FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
07121601.jpg


ここ数年、日常的に韓国料理を食べていますが、
特別な日もやっぱり韓国料理だったりします。

大事なお客様が東京に出てくることになり、
東京駅から近いところで、どこか韓国料理店をという展開。
しばらく考えて思いついたのがコチラのお店でした。
以前、ランチでは利用しましたが、ディナーで来るのは初めて。
銀座にある宮中料理店「銀座南漢亭」です。

荻窪にある老舗「南漢亭」の姉妹店。
総席数20席という小ぢんまりとした店ですが、
そのぶん落ち着いて食事ができるメリットがあります。

しかも予約をしてみると、運よく個室があいておりました。
4名までの個室は、先着順で利用ができます。
ゆっくり会話を楽しみたいときにはオススメです。

注文したのは「綿花膳」というディナーコース。
ランチ、ディナーとも充実したコースが用意されています。
コースによっては当日注文でも大丈夫ですが、
席数を考えると予約して行ったほうがいい店ですね。
既定のコース以外にも、限定コースなど色々準備されているようです。

冒頭の写真、松の実粥から始まり……。

07121602.jpg


コロンとかわいいサイズのマンドゥ(餃子)。
通常はチャプチェ(春雨炒め)が前菜として出るようですが、
この日はマンドゥに変わったとのことでした。
丸い形に包むのが韓国式餃子の特徴です。

07121603.jpg


5種類のナムルに、奥が3種類のキムチ。
豆モヤシ、ゼンマイ、ホウレンソウなどの定番ナムルとともに、
白菜のナムル、キノコのナムルが盛り付けられています。

07121604.jpg


キムチは手前から牡蠣、白菜、切り干し大根という3種。
牡蠣は小ぶりなものを使い、オリクルジョッ(小牡蠣の塩辛)風です。
このシーズン、いい牡蠣を食べると幸せな気分になりますね。

07121605.jpg


序盤の流れから、いきなり豪華な宮中料理が登場。
8種類の具を小麦粉の薄焼きで食べるクジョルパンです。

「銀座南漢亭」のクジョルパンは素材の細切りが見所。
極細に仕上げることで、全体の食感を整えています。
8種類の具は牛肉、ニンジン、キュウリ、エビ、シイタケ、
錦糸卵、ミツバ、タケノコというラインナップ。

韓国料理の基本である陰陽五行の考え方に則って、

赤:ニンジン、エビ
青:キュウリ、ミツバ
黄:錦糸卵
白:タケノコ
黒:牛肉、シイタケ

という5色を揃えてあるのが特徴です。
5つの要素をすべてバランスよく摂取することで、
心身の健康を保つという意味が込められています。

また、ミルチョンピョンという小麦粉の薄焼きには、
カイワレ大根がちょこんと乗せられています。
ちょっとズレて乗っていたので、おや? と思ったのですが、
これは1枚ごとに挟みこんで、はがしやすくする工夫でした。

店によって砕いた松の実をはさんだりもしますが、
宮中料理を象徴するような、細かい工夫のひとつです。

07121606.jpg


続いて運ばれてきたのがジョンの盛り合わせ。
手前にあるのがズッキーニとひき肉を挟んだエゴマの葉。
奥にあるのは白身魚、車エビ、キムチのジョンでした。

プリプリの車エビも美味しかったですが、
個人的にはひき肉を挟んだエゴマの葉がお気に入り。
ほかにも色々挟んでみると面白いかもですね。
いつか自分でも作ってみようと思った一品でした。

07121607.jpg


1人にひとつ。小さな土鍋で運ばれてコチラの料理。
名前を聞いて驚きました。なんと、カムジャタンです。

カムジャタンといえばボリューム料理の代表格。
豚の背骨とジャガイモがゴロゴロする豪快な料理ですが、
こうやって出てくるというのには意表を突かれました。

しかもいままで食べたことのないような上品なカムジャタン。
骨もスペアリブか何かで、背骨ではななかったような。
シチューを思わせるような仕上がりに驚きました。
最近の店は本当に色々な角度から韓国料理を磨きますね。

「こんなのカムジャタンじゃない!」

と切って捨てる人もいるかもしれませんが、
僕はこの斬新なアイデアを評価したいと思います。

ちなみにメニュー上はこれが本日の逸品。
常にあるものではないのでご注意ください。

07121608.jpg


続いてこちらは本日の酒肴。
チョジャン(唐辛子酢味噌)ソースで食べるホタテの刺身です。
ワサビ醤油でもいいですが、チョジャンで食べると途端に韓国式に。
ぷっくりと肉厚なホタテでした。

07121609.jpg


さて、こちらが「銀座南漢亭」の看板料理。
岩手県産のいわい鶏を使ったサムゲタン(ひな鶏の鍋)です。

まず、丸のまま鍋で煮込まれたひな鶏を食卓で見せ、
いったん下げた後、器に取り分けてもう1度運んできてくれます。
上の写真はそうやって取り分けられた後のもの。

10数時間かけて煮込まれたスープは濃厚でありつつも上品。
そして柔らかな鶏肉の味わいがまた素晴らしいですね。
4年半ものを使用するという高麗人参の風味も溶け出ています。
胃にどっしりとした満足感を得られるメイン料理です。

07121610.jpg


最後はエゴマの葉のチャンアチ(醤油漬け)で包んだ寿司。
これを軽くつまんで、コースの料理は終了です。

07121611.jpg


伝統茶を飲みつつ、デザートで終了。
果物の後ろに隠れているのはヤックァ(薬菓)です。
蜂蜜やゴマ油を練りこんで揚げた古くからの高級菓子。
こういうのがひとつ添えてあるのは気が利いていますね。

以上の品を胃袋におさめ、大満足で食事は終了。
普段は韓国料理を食べないというお客様も、
赤くない、辛くない韓国料理の数々にご満足されたようです。

銀座にあるちょっと高級な雰囲気の韓国料理店。
特別な人とご一緒する際にもふさわしいお店です。

店名:銀座南漢亭
住所:東京都中央区銀座6-8-7交詢ビル4階
電話:03-5537-7702
営業:11:30~16:00、17:00~23:00(月~金)、11:30~16:00、17:00~23:00(土、日、祝)
定休:なし

※この店は『東京 本気の韓国料理店』のP70にも紹介されています。

<過去の関連日記>
(07月04日)銀座「銀座南漢亭」でランチ雪膳。
2007.12.16.Sun 19:45 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(0)
<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。