FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
08031101.jpg


僕の仕事はライターなので取材はするほうが多いですが、
稀に取材される、という逆バージョンもあったりします。
韓国料理の話だけを書いているライターというのは少ないので、
なぜ、そこにハマったのか? という部分を語るような感じ。
狭い韓国業界の中でも、さらに隙間産業ですからね。

料理を作って売るでもなし、生徒さんを集めて教えるでもなし。
食べて語るだけ、という職業は確かに考えようによっては奇妙です。
料理全体に広げれば、まあ充分にアリなのでしょうが、
韓国料理だけ、となると極端に狭い守備範囲になりますからね。

僕自身は大きな可能性を感じつつ仕事をしていますが、
他の人には理解しにくい、というのもよくわかります。
まあ、そのおかげで、

「なぜ韓国料理なのでしょう?」

といった取材をして頂けるのですから恵まれています。
韓国料理にハマったきっかけから、僕が感じている魅力など、
約1時間にわたって、念入りに取材して頂きました。

その話は3月25日の朝日新聞朝刊に載る予定とのこと。

朝日新聞を購読している人はぜひチェックしてください。
購読していない人も、駅の売店などで買ってくださいね。

その取材が終わって、記者さんと食べに行ったのが、
「BCD TOFU HOUSE」のスンドゥブチゲ(柔らかい豆腐のチゲ)です。
新大久保での昼食には、非常に使い勝手のよいお店ですね。

特にお仕事関係の方と食べる場合は、店内もきれいですし、
専門店なので、相手に何を食べたらよいのか悩ませる必要もない。
また、スンドゥブチゲは嫌う人がほとんどいないメニューでもあります。
あ、もちろん辛いのがダメという人は別ですけどね。

こうしてブログで書くのはずいぶんと久しぶりですが、
実際にはちょこちょこと打ち合わせがてら足を運んでいます。
仕事上の会食なので、写真を撮るような雰囲気でもなく、
結果としてブログの記事には上がってこない店。

この日は僕に関する取材を受けていたので、
普段はこんな感じです、という意味でもしっかり撮影。

記者さんは味噌味のテンジャンスンドゥブをチョイス。
僕はキムチの入ったキムチスンドゥブを注文しました。

簡単にいえばキムチチゲとスンドゥブチゲの融合した料理。
キムチの酸味が加わり、新たな味のスンドゥブチゲとなります。
韓国にいた頃は、このキムチスンドゥブをよく食べました。
キムチチゲや、スンドゥブチゲよりも、微妙に値段が高くなるので、
今日は贅沢しよう! というプチゴージャスな料理でした。

といっても当時、3300ウォンですから300円ちょっと。
お金のない留学生時代ならではの、贅沢だったと思います。
ちなみにキムチチゲ、スンドゥブチゲは2500ウォン。

08031103.jpg


スンドゥブチゲと一緒に並んだ副菜の数々。
奥に見えている生卵を、好みでチゲに割り入れます。
卵を入れることで辛さがマイルドになるとともに、
特有の濃厚な黄身の味わいを一緒に楽しむことができます。

スープが薄まって嫌だという人は入れない自由もあり。
むしろ卵かけごはんにする、という選択肢もありますしね。

08031102.jpg


この店が素晴らしいのは、ごはんをその都度炊いてくれること。
注文ごとに約13分かけて、1人前の石釜でひとつひとつ炊きます。
炊きあがったごはんはツヤツヤと輝いており、やっぱり美味ですね。

なお、ごはんは別の器に取り分け、石釜には水を注いでヌルンジに。
石釜の余熱でアツアツの香ばしい飲み物へと生まれ変わります。
ほのかな香ばしさが加わった、白湯のような飲み物ですが、
韓国では昔からお茶がわりに飲まれておりました。
これを飲むことで、消化を助ける働きもあるとのことです。

石釜のまわりに貼り付いた、ごはんを食べるのもまた魅力。
香ばしいオコゲが水を吸って柔らかくなり、米本来の甘さを楽しめます。

あ、そうそう。

仕事関係の人と行くのに最適と先ほど書きましたが、
ひとつひとつごはんを炊く関係で、料理を待つ時間はかかります。
そのあたりは事前に伝えておく気遣いがあるといいでしょうね。

「ここは注文ごとに石釜でごはんを炊いてくれるんですよ!」

初めて行くときは、その一言をまず伝えておくべしです。
同様に次のアポイントがあったり、極端におなかが減っているなど、
待ち時間がしんどいときは、別の店に行く選択肢を考えたほうが無難です。
しっかり待ってでも美味しく食べたい人におすすめしたい店。
ウナギを食べるのと同様に、じりじり待つのも魅力のひとつです。

店名:BCD TOFU HOUSE
住所:大久保1-15-15秋山ビル1階B号室
電話:03-5292-6086
営業:10:00~24:00
定休:火曜日

※この店は『東京 本気の韓国料理店』のP65にも紹介されています。

<過去の関連日記>
(03月07日)新大久保「BCD TOFU HOUSE」でスンドゥブチゲ。
(09月01日)新大久保「BCD TOFU HOUSE」でミックススンドゥブ。
▲(2006年)
2008.03.11.Tue 12:38 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(19)
<< 2017.06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。