FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
07092601.jpg


八丁堀にある讃岐うどんの名店「讃岐流明治亭」。
ここには夜な夜な、熱烈なスンドゥブチゲ好きが集結しています。
これまでの会合はコチラの記事コチラの記事をご参照のこと。
今宵も10人のスンドゥブチゲ好きが集って試食イベントを開催。
都内で手に入る、市販のスンドゥブチゲを食べ比べました。

エントリーされた商品は全部で4つ。

・CJ「パジラクスンドゥブ」
・五星商事「宗家純豆腐」
・モランボン「大人のためのスンドゥブチゲ」
・丸大食品「スンドゥブ」

CJだけが韓国の会社で輸入された商品です。
韓国では大手の会社なので、都内の韓国スーパーでもおなじみ。
残り3社の製品が今秋発売になった新商品です。

それぞれを同じ材料、同じ要領で調理し、
ブラインドでどれがいちばん美味しいか試してみました。
始まる前は、

「違いがわかるかな……」

という声も多かったのですが、食べてみると予想外に違いは歴然。
それぞれに顕著な個性があるということがわかりました。
以下は、僕の感想も含む、それぞれの印象です。

07092602.jpg


1、CJ「パジラクスンドゥブ」

本場、韓国で市販されている商品だけあって、
他の3商品よりも辛さという点でまず抜きん出ていました。
鍋が運ばれてきた途端、辛さを含んだ香りが漂うといった感じです。

本場の味に慣れていれば、この程度の辛さは普通なのですが、
日本の感覚で食べるには、やや辛さが強いのでしょう。
全体的な味のバランスとしては、やはり本場物といった印象です。

07092603.jpg


2、五星商事「宗家純豆腐」

全部の商品の中で、いちばん甘味が強く出ていました。
唐辛子系の味付けではなく、コチュジャン系の味付けに感じます。
辛さの中に、強い甘味を持たせて濃厚な味を作っています。

07092604.jpg


3、「大人のためのスンドゥブチゲ」

全部の商品の中で、もっともあっさりした味です。
商品名に「大人のための」とありますが、辛さはだいぶ穏やかです。
辛い料理が苦手なひとには、よいのではないかとの印象でした。
あっさり味なので、いろいろなアレンジにもいいかと思います。

07092605.jpg


4、丸大食品「スンドゥブ」

全部の商品の中で、もっとも濃厚なうまみを感じます。
パッケージには辛口とありますが、辛さはほどほどといった印象です。
ベースがしっかりしているので、アレンジにも向く気がします。

また、残り3つの商品はすべて素を水で溶いて使いますが、
丸大食品製品だけは、ストレートのまま豆腐や卵を入れて作ります。
そのぶんパッケージは他の3商品よりもひと回り大きくなりますが、
誰が作っても、味がブレないというメリットもあるようです。


ということで4商品食べて、どれが美味しいかという判断は、
それぞれの違いがくっきり出たことで、丸大食品製品に評価が集中。
ほぼ全員が関係者であることを考えると、当然の結果ではありますが、
ブラインドでもしっかり自社製品がわかったということに、

「よかった!」

という安堵の声が漏れていたのが印象的でした。

そしてここからは中の具をアレンジする食べ比べに。
丸大食品製品を使用しつつ、いろいろな具を試してみました。

07092606.jpg


スライスチーズとトマトを入れたイタリア風のスンドゥブチゲ。
青山に本店を持つ「東京純豆腐」にもよく似たメニューがありますね。
韓国料理としては、やや横道に外れたアレンジですが、
イタリア料理方面のアレンジは、意外に韓国料理とよく合います。

韓国料理とチーズの相性はすでにいうまでもないですが、
トマトという野菜も、煮込むと意外な魅力を発揮します。
おでんに入れたトマトが美味しい! というのと同じような衝撃。
スンドゥブチゲにトマトというのも充分にアリです。

07092607.jpg


こちらは大量のニラと大量のニンニクを入れた激臭スンドゥブ。
食べた途端に、鼻の奥から脳天にガツンという衝撃が抜けていきます。
思わず眉間のあたりがくらくらーっとなるほど強烈な香りです。

ただ、最初のひと口こそニンニクの香りにやられますが、
食べ進むうちに、意外と平気になってしまったりも。
外ではオススメしませんが、自宅でやるなら好きな人にはいいかも。
唐辛子の増量とともに、刺激を求める人へのアレンジです。

07092608.jpg


最後はいつも通り、モチモチのコシが自慢の讃岐うどんでシメ。
各種刺激物にさらされた胃と食道を、優しくなだめてくれました。

といった感じにこの日のスンドゥブチゲ試食イベントも終了。
2次会はカラオケになだれ込んで、楽しい1日となりました。

店名:讃岐流明治亭新富町本店
住所:東京都中央区新富1-17-6
電話:03-3552-1665
営業:11:00~24:00(月~金)、11:00~14:00(土、日)
定休:なし

<過去の関連日記>
(07月26日)八丁堀「讃岐流明治亭」でスンドゥブチゲ。
(08月08日)八丁堀「讃岐流明治亭」で誕生日ケーキ。
(09月18日)丸大食品の「スンドゥブ」を西友赤羽店でゲット。
2007.09.26.Wed 15:19 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(0)
<< 2017.07 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。