FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
08020701.jpg


先日、取材でお邪魔したコチラのお店。
あまりに美味しそうな話ばかり聞かせて頂いたので、
我慢できず、プライベートでもう1度お邪魔してきました。
これまでも取材で食べたり、ランチで利用することはありましたが、
ディナーメニューをゆっくり食べるのは初めてです。

冒頭の写真、いきなり美しいポッサム(茹で豚)ですが、
これがこの冬から初めた新商品とのこと。
最近はどこの店にもあって、人気のある料理ですよね。

奥にある塩漬け白菜と、エゴマの葉で豚肉を包み、
左側にある大根キムチと、右側のアミの塩辛で味付けます。

サムジャン(合わせ味噌)を出す店も多いですが、
アミの塩辛と豚肉は、韓国では定番の組み合わせです。
なんでも豚肉の消化を促進させる役割があるとかなんとか。
また、アミの塩辛もそのままではなく、粉唐辛子などを加えた、
アミの塩辛ベースのヤンニョムジャン(薬味ダレ)でした。

見た目の見事さ通り、素晴らしい味わいでしたが、
もっと驚かされたのが、その奥に控えるウゴジクク
ポッサムの豚を茹でた残りの汁を有効利用したもので、
ポッサムを頼むと、サービスで一緒についてきます。

白菜を具にした、味噌味のスープというだけなのですが、
びっくりするほど白菜が甘く、食べつつも後を引く味わい。
豚肉から出た脂が、いい感じにコクを与えています。

こういう一工夫は気が利いていていいですよね。
ありふれた料理を、特別な一品に押し上げる一手間でした。

08020702.jpg


箸休めにと思って頼んだトマトサラダにも、
刻んだエゴマの葉と、揚げたスライスニンニクのトッピング。
ちょっとした工夫ですが、しっかり韓国テイストです。

08020703.jpg


キムチ盛り合わせはサービスで頂いてしまいました。
白菜キムチ、カクトゥギ(大根の角切りキムチ)、
キュウリのキムチという3種が別の器に盛られています。

08020704.jpg


まあ、とにかく野菜の使い方が見事な店なのですが、
このユッケも、普通のユッケとはひと味違います。

牛肉の合間に、ちょっと異なるシャキシャキの食感。
極細切りのタケノコが忍ばせてあるという仕掛けです。
韓国料理にタケノコを使うっていうのは珍しいんですけどね。

そういえば、コチラのママさんは全羅北のご出身。
全羅道には有名なタケノコの産地がありますからね。
そのあたりから生まれた発想なのでしょうか。

08020705.jpg


ちなみにこの日は陰暦1月1日にあたる旧正月。
韓国では陰暦で正月を祝うため、お祝いということで、
パッシルトク(アズキの蒸し餅)を頂きました。

アズキの餅は邪気を払う効果があると信じられており、
歳時風俗や、人生儀礼の場によく登場します。

08020706.jpg


メイン料理にはオリタン(鴨鍋)を注文しました。
小サイズと大サイズがあり、これは2~3人向けの小サイズ。
骨のついた鴨肉に加え、ネギ、ジャガイモなどの野菜が入ります。

韓国でもオリタンはいろいろな作り方がありますが、
タットリタン(鶏と野菜の鍋)の鴨版という雰囲気でしたね。
エゴマの粉と葉っぱがたくさん入っているので、
カムジャタン(豚の背骨とジャガイモの鍋)風の味でもあります。

どうしても肉質が堅いのは仕方ないところですが、
鴨らしい野趣あふれる味わいは魅力的です。

08020707.jpg


もうひとつのメインとして期待していたプルコギサラダ。
牛焼肉の下にたっぷりの生野菜を敷き詰めた料理です。
ランチの人気メニューとして定食スタイルになっているのですが、
ちょっとした裏ワザ風のアレンジがあり……。

08020708.jpg


なんと、底にウドンを入れてもらうことができます。
ランチメニューには、しっかり記載されているんですけどね。
定食のイメージが強いと、つい見逃しがちな情報です。
ママさんの息子さんは、店に来るとこればかりを食べるとか。

08020709.jpg


シメには高麗人参ジュースを注文しました。
高麗人参をミキサーにかけ、牛乳と蜂蜜を加えた飲み物。
下手なものだと、たいてい土臭くて飲みにくいのですが、
ここの高麗人参ジュースは飲みやすく、たいへんに美味です。

ランチに行くと、これがサービスで出てくるという贅沢さ。
赤坂界隈で昼食をとるときは、ぜひともおすすめしたい店です。
もちろんディナーでも目いっぱい楽しんできましたけどね。

さすがに頼みすぎて、おなかがはちきれんばかり。
取材も楽しいですが、やはりプライベートで行くのがいちばんです。

店名:古家庵(こかあん)
住所:東京都港区赤坂3-20-8臨水ビル地下1階
電話:03-5570-2228
営業:11:00~14:00、17:00~23:00
定休:日曜日、祝日

※この店は『東京 本気の韓国料理店』のP84にも紹介されています。

<過去の関連日記>
(07月30日)赤坂「古家庵」でトンテジグイ定食。
2008.02.07.Thu 17:44 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(2)
<< 2017.03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。