FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
08012601.jpg


昨年11月に「てじまぅる大久保店」で開催された、
平田牧場産金華豚の解体実演ショー
その第2回が「イーストアジアン新宿」で行われました。
普段食べている肉が、豚のどの部位に相当するのか。
それが一目瞭然にわかるという画期的な企画です。

今回、解体に使われたのは平田牧場産の桃園豚。
中国原産の金華豚を交配し、生産効率を高めた種とのことですが、
平田牧場では現在これを「平牧金華豚」と称しているそうです。
「てじまぅる」で金華豚と呼ばれているのは「平牧純粋金華豚」。

名称が定着したため、「てじまぅる」では桃園豚と呼んでいますが、
巷で「平牧金華豚」と呼ばれているのはこの桃園豚だそうです。
前回見た、金華豚よりもひと回りほど大きいものの、
それでも半身で30キロ、全体で6、70キロという小サイズ。
その希少さが、解体とともに目に見えて理解できる仕組みです。

08012602.jpg


解体は今回も平田牧場東京営業所の児玉所長。
大勢の人が見守る中、骨を外して部位分けしていきます。

見ているとわかるんですが、この作業はかなりの重労働。
マグロの解体ショーなども数人がかりで大変そうですが、
豚肉には骨を外したり、身をはがしたりという力技があります。
メリッ、メリッと音を立てながら、あばら骨をはがす作業など、
熟練の技の中にも、物理的な苦労が含まれておりました。

08012603.jpg


その卓越した解体技術にも驚かされますが、
それ以上に驚かされるのが、可食部位の少なさでしょう。
前回も同じ感想を書きましたが、骨を外し……。

08012604.jpg


脂肪をはがし……。

08012605.jpg


余分な脂を除いて肉としての形を整えたら……。

08012606.jpg


それって何グラムという程度の少なさ。

って、これは特に稀少な部位だからこの小ささですけどね。
首まわりから、ほんのちょっとしか取れない豚トロ。
しこしことした歯触りが人気ですが、このサイズには驚愕です。

もちろんその他の部位はこんなに少なくないですけどね。
でも、30キロの半身から骨を外したり、脂肪を取ったりすると、
豚肉の量としては、さらに少なくなるのが当たり前です。
美味しいところを食べようと思うと、それはなおさらですよね。

08012607.jpg


解体されてゆくさまをひと通り眺めたら、次は待望の試食。
ベランダで「てじまぅる」の金在浩社長が焼きの技術を披露します。

08012608.jpg


たったいま解体されて、たったいま焼き上がった桃園豚。
脂が網目に差し込んでジューシーな肩ロースからスタートです。
ゴマ油と塩で食べてもよし、サンチュに包んで食べてもよし。
うまい豚をここから、目一杯堪能です……。

と、思っていたのですが。
実はこの日、この後に第3回チンチャトークの予定が。

僕は出演者なので、開場時間よりも早く行かねばなりません。
最初の部位を味わったところで、なんとも無念の時間切れ。
このあと登場するだろう、ロースもヒレもモモも食べ逃し、
涙とヨダレをぬぐいながら、チンチャトーク会場に急ぎました。

できれば存分に桃園豚の魅力を味わいたかった。
楽しかったけれども、少し無念の桃園豚解体ショーでした。

店名:イーストアジアン新宿
住所:東京都新宿区百人町1-12-2セイザ新宿301号
電話:03-6413-7104
営業:応相談
定休:なし
http://r.gnavi.co.jp/a359600/custom1.htm

※この店は『東京 本気の韓国料理店』のP117にも紹介されています。

<過去の関連日記>
(11月06日)新大久保「てじまぅる大久保店」で金華豚解体実演ショー(前編)。
(11月07日)新大久保「てじまぅる大久保店」で金華豚解体実演ショー(後編)。
(11月25日)新大久保「イーストアジアン新宿」で鍋三昧とオフ会告知。
▲(2007年)
▼(2008年)
(01月20日)第1回新大久保出前オフ会後記。
2008.01.26.Sat 12:02 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(0)
<< 2017.03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。