FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
3月19日の日記タッカンマリ(丸鶏の鍋)について書きました。
福岡県の博多天神に専門店がオープンしたので食べに行き、
4月1日に配信したメルマガでもその詳細を報告しています。
すると昨日、それを読んだという店長さんからメールを頂きました。
詳細は控えますが、タッカンマリについてずいぶん真剣に考えてらっしゃるようです。

そのメールを読んで僕もいろいろ考えたのですが、
タッカンマリはやはりずいぶん特殊な料理なのだと思いました。
韓国での知名度は少なく、ソウルでもさほど店は多くない。
にもかかわらず、日本での知名度は不思議なほど高いという料理です。

加えて、元祖格とされる店がきっちりと決まっています。
鍾路5街の「チンハルメ元祖タッ」こそが評判の老舗であり、
現地でも待つのが嫌いな韓国人が行列を作る店です。
タッカンマリの代名詞というか、そのものみたいな店。
当然日本のガイドブックにもこの店が紹介されております。

たいていの日本人はタッカンマリをこの店で食べるので、
日本でタッカンマリが食べたいという人はこの店のそれをイメージします。
他の料理だと、店ごとに少しずつ違いがあって当たり前ですが、
タッカンマリにはそれがないので、料理の幅が異常に狭い。
ちょっと違うだけでも、「これは違う!」ということになりかねません。

まあ、たいてい「違う!」って言うのは僕みたいな人なんですけどね。
やれ丸鶏じゃなきゃダメだとか、金ダライで煮るのが正式だとか。

また、見た目だけでなく味も現地のそれをイメージしますので、
行列ができるくらい美味しくなければ、やっぱり「違う!」ということになる。
店側にとっては異常にハードルの高い料理となってしまいます。
丸鶏を煮込んだだけの鍋にしては、えらく複雑な話ですよね。

鶏そのものがよければある程度は解決するのだと思いますが、
日本では丸鶏のコストが高く、またサイズも問題になってくるようです。
韓国のように丸鶏を食べる習慣がないので、そもそもの品が少ない。
丸鶏といえば丸鶏でしかなく、サイズを選ぶというのが難しいようです。
韓国は雛鳥から親鶏まで、丸ごと使う料理がたくさんありますもんね。
同じように考えると、難しいことがいっぱい出てくるみたいです。

消費者の立場でいつも気楽なことばかり書いておりますが、
経営する側からみると、大変なことが多いんでしょうね。
タッカンマリを東京で切望する気持ちにはかわりないので、
ぜひとも「鶏一羽」には頑張って欲しいと思います。

<過去の関連日記>
(03月19日)博多天神の「鶏一羽」でタッカンマリ。
2006.04.03.Mon 14:24 | 考察 | trackback(0) | comment(0)
<< 2017.05 >>
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。