FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
09031801.jpg

韓国リピーターであれば、このロゴをご存知のはず。
店に入ったことがなくても、たぶんあちこちで見ていますよね。
上の写真にあるように、400店舗展開のフライドチキン店。
日本では「TWO TWOチキン」という名前でいくようですが、
韓国では「トゥルドゥルチキン」という名前で知られています。

まあ、「トゥルドゥル」というのが「2」を重ねた言葉なので、
翻訳すれば「TWO TWOチキン」でも意味は同じです。
そもそもロゴからして「TWO TWO」ですしね。

いやはや、それにしても。

こんな有名店が進出していたとは知りませんでした。
聞けばオープンは昨年の11月とのこと。もう4ヶ月になりますね。
すでに赤坂界隈の韓国通には、知れ渡っているようです。
特に韓国人は本場の味に喜んでいるようですね。

09031802.jpg

場所はエスプラナード赤坂商店街(田町通り)沿い。
「チョンギワ新館」や、「おんがね」のあるあたりですね。
地下だけに場所はさほど目立ちませんが、
「TWO TWOチキン」の赤いロゴはさすがに目を引きます。

09031803.jpg

早速、メインメニューのフライドチキンから賞味。

薄めの衣でカラッと揚げているのが特徴とのこと。
かぶりつくと、衣からか下味からか、独特の香りが漂います。
フライドチキンの店はどこも秘伝のパウダーを持っていますが、
シナモン系の甘い香りが混ざっているように感じました。

お店の方にいろいろ薀蓄を聞いてきましたが……。

・揚げ方、味付けなどは韓国と同じ
・圧力フライヤーを使った2度揚げがポイント
・鶏は国産の若鶏を使用
・鶏は仕入れた後、24時間熟成させる

というあたりがポイントの様子。
特にいちばんこだわったのは鶏のサイズみたいですね。
皮目に脂がつかない700グラムが絶対条件とのこと。

確かに新大久保あたりで食べるフライドチキンは、
どこも1キロサイズが標準なので、やや小さめになりますね。
サムゲタン用と、通常フライドチキンの中間的サイズです。
過剰な脂っぽさがなく、身も締まっているのがメリットとか。

ただ、国産で700グラムって相当珍しいです。

韓国ではひな鶏需要が大きいのでそのサイズもありますが、
日本では採算が合わないので、まず養鶏業者が扱いません。
小さいサイズの鶏が必要な場合は、外国産を使うのが主流。
ブラジル、アラブ、アメリカあたりの鶏がよく出回っています。

「よく日本で700グラムがありましたね!」

と驚いて尋ねたところ、
特別注文でおろしてもらっている、とのことでした。
そこは大手チェーンの強みということになるのでしょうか。

ちなみに上のひと皿が鶏1羽(1900円)。
ハーフでも注文することができるとのことです。

09031804.jpg

こちらも定番のヤンニョムチキン。
店ではコチュジャンチキンの名前で売られています。
フライドチキンとこの2種類は韓国とまったく同じ味付け。
それに加えて、激辛味のスパイシーチキンと、
ニンニクソースのガーリックチキンを新たに開発したそうです。

それぞれ少しずつ味見をさせて頂きましたが、
個人的にはフライドチキンがいちばんの好印象。
鶏の味と、パウダーの味がよくわかりますね。

09031805.jpg

赤坂という場所柄、早速芸能人もやってきている様子。
チョン・ジュノ、チャン・グンソクが来た、と店の方が誇らしげでした。

でも、僕が気になったのは、むしろいちばん右の野球選手。
WBCでいま大活躍しているキム・テギュン選手らも来店したそうです
アジアラウンドの際、本場の味で元気をつけていったようですが、
「なんて余計なことを……」と心の中で店の評価が少し下がったり。

でも確かに、チキン好きな韓国人には嬉しい店でしょうね。
事実、デリバリーも行っているため、近隣の店などから注文殺到。
むしろデリバリーで忙しい、という状況になっているそうです。

昨年、引っ越してから赤坂は地下鉄1本なので、
これからもちょくちょく通ってみたいですね。

韓国式フライドチキンは新大久保でも店が乱立していますし、
大手の「BBQ」なども、すでに日本進出を果たしています。
韓国フライドチキン業界の活躍が、また楽しみになってきた感じです。

あと、最後に情報ひとつ。

韓国式フライドチキンに欠かせない、角切り大根の酢漬けですが、
残念なことにサービスでなく、1皿につき200円かかる模様。
行かれる方はその点のみ、気持ちの準備をしておくとよいかと思います。

店名:「TWO TWOチキン赤坂本店」
住所:東京都港区赤坂3-21-3センチュリオンホテル・レジデンシャル・赤坂地下1階
電話:03-3587-4122
営業:17:00~翌5:00(月~土)、11:00~23:00(日、祝)
定休:なし
2009.03.18.Wed 19:46 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(5)
<< 2017.08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。