FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
07110701.jpg


まずは前編からお読みください。

平田牧場の東京営業所長によって見事解体された金華豚を、
「てじまぅる」のスタッフが熟練の技術で焼き上げます。
大事に育てたこの豚はレアに近い状態でも食べられるとのこと。
厳選されたエサと清潔な豚舎、行き届いた飼育方法の賜物だそうです。

韓国では豚焼肉というと、カリカリまで焼いて脂を落としますが、
平田牧場の豚に限っては、むしろ焼きすぎるとよさが失われます。
確かにあの豊富な脂を見ると、その気持ちがよくわかりますね。

07110702.jpg


あとはいかによいタイミングで焼けた肉を提供するかですが、
肉の中央にうっすらピンク色が残るくらいがベストとのこと。
焼けたらすぐ食べないと、余熱で火が通って台無しになります。

普段はどうしても飲んでいるので、タイミングをうっかり逃しがち。
この日はウーロン茶だったので、食べるほうも真剣に臨めました。

07110703.jpg


まず出てきたのはヒレの部分。
先ほどの解体実演ショーで、量が少ないのはよくわかりました。
ヒレの値段が高いのも、なるほどと納得がいった感じ。

肉質が実にキメ細かく、噛むごとにハラハラ崩れていく感じ。
にじみ出るうまみが実に濃く、少量の塩だけでも味わいが豊か。
脂のうまさではなく、肉のうまさが見事な部位でした。

07110704.jpg


続いてこちらは肩ロース。
赤味に対し、脂が網目状に差し込んでいます。

ヒレの後だけに、その豊かな脂の量が印象的でした。
皿に乗っているだけで、肉汁が耐え切れずにこぼれてゆく感じ。
その姿に写真を撮るのももどかしく、慌てて箸を伸ばします。

食べるともう「ステーキ!?」と感じるくらいのジューシーさ。
脂の味が実に秀逸。じわじわあふれてくる味わいがたまりません。
外側部分には脂身が固まりでついているので、そこを味わうのも美味。
脂身のぷりっとした食感が、いいアクセントになっています。

07110705.jpg


前編で赤味を覆う脂身の豊かさに驚いたロース。
写真でわかるか微妙ですが、箸に触れない先端半分ほどが脂身です。
肩ロースで味わった、脂身の食感をさらに強調したような味わい。
しっとりとした赤味部分と、弾ける食感の脂身部分が対照的です。

07110706.jpg


ちょっと違った感じにカットされたロース。
赤味部分と脂身部分をばらし、別に焼かれているそうです。
一緒に食べると、ひとつ上の写真で食べたロース。
また、それぞれを味わうのも、違った感覚でよかったです。

07110707.jpg


赤味部分が中心で、しっかりした食感のウデ。
これまでの肉よりもさっぱりとして上品な味わいです。
脂身が少ないので、赤味部分のうまさを集中して味わえます。

脂身が持つ、押し流されるような怒涛のうまさとは異なり、
じわじわとわき上がるような、通好みの感動があります。

07110708.jpg


ウデよりもさらに食べごたえのある肩下の部位。
これまでの肉は軽く噛んだだけでも繊維がほぐれましたが、
スジが多いぶん、噛み締めてゆく快感を堪能できる部位です。

場合によっては、固いと感じる人もいるかもしれませんが、
咀嚼回数が増えるぶん、うまみのにじみ出る感じを楽しめます。
煮込んでも力を発揮するのでは、といった部位でした。

07110709.jpg


真打登場。普段もっともよく食べているバラ。
脂身と赤味が層状に重なる部位で、脂の印象がもっとも強いですね。

プリッとした固まりで楽しめるロースの脂とも、
肉の中からあふれ出てくる肩ロースの脂とも違います。
噛むごとに脂がギュッギュッと弾けていくような感じ。
全部の中で、もっとも脂の味をストレートに楽しめる部位です。

慣れ親しんだ味ですが、肉そのものがよいので感動も絶大。
さすがは金華豚という印象を、改めて強めた部位でした。


記事で見ている限りでは、似たような写真ばかりですが、
実際に食べていると、それぞれ個性豊かなのに驚かされます。
おそらく参加された方々であれば、この似たような写真の連続も、
それぞれまったく違ったものとして見えることでしょう。

「てじまぅる」では普段、この金華豚を盛り合わせで出していますが、
4種類の盛り合わせなので、営業中にすべてを味わうのは困難。
この日は試食ということで、じっくり食べ比べることができました。
参加費3000円で、本当に貴重な体験ができたと思います。

なお、この解体ショーは来年1月にも実施するとのこと。
定期開催かと思いきや、その後は特に予定されていないそうです。
正確な開催時期については、ブログなどで発表されることでしょう。
参加したい方は、公式サイトをこまめにチェックしてみてください。

てじまぅる公式ホームページ
http://www.tejimaul.com/
てじまぅる公式ブログ
http://ameblo.jp/tejimaul/

店名:てじまぅる大久保店
住所:東京都新宿区大久保1-16-5
電話:03-5291-3783
営業:15:00~翌3:00(月~金)、12:00~翌3:00(土)、12:00~24:00(日、祝)
定休:なし
http://www.tejimaul.com/

<過去の関連日記>
(12月31日)てじまうるで豚焼肉を食べつつ年越し。
(04月20日)新大久保「てじまうる」で金華豚。
(09月11日)新大久保「てじまぅる大久保店」で金華豚。
(10月17日)新大久保「てじまぅる大久保店」で朝まで飲み。
(12月03日)新大久保「てじまぅる大久保店」でmixiコミュオフ。
▲(2006年)
▼(2007年)
(02月26日)新大久保「てじまぅる大久保店」でチーズサムギョプサル。
(03月08日)新大久保「てじまぅる大久保店」で豚三昧&鶏。
(03月24日)新大久保「てじまぅる大久保店」で2/6次会。
(03月28日)新大久保「てじまぅる大久保店」でポッサム&金華豚。
(04月07日)新大久保「てじまぅる大久保店」で豚豚豚鶏。
(04月23日)新大久保「てじまぅる大久保店」で師匠と金華豚。
(05月27日)新大久保「てじまぅる大久保店」でロシア美女に惨敗。
(06月12日)新大久保「てじまぅる大久保店」で金華豚ホルモン鍋。
(07月01日)新大久保「てじまぅる大久保店」でサムギョプサル。
(09月17日)新大久保「てじまぅる大久保店」でサムギョプサル。
(09月30日)新大久保「てじまぅる大久保店」でケランマリ。
(10月08日)新大久保「てじまぅる大久保店」でテジカルビ&鶏。
2007.11.07.Wed 17:50 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(2)
<< 2017.05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。