サトイモ、春菊、小松菜をナムル風に仕立てております。

生野菜が添えてあったり、白髪ネギが添えてあったり。
ナムル意外にも野菜が豊富に使われていましたね。
味は薄めで、ほんのりゴマ油の香りが漂うかなという程度。
サトイモには唐辛子油が少量たらしてあり、ピリ辛風味でした。

06110802.jpg


こちらも月ごとのメニューだったと思います。
日によって使われる食材が変わる、本日の魚の韓風ピカタ。
この日使われていた魚はイトヨリダイでした。

韓風ピカタという名前から白身魚のジョンを想像しましたが、
カリッとした食感で、ヤンニョムソース(薬味ダレ)がかかっています。
ヤンニョムチキンの魚バージョンといった雰囲気でしょうか。

06110803.jpg


こちらはそのヤンニョムチキン。店での表記は「薬念チキン」。
ヤンニョムソース(薬味ダレ)をかけたフライドチキンなのですが、
鶏肉がフライドチキンとは言えないほど柔らかな食感です。
フリッターにも近い感じですが、そこまで衣が分厚くもなく、
柔らかで滑らかな食感のから揚げといった雰囲気ですかね。
ヤンニョムも辛さが抑えてあるので、実にマイルドなヤンニョムチキンです。

06110804.jpg


そしてこちらが店の看板料理、タッカンマリ(丸鶏の水炊き)です。
ハーフ(2730円)と、レギュラー(4200円)があるのですが、
最後のシメまで食べることを考え、ハーフを選択しました。

06110805.jpg


タッカンマリに欠かせない4種の調味料が嬉しいですね。
醤油、酢、カラシに加え、タデギ(唐辛子ペースト)が加わります。
タデギ意外をすべて1対1対1で混ぜ合わせたタレを作り、
そこに好みでタデギを加えて、辛さを調節せよとのこと。

タレを作ったところで食べ始め、まず驚いたことが2点。

1、スープが非常に濃厚
2、鶏肉が柔らかく箸でちぎれる

タッカンマリのスープと言えば、鶏を煮込んだ煮汁そのものですが、
おそらくこの店では、相当長時間煮込んだスープを使用しているはずです。
とんこつラーメンを見るような、白濁、いや茶濁のスープ。
ただし余計な脂は除かれているようで意外にすっきりしています。

薄味のスープですが、塩気だけ整えてそのまま飲みたいくらい。
あるいはラーメンを入れて、鶏スープのラーメンでもいけそうです。

それだけのスープを作っているからか、鶏肉もトロトロ状態。
タッカンマリといえば丸鶏をハサミで解体していく作業が醍醐味ですが、
この店ではハサミがいらないくらい、鶏が柔らかな状態です。

トングとオタマは出てきたのに、ハサミは出てこないんですよね。
もしやカットされた鶏肉では、と箸でつかもうとして気付きました。
モモ肉のあたりが、身からするっと抵抗なく抜けてきます。

なるほど。ハサミのいらないタッカンマリというのは見事ですね。

06110806.jpg


シメの麺はカルグクスではなく、生タイプの韓国ウドン。
カルグクスを入れて粉がちょっとスープに溶け出るのもいいんですけどね。
浅漬けタイプの白菜キムチをたっぷり加え、シメのウドンまで堪能しました。

これまでずいぶん日本でいろいろなタッカンマリを食べてきましたが、
ある種、進化形と思える姿を見たのは、これが初めてのような気がします。
メニューにはアレンジ形の料理も多いですが、タッカンマリは進化形。
あくまでも個人的な感想ですが、そんな印象を抱きました。

店名:Korean Organic nabi(こりあんおーがにっくなび)
住所:東京都渋谷区神宮前2-31-20アコルデ神宮前地下1階
電話:03-5771-0071
営業:11:30~翌1:00(月~土)、18:00~24:00(日・祝)
定休:なし
http://www.nabi-tokyo.com/

<過去の関連日記>
(01月15日)原宿のnabiでタッカンマリ。
2006.11.08.Wed 13:23 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(4)
<< 2017.03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。