FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
08022901.jpg


先日、『月刊スッカラ』の取材でも伺ったコチラの店。
ちょうど1周年ということで、再度お邪魔してきました。
この日は来たお客さんにマッコルリの振る舞い酒が。
金曜日だったことも手伝って、店内はいっぱいでした。
10時前後という、けっこう遅い時間に行ったんですけどね。

冒頭の写真は突き出しがわりに出して頂いた、
茹で豚と、奥に見えるのが振舞って頂いたマッコルリ。
キムチを漬けるような、巨大な甕から汲んで頂きました。

08022902.jpg


チャンジャ(スケトウダラの内臓の塩辛)などをつまみつつ、
マッコルリからビールに戻るという普段とは逆パターン。
マッコルリとビールを混ぜて飲んだりもしていました。
ビールがプレミアムモルツなので、いい感じのコクが出ますね。

ビールとマッコルリのカクテルもメジャーになってきましたが、
それも銘柄を工夫してみると、また面白いのではと思ったり。

08022903.jpg


さらに、海鮮チヂミのハーフなどをつまんでいると……。

08022904.jpg


テーブルの真ん中に星模様のついたメルヘン七輪が登場。
数えきれないほどのスターが輝いておりますが……。

08022905.jpg


それに輪をかけて魅力的なスターが続々と登場。
口の中で脂がじゅわっと、とろける和牛のミスジです。

ほかにもこの日のおすすめメニューとして、
リブ芯、マキ、ザブトンといった希少部位が並んでいましたね。
悩みに悩んでミスジを選択したのですが……。

08022906.jpg


料理長さんから味見用としてザブトンを頂いちゃいました。
名前の通り、四角形のザブトン型に切られていましたね。
ミスジも美味でしたが、このザブトンも悶絶するほど美味。
さっくりとした歯触りの中に、うまみと脂が凝縮されています。

08022907.jpg


正肉部位で激しく悩み、1品だけの注文にとどめたのは、
ホルモンの5種盛りを注文したかったからです。
5種盛りは日によって、ラインナップが入れ替わりますが、
この日はコプチャン(小腸)、ギアラ(第4胃)、シマチョウ(大腸)、
テッポウ(豚の直腸)、豚ホル(豚の大腸)という5種類。

ポイントは札幌名物として知られる豚ホルが入ること。
コチラの店は、もともと札幌にある人気焼肉店なんですよね。
もともとは料理上手なお母さんが始めた店らしいですが、
現在は4人兄弟の長男、長女が札幌の本店を継承。
次女、次男のお2人が東京店を切り盛りしているとのことです。

ちなみに先日の『月刊スッカラ』は家庭料理が本全体の統一テーマ。
飲食店紹介は、必ずしも家庭料理に限らなくてよいとのことでしたが、
そんな兄弟エピソードから、この店を候補にあげた裏幕があります。
焼肉がメインの店ですが、実際は家庭的な雰囲気が自慢の店。

そんな内容を記事にしっかり込めたかったんですけどね。
文字数の関係で書ききれなかったので、ここで補足しておきます。

08022908.jpg


1周年記念に作られたパッシルトク(アズキの蒸し餅)。
先日行った赤坂の「古家庵」でも、旧正月にこれが出ましたが、
こういう料理を手作りできる店というのは実力があります。

日本のおはぎなどに比べるとかなり甘さは控えめですが、
その素朴な味わいが、ふっと郷愁を感じさせてくれます。
アズキだけでなく、中にはウグイス豆なんかも入っていましたね。
ちょっと手の込んだ、パッシルトクという雰囲気でした。

08022909.jpg


シメは「コサリ」名物のデザート、ソフトクリームジンセン。
前回も書きましたが、この店に来てこれを食べないのは愚かの極み。
ぜひ、最後にデザートを味わう胃袋を残しておいてください。

これ、ソフトクリームだけでもめちゃくちゃうまいんですけどね。
後ろに見えている高麗人参酒と、ハチミツがさらなるポイント。

08022910.jpg


とろーりかけ回すことで、ぐっと大人の味わいになります。
今回、料理長さんに美味しい食べ方をうかがいましたが、

1、まずソフトクリームだけで味わう
2、高麗人参酒をかけてほろ苦さを味わう
3、ハチミツもかけて、ほろ苦さにコクのある甘さを加える

といった順序で3段階に味わうのがおすすめとか。
最初に写真を撮りたい僕には、非常に難しい食べ方ですが、
この日はもうひとつ頼んでいたので、そちらで実践。
確かに、味の変化とともに楽しめる食べ方でした。

それにしても、もう1年とは早いものですね。
今後、ますますの発展を祈りたいと思います。

店名:Korean Dining KOSARI TOKYO
住所:東京都港区東麻布2-19-3ミレーヌ東麻布1階
電話:03-3582-1228
営業:11:45~14:30、18:00~翌1:00(月~金)、18:00~24:00(土、日、祝)
定休:不定休
http://www.kosari.jp

<過去の関連日記>
(12月05日)東麻布「コサリ」で焼肉三昧&絶品デザート。
▲(2007年)
▼(2008年)
(01月30日)東麻布「コサリ」でまかない牛スジスープ。
2008.02.29.Fri 13:48 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(2)
<< 2017.09 >>
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。