FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
記事のアップは新年明けてからになりましたが、
1年の総括ということで、2006年の記事を振り返ってみます。
多少の準備期間は置きましたが、ブログの開設が昨年の元旦。
年が明けて、ちょうど1周年ということになります。

ブログのおかげでずいぶんたくさんの韓国料理を食べられました。
その中でも特に印象的だった記事をピックアップしてみます。

<1月>
(12月31日)てじまうるで豚焼肉を食べつつ年越し。
2006年の年明けは新大久保で迎えました。
小学校時代の友人と、新大久保の「てじまぅる大久保店」で金華豚。
その後、花園神社にお参りするという新年の始まりです。
新大久保漬けになることを予見するかのような元旦でした。

(01月26日)豚肉とスイカの煮込み。
新大久保の「味一番」に、豚肉とスイカの煮込みという料理がある。
そんな情報を聞きつけて行ったのですが、夏季限定メニューでした。
夏になったらまた来ようと思っていたのですが、4月に無念の閉店。
その味は一生謎のままとなってしまいました。

<2月>
(02月03日)節分なので恵方キンパプツアー。
忙しさに負けて、最近はアホな企画もなかなかできません。
これは恵方巻きに引っ掛けて、無言オフというのを開催した話。
歌舞伎町の「双子のり巻き」に無言で集合、無言で料理を注文し、
無言のままキンパプを丸かぶりするというアホな集まりでした。
意思疎通用にわざわざスケッチブックまで用意しました。

(02月09日)ドラマ「輪舞曲」のスンドゥブチゲ専門店。
2006年の前半はひたすらにスンドゥブチゲを追いかけました。
その口火を切ったのが、溝の口「チャメ(姉妹)」のオープン。
その後、4月に「東京純豆腐」が青山ほかにオープンするなど、
その後のスンドゥブチゲブームへとつながっていきました。

<3月>
(03月11日)師匠宅でタラのチゲとジャガイモごはん。
師匠宅シリーズの第1回。現在は第10回まで数を伸ばしています。
人気の高い企画なので、僕としては嬉しい限りなのですが、
料理を公開される師匠は、徐々にプレッシャーが重くなっているとか。
同じ料理は出せないし、盛り付けにも気を遣わなきゃいかん。
などと、最近はブツブツ言われるようになってしまいました。
それでもいつも美味しい料理を作ってくれる師匠に感謝です。

(03月27日)歌舞伎町「Teji Tokyo」でイベリコ豚。
歌舞伎町にイベリコ豚のサムギョプサルを出す店がある!
と興奮して記事を書いたところ、社長さんがコメント欄に登場。
それをきっかけに、お店に何度も通うようになりました。
実は『魅力探求!韓国料理』の写真撮影にも協力して頂いております。
公私ともに、非常にお世話になっているお店です。

<4月>
(04月10日)新大久保「チャンナム家」ラストナイト。
2001年からずっとお世話になってきた韓国家庭料理店です。
店を経営する名物ご夫婦の帰国が決まり、この日が最後の営業でした。
その後、話は二転三転するのですが、それはまた別の話。
閉店後まで残って、店の方や、他の常連さん、近隣の店の人と飲み、
最後は思わず涙を落とす、という印象的な一夜となりました。

(04月26日)新宿三丁目「新宿ホルモン」でテッチャン他。
ホルモンに目覚めた、ホルモンが大好きになったというのも今年です。
好き嫌いの多い子どもだった僕は、長いこと内臓関係が苦手でした。
大人になってからは普通に食べられるようにはなっていましたが、
それが大好きに転化したのは、ホルモン好きの友人のおかげでしょう。
彼とのホルモン探索は、楽しい趣味のひとつとなっております。

<5月>
(05月06日)西新宿「てじまぅる新宿店」で角煮ほか。
西新宿に突如としたオープンしたマッコルリ専門店。
オープンは4月でしたが、初めて足を運んだのは5月でした。
マッコルリの専門店と聞いたときは、大きな衝撃を受けました。
現在は日本のマッコルリブームを牽引するような存在に。
間違いなく、韓国の食文化に一石を投じた店だと思います。

(05月24日)白金台で韓国宮中料理の店がOPスタッフ募集。
おそらく公式の場で『高矢禮』の名前が出たのはこれが初めてです。
どのメディアよりも早く、ヨン様レストランの情報を提供しました。
と言っても、スタッフの友人に頼まれて求人情報を出しただけですけどね。
でも、実際にこの記事を見て、求人に応募した方もいたのだとか。
ちなみに韓食日記への検索ヒット数ナンバー1が「高矢禮」です。

<6月>
(06月16日)赤い悪魔カレー(3日目)。
なぜか6月はカレーのことばかり考えていたような気がします。
ちなみに赤い悪魔カレーというのは、ごはんも材料もみんな赤で統一。
韓国のカレーが真っ黄色でまったく辛くないことから、
ひたすら赤にこだわった、韓国らしいカレーを作ろうという企画です。
この詳細については、コチラのメルマガをごらんください。

(06月18日)タデギに関する考察。
タデギに関する考察も密かに注目を集めた記事のひとつです。
韓国料理の知名度が上がるにつれ、テレビの料理番組などで、
タデギという単語が、少しずつ使用されるようになってきました。
そのたびに検索から来る人が増え、アクセス数が急増します。
文中で書いたように、「撒いた種」が花を咲かせた例だと思います。


ということで前半はここまで。後半へと続きます。
2006.12.28.Thu 10:38 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(0)
<< 2017.04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。