FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
07112601.jpg


月曜日の夜。新大久保のとある店に大量の花束が集結。
とあるといっても、タイトルに店名が書いてありますけどね。
いつもお世話になっている「チャムナム家」です。
この日は店を貸切にし、常連客でオモニの誕生日祝いを開催。
仕切り役というか、声かけ役をかって出たのが店長さんでした。

「いいよ。私の誕生日なんか……」

と渋るオモニを説得し、

「そういうのはきちんとやったほうがいいの!」
「いつも来てくれるお客さんに感謝するのと同じだから!」
「わかったね! ね! 決めたからね!」

と半ば強引に、この日の誕生日会が決まりました。
こういう決定までの過程はなんとも韓国らしい話ですが、

「韓国式なら料理は全部タダにしたいんだけどね!」
「日本人はみんな気を使うから会費制にすることにしたの!」
「そのかわりプレゼントとか持ってきちゃダメだよ!」

という気配り部分は妙に日本式。
でも、日本人ってそれでも何か持って行ってしまうんですよね。
僕も例外ではなく、大久保通りで花束を買っていきました。
かくして冒頭に書いたように「大量の花束が集結」ということに。

まあ、確かに何も持っていかないのは心苦しいですしね。
何しろ会費制とはいえ、それをはるかに凌駕するご馳走がずらり。
店にあるドリンクはすべて飲み放題なので、確実に店は赤字でしょう。
店長さんのいう「お客さんに感謝するのと同じ」というのも、
あながち間違いではないセリフだったのではと思いました。

冒頭の写真は牛カルビの固まりをコトコトと煮込んだカルビチム
こうした祝いの席には欠かせないご馳走料理のひとつです。
韓国料理としてはそれなりに知名度の高い料理なのですが、
手間がかかるのと、値段が高いのとで、めったに食べられません。
醤油ベースの甘いタレが、中までしっかり染み込んでいました。

07112602.jpg


桜エビがたっぷり乗った定番の海鮮チヂミも登場。
タットリタン(鶏と野菜の鍋)とともに、店の看板料理となりましたね。
先日、店長さんから、

「あなたはいつもカムジャチヂミばかり食べているでしょ!」

と客なのに怒られていた常連さんがおりましたが、
たぶんそのくらいこの海鮮チヂミがおすすめなのだと思います。
常連になればなるほど、自由に注文ができなくなるこの雰囲気は、
どこか先代のお父さんを思わせるような接客でもありますね。

07112603.jpg


祝いの席に欠かせないチャプチェは普段とは違う作り方。
たいていの家庭料理店では春雨と野菜を炒めて作りますが、
丁寧に作る場合は、すべての食材に下味をつけてから和えます。

野菜のナムルを作り、キノコや牛肉を醤油味で甘辛く炒め、
ニンジンなどの野菜にも下味をして軽く炒め、麺は別に茹でおく。
全部の下ごしらえをしてから和えるのが料理本に載るレシピ。
それをやるとえらく時間がかかるため、たいていは短縮されます。

07112604.jpg


白身魚のジョン(衣焼き)と、エホバクのジョン。
エホバクは未熟な状態で収穫する韓国のカボチャです。
これも宴席や、人が集まる席では定番ですね。

07112605.jpg


この日は本当に特別な料理のオンパレードでした。
スケトウダラの生干しを大根と煮込んだコダリチム。
韓国では干したスケトウダラをよく食べますが、
生干しにしたもの、というのはなかなか見かけません。

誕生日祝いといいつつも、我々のほうが大喜びだったかもですね。
気持ちよく飲み、店でよく見かける常連さんがたと語り合い、
記念写真を撮ったりもしながら、楽しく飲ませて頂きました。
最後のほうはオモニの誕生日を忘れていたかもしれません。
気持ちよく飲ませて頂いた、店の方々に感謝です!

店名:チャムナム家(ちゃむなむちぷ)
住所:東京都新宿区百人町1-3-3サンライズ新宿1C
電話:03-3205-9233
営業:11:30~翌0:30
定休:なし

※この店は『東京 本気の韓国料理店』のP46にも紹介されています。

<過去の関連日記>
(04月14日)新大久保「チャムナム家」でタットリタン。
(04月19日)新大久保「チャムナム家」でタットリタン。
(04月20日)新大久保「チャムナム家」でキムチチゲ。
(10月12日)新大久保「チャムナム家」でテンジャンチゲ。
(12月06日)新大久保「チャムナム家」でユッケジャン。
▲(2006年)
▼(2007年)
(01月15日)新大久保「チャムナム家」でユッケジャン。
(02月04日)新大久保「チャムナム家」でまかないごはん。
(05月19日)新大久保「チャムナム家」でタットリタン&スユク。
(05月25日)新大久保「チャムナム家」でダブル鶏&出前料理。
(06月27日)新大久保「チャムナム家」でテジカルビ。
(07月11日)新大久保「チャムナム家」でツアーご招待。
(11月11日)新大久保「チャムナム家」でお会いした皆様へ。
2007.11.26.Mon 22:18 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(2)
<< 2017.04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。