FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
08041601.jpg


打ち合わせなり、会食なり、ただの飲み会なり、オフ会なり。
韓国関係で集まるときに店の選択を任されることがあります。
自分の行きたい店をゴリ押しすることもたまにありますが、
たいていはエリアや料理のイメージなどリクエストをまず伺います。
そのうえでいくつか候補をあげ、選んでもらうことが多いですね。

ある程度、選択肢があったほうが気持ちも盛り上がりますし、
選ぶ過程で料理を味わうイメージも膨らんでいきますし。
もちろん、

「すべて八田さんにお任せします!」

という方もおられますが、
そういう方は、むしろ知らないで行く楽しさを満喫したいようで。
もちろん人それぞれなので、どちらにも対応致します。

この日はエリアが新大久保ということでまず確定。
また、これまでに何度か新大久保をご案内した方なので、
同じ店を避けつつ、いろいろなタイプの店を混ぜて提案しました。
それが以下の4店舗。いずれも特徴を持ったいいお店です。

菜彩厨房さんぱ家
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-109.html
チャムナム家
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-694.html
はるばん
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-702.html
韓サラン
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-661.html

どの店を選んでくれるかなぁ、と楽しみにしていたところ、
「菜彩厨房さんぱ家」ということで返事が来ました。
参加者に意見を聞いてみたところ、ここがいちばんだったとか。
正直なところ「おお!」という気分でしたね。

なにしろここは新大久保でも屈指のオシャレな韓国料理店。

屈指というか、ほかにオシャレな店は皆無ですからね。
インテリアも凝っていますし、落ち着いた個室も完備。
新大久保では極めて珍しいキレイな雰囲気のお店です。

これまでも何度となく候補店舗に入れてきたのですが、
新大久保のイメージとずれるのか、あまりヒットしませんでした。
どうしても雑多で賑やかな雰囲気を想像するんでしょうね。

もちろんそれも韓国料理を味わう上で大きな魅力ですが、
ここ最近は新大久保を出るとオシャレな韓国料理店もたくさん。
その意味では新大久保ももっと多様化していいと思います。

08041602.jpg


看板メニューは店名通り、サムパプ(店では「さんぱ」と表記)。
サンチュ、エゴマの葉、茹でキャベツ、薄切り大根の酢漬けなど、
たっぷり葉野菜を用意し、焼肉とごはんを包んで食べる料理です。

肉はテペサムギョプサルという薄切りの豚バラ肉が定番ですが、
こちらの店では厚切りにした豚肉や、牛肉の選択肢もあり。
写真はテペサムギョプサルを焼いているところです。

ちなみにこのテペサムギョプサルのテペはカンナを意味し、
カンナで削ったように薄い豚バラ肉という意味になります。
肉を提供する上で「薄い」というのはマイナスのように聞こえますが、
ことこの料理に関していえば、薄さこそが魅力になります。

葉野菜でごはんを包み、そこに肉を加えるのですから、
ひと口で頬張れる大きさにするには限界がありますよね。
僕もかつてはなんでわざわざ薄い肉にと思っていましたが、
全体の一体感を考えると、圧倒的に薄いほうがプラス。
ちゃんと意味ある工夫だったんだ、と気付かされました。

また、この方式では焼く直前、醤油ダレに漬け込むのも定番。
さっと浸して味をつけ、タレを焦がしながら香りをつけます。
ごはんは黒米を一緒に炊き込んであるので赤飯風の見た目。
葉野菜で包むとともに、自家製の海鮮味噌で味を整えます。

ひと口で頬張れるサイズにするのはコツがいりますが、
手巻き寿司と同じで、そのうち適正な大きさがわかってきます。
キムチを入れたり、ニンニクを入れたりとアレンジを加えながら、
お気に入りを探していく、という楽しさもある料理ですね。

08041603.jpg


葉野菜たっぷりなので、ヘルシーさも自慢の料理ですが、
それをさらに補完する形で、黒ゴマのお粥なども登場。

08041604.jpg


サイドオーダーにはキムチチムを注文してみました。
煮込んだ古漬けキムチに茹で豚と豆腐を添えた料理。
酸味の出たキムチで、豚肉と豆腐を包んで食べます。

08041605.jpg


表面がカリッと仕上がった海鮮チヂミなどもつつきつつ。

08041606.jpg


最後のシメには冷麺などを頼んでみました。
玉砂利のような氷が入った清涼感あふれる一品。

08041607.jpg


キムチリゾットは混ぜた後の状態で失礼。
トイレに行って戻ってきたら、すでにこうなっていました。
たっぷりのチーズに、たっぷりのキムチが入ったリゾット。
最近はチーズとキムチの組み合わせをよく見ますが、
同じ発酵食品同士だからか、意外に相性がよいのです。

ちなみにこの料理は姉妹店である新橋「甘楽屋」とのコラボ。
「甘楽屋」と書いて「からや」と読ませるのですが、
この店の設定というのが実にユニークで興味をそそられます。

舞台は江戸時代後期。当時流行した牛鍋をモチーフに、
架空の「牛焼屋」が存在したとして、ストーリーを作って小説化。
それを飲食店として再現した、という設定だそうです。
江戸と韓国のフュージョンという、奇抜な発想の店らしいので、
こちらも近々、ぜひ足を運んでみたいと思っています。

ということで、この日はここでお開き。

打ち合わせも兼ねていたので個室は嬉しかったですね。
新大久保でちょっと落ち着いた雰囲気を求めたいときには、
ぜひおすすめしたい1軒です。

店名:菜彩厨房さんぱ家
住所:東京都新宿区大久保2-19-1セントラル大久保ビル地下1階
電話:03-5292-6951
営業:17:00~翌5:00
定休:なし
http://www.sanpaya.com/

<過去の関連日記>
(12月30日)菜彩厨房さんぱ家でサンパプ。
▲(2005年)
▼(2006年)
(01月21日)大学時代の恩師と食事。
(04月27日)新大久保「さんぱ家」でサンパプ。

※この店は『東京 本気の韓国料理店』のP50にも紹介されています。
2008.04.16.Wed 13:27 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(3)
<< 2017.11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。