FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
07032001.jpg


当ブログの恒例企画。またまた師匠宅にお邪魔してきました。
冒頭の写真とタイトルを見て、驚かれた方もいらっしゃるでしょう。
いつも美味しい手料理を作って待っていてくれる師匠ですが、
今回もまた気合の入った料理を作っておられました。

「今日はコムタンを作ったから」

などと、さらっとおっしゃっておりましたが、
僕の感覚では、そんなにさらっと言える料理ではありません。
コムタンといえば、牛肉や内臓などを長時間煮込んだ料理。
最低でも丸1日くらいは、コトコトと煮込む必要があります。

僕もかつて牛のアキレス腱(スジ)を煮込んだことがありましたが、
アクをとったり、火加減を見たり、なんだかんだで付きっ切り。
ただずっと煮込んでいればいい、というわけでもない料理です。

そんな手間と時間をかけて作った料理が冒頭のコムタン。

手前にあるのが牛スネ肉で、奥に見えるのが牛のアキレス腱。
左側には両者のうまみをたっぷり吸い込んだ大根が控えています。
スープの色を見ても、長時間煮込んだことがよくわかりますよね。
師匠に聞いてみたところ、やはり丸1日煮込んでおられました。

うまみたっぷり。塩だけでごはんが目一杯食べられます。

07032002.jpg


そのコムタンだけでも充分なご馳走ですが、そこへさらなる1品。
イカとキャベツを炒め、そこに韓国の餅を投入したものです。
いわゆるトッポッキ(餅炒め)のような料理なのですが、
醤油系の味付けと具の構成が、どこか焼きうどん風でもあります。

韓国の餅はうるち米で作るため、粘り気が少ないんですよね。
こうして使うと、餅というよりも麺のような雰囲気で味わえます。

07032003.jpg


ナムルは基本に則って3種類。
奥がシイタケ、右が豆モヤシ、手前は季節感を考えて菜の花です。
春らしい菜の花のナムルも実に美味でしたが、
師匠曰く、

「豆モヤシのナムルはお母さんに褒められたんだよね」

というさらなる自慢の一品。

師匠が言うお母さんとは他ならぬ黄慧性先生のこと。
残念なことに、昨年お亡くなりになられましたが、
朝鮮王朝宮中料理の技能保有者(人間国宝)だった方です。

簡単に言えば、韓国食分野における最高権威のお墨付き。
味の秘密も教えて頂きましたが、さすがにここでは伏せておきます。

07032004.jpg


細ネギのキムチは東新宿にある「南陽屋」のママさん特製。
これらの料理をつまみつつ、マッコルリのビール割りを楽しみました。

余談ですが、この日の話題は新大久保の過去、現在、未来について。

僕が知っているのは2001年以降の新大久保だけですが、
師匠は黎明期である80年代からずっと通い続けておられます。
またこの日はもうひと方、すごい経歴を持った人が参加していました。
90年代後半に新大久保で仕事をしていた珍しい日本人で、
いわばコリアンタウン勃興期の裏側を知る人物と言えましょう。

時系列ごとに探ってみると、新大久保もずいぶんと面白い町です。
豊富な裏話で新大久保の過去と現在を照らし合わせつつ、
将来的にはこうなったら面白いのに、なんて話で盛り上がりました。

これでもかというくらいディープな会話でしたけどね。
勉強にもなり、また楽しかったのは言うまでもありません。

<過去の関連日記>
(03月11日)師匠宅でタラのチゲとジャガイモごはん。
(03月22日)師匠宅にてチャジャンミョンほか。
(06月21日)師匠宅で手作りポトフほか豪華夕食。
(07月09日)師匠宅にて大阪風粉モノ三昧。
(07月26日)師匠宅にて夏の韓国ごはん。
(08月21日)師匠宅にてハモ皮とキュウリの酢の物。
(11月05日)師匠宅にて昼食&夕食&PC復旧作業。
(11月10日)師匠宅にてパスタ&グラタン&サラダ他。
(11月23日)師匠宅にて訪韓準備関係者会議。
(12月02日)師匠宅にてマンドゥクク&トッポッキ。
▲(2006年)
▼(2007年)
(03月06日)師匠宅にてカルビチム&カムジャタン。
2007.03.20.Tue 03:21 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(4)
<< 2017.04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。