FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
08060710.jpg


大阪天満宮の隣にある天満天神繁昌亭。
2006年にオープンした上方落語の寄席だそうです。
この日はチングの2人もお呼びがかかっており、
行ってみると、しっかり名札が掲げられておりました。

落語家の方が黒文字で書かれているのに対し、
チングをはじめとした、他の芸人さんは赤文字で書かれます。
色をつけて区別したところから、色物と呼ばれるのだとか。
なるほど、ひとつ勉強させて頂きました。

08060711.jpg


ちなみに楽屋裏へ行くと、チングがネタ合わせ中でした。
改めて彼らの漫才を聞くというのは新鮮ですね。

ただ舞台までの待ち時間、楽屋に入れて頂いたのですが、
知らない顔、というのは多くの方に緊張を与えるようです。
若手落語家さんなどは、はっ! という顔で、

「はじめまして。○○と申します!」

などと、素早く丁寧なご挨拶をしてくれました。
芸の世界では、挨拶こそもっとも重要なことだと聞きますが、
こちらはそんな世界に慣れていないので、オタオタし……。

「あ、あの。チングの付き添いで来ました八田です」

などの妙な挨拶を返すのが精一杯。
ド素人が偉そうに楽屋へもぐりこんでいるのか、
多くの皆様に、疑問を抱かせたのではないでしょうか。
いい経験にはなりましたが、いやはや冷や汗をかきました。

08060702.jpg


どころか終わった後は、打ち上げにも混ざっていたり。
しかも、その打ち上げ会場というのが西梅田にある、
「bibim'」というスンドゥブチゲ(柔らかい豆腐の鍋)の専門店。
この打ち上げの前日、取材でお邪魔した店だったりします。

そんなことはまったく知らず、会場についてから、

「え、ここですか!?」

と驚いた一幕も。
大阪には星の数ほど飲食店があると思いますが、
わずか2日目にして、それが偶然重なるという確率はいかほどか。
前日話を伺った店長さんとも再会し、実に不思議な気分でした。

裏を返せば、それだけここが人気店だということなのかも。
店内はほとんど女性客で、ぎっしり埋まっておりました。

スンドゥブチゲをメインとした韓国料理店ですが、
他の料理も用意されており、この日は宴会用のコースでした。
すぐ上に掲げた写真、キムチ盛り合わせからスタートし……。

08060703.jpg


チョレギサラダ。

08060704.jpg


キムチチーズチヂミ

と出てきたあたりで、他のテーブルとの違いが発覚。
なんでもコチラのお店では、「辛いコース」と、
「辛くないコース」の2種類を準備しているとのこと。

韓国料理の辛さが不安な人は、辛くないコースを選択すると、
チョレギサラダがオリジナルのスンドゥブサラダになり、
キムチチーズチヂミも、海鮮チヂミに変わるという配慮がありました。

我々は店内奥にある3テーブルを独占していたので、
奥は辛くないコース、中央は両方をハーフ&ハーフで、
手前は辛いコースというように、オーダーされていたようです。
席に着く前に、

「辛いのが得意な人はあちらから、苦手な人はこちらへ」

と誘導して頂いたのはそういう理由だったか! と納得しました。
ストレートですが、「辛くないコース」というのはアイデアですね。

08060705.jpg


辛いコースではトッポッキ(餅炒め)。
他テーブルの料理までは写真を撮っておりませんが、
辛くないコースではチャプチェ(春雨炒め)が出ていました。

08060706.jpg


コチュジャンプルコギ(豚肉のコチュジャン炒め)は、
サムギョプサル(豚バラ肉の焼肉)に変わっていた模様。

08060701.jpg


そしてこれがメインのスンドゥブチゲ。
5人前を巨大なトゥッペギ(鍋)に盛りつけております。
スンドゥブチゲは海鮮、マンドゥ(餃子)、ホルモンなどの具を選べ、
我々のテーブルではキノコ入りのスンドゥブチゲをチョイスしました。

08060707.jpg


ごはんは石釜で炊き立て。
立ち上る湯気がまたたまらないですよね。
白いごはんを真っ赤なスープで染めつつ、わしわしと食べる。
宴会のシメとしては、なんともたまらない喜びです。

ちなみにコチラのお店のマネージャーさんは業界の有名人。
東京では恵比寿に位置するコチラの名店を育てた方でもあります。
今回の取材では残念ながらお会いできませんでしたが、
またゆっくり大阪での韓国料理事情など伺いたいものですね。

2006年12月にオープンした「bibim'」もはや3店舗。
豚をメインにした「でじとんね」など系列店も好調のようです。

店名:bibim'西梅田店
住所:大阪府大阪市北区梅田2-1-21レイズウメダビル1階
電話:06-6343-7759
営業:11:30~15:00、17:00~翌1:00(月~金)、17:00~24:00(土、日、祝)
定休:なし
2008.06.12.Thu 12:53 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(4)
<< 2017.03 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。