FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
09041701.jpg

コリアうめーや!!第193号

<ごあいさつ>
3月15日になりました。
花粉のせいで涙と鼻水にまみれています。
油断をするとすぐ目が真っ赤になり、
口元まで、つつーっと鼻水がたれてきます。
本当にどうにかなりませんかね、この季節。
とつい愚痴をこぼしてばかりの毎日です。
さて、気を取り直して本題に。
今号のメルマガでは少し変わった切り口に挑戦します。
いつも料理の話ばかり書いていると、
その中でも変化をつけたくなるんですよね。
新たな試みなので、うまくいくかはわかりませんが、
自分の中では、かなり盛り上がって書きました。
なにはともあれ、ごらん頂ければ幸いです。
コリアうめーや!!第193号。
労を惜しまぬ、スタートです。


<韓国料理のネーミングセンスを考える!!>

食べる前から美味しい料理がある。

運ばれてきた瞬間のオーラ。
見た目の美しさや、料理が発する音。
湯気とともに鼻をくすぐる香り。

溜め込んだ食欲を頂点にまで押し上げ、
空腹の極みにあった胃袋を狂喜で震わせる。
箸を取る手にも力がこもる瞬間だ。

その一方で。

食べる前はおろか、運ばれるよりも前。
名前からして美味しい料理、というのもある。

「霜降り豚のとろとろ吟醸煮」
「朝とれ白菜の瞬間冷却サラダ」
「1本釣り真鯛の春風焼き」

いずれもいま適当に作った想像上の料理。
実際の料理としてあるかどうかは知らないが、
聞いてぐっと来る料理名を目指してみた。

料理名は食前の期待感をあおるとともに、
イメージを予見させることで、味覚にも直結する。
料理名が実際の料理に与える影響は大きい。

といった前提を踏まえて。

僕は以前から韓国料理のネーミングに不満があった。
料理そのものは大好きなのだが……。

「いずれも料理名が安直すぎるのだ!」

ジャジャーン!
ババーン!
ドンガラガッシャーン!

重要な指摘、というアピールで擬音を補ってみた。
必要に応じて各自、頭の中で描いて欲しい。

また、上記のセリフを発している僕の姿は、
真剣な目つきをしており、2枚目度が少し上がっている。
そのあたりも考慮の上、この先を読み進めること。

さて、本題に戻って対比をひとつ。

身近なところで日本料理のネーミングセンス。
これはごく基本的な料理にも光るものが見える。

例えば蕎麦やうどん、丼料理、寿司など。

卵を入れた麺料理を「月見」と表現し、
油揚げを乗せたものは「キツネ」と呼ぶ。
派生した「タヌキ」もまたしかり。

鶏肉を卵でとじた丼は「親子丼」。
牛や豚など別の肉を卵でとじたら「他人丼」。
地名からとって「深川丼」というのも風情がある。

キュウリを巻いた海苔巻きは「カッパ巻き」。
マグロの赤身は鉄火場(賭博場)に由来し「鉄火巻き」。
海苔で巻いた握り寿司は「軍艦巻き」と見立てる。

いずれも普段から当たり前に使っている名前だが、
それぞれの意味を振り返ると、なかなかに感心させられる。
この粋なネーミングセンスが韓国料理にも欲しい。

その思いから、少し分析をしてみた。

09041703.jpg
光るネーミングセンスの月見うどん(具多め)。

09041702.jpg
光るネーミングセンスの深川丼。

09041704.jpg
光るネーミングセンスの軍艦巻き。

このメルマガを書くにあたってまず行ったのが、
270種類の韓国料理をピックアップすること。
その料理名を翻訳し、名前の由来を系統立てて分類。
韓国料理におけるネーミングの方向性を調べた。

結果、もっとも多かったのは食材名と調理法の融合だった。

例えばキムチチゲという料理が該当する。
キムチという食材を、チゲという料理に仕立てている。
料理名は「白菜キムチの鍋料理」という意味だ。

名前の付け方としてはもっともストレート。

このパターンで名付けられている料理が、
なんと、51.4%(139例)にものぼった。
半分以上が「食材名+調理法」で名付けられている。

ただし、このネーミングは韓国料理でなくとも、
世界各国、どこにいっても多いことだろう。

・焼き鳥
・チャーハン(炒飯)
・ローストビーフ

単純なだけに誰でも命名できる。
見た目一発なので、注文しやすいメリットはあるが、
芸がない、との見方もできる。

なお料理名に食材名を含む料理は79.3%(214例)。
調理法を含む料理は58.5%(158例)であった。
このうち重複するのが51.4%(139例)ということだ。

09041705.jpg
ストレートなネーミングの焼き鳥(ただし韓国式)。

09041706.jpg
ストレートなネーミングのチャーハン(ただし韓国式)。

09041707.jpg
ストレートなネーミングのローストビーフ(というか焼肉)。

さて、ここからである。

料理名の大半は食材名と調理法でできている。
これは予想された結果であり、求めるべきはそれ以外だ。
残りの半分にこそ、凝った名前が眠っているはず。

ということで、それぞれを詳細に分類。
以下のような要素が抽出できた。

なお、要素は重複するので合計は100%にならない。


・既存料理名を変化して使用(15.2%、41例)
 →コリコムタン、トルソッピビムパプ、オギョプサル

・外来語をそのまま使用(5.6%、15例)
 →ウドン、チャンポン、フライドチキン

・調理器具、または食器を料理名に使用(4.1%、11例)
 →カルグクス、クジョルパン、シンソルロ

・比喩表現を料理名に使用(3.7%、10例)
 →トッカルビ、ピンデトク、ヤッパプ

・発祥地、発祥由来を料理名に使用(3.7%、10例)
 →ソルロンタン、プデチゲ、ホットク

・提供方法を料理名に使用(2.2%、6例)
 →韓定食、タロクッパプ、アムゴナ

・料理の用途を料理名に使用(1.5%、4例)
 →ヘジャンクク、ポシンタン、スルクク

・味や食感を料理名に使用(0.7%、2例)
 →メウンタン、チョルミョン


一応、例として料理名も挙げてみたが、
ひとつひとつの詳細な説明はスペースの都合上割愛する。
かわりに以下で、いくつかを由来とともに詳述したい。

ともかくも全体的な傾向がこれで見えた。

ここからわかるのは全体的なバリエーションの少なさ。
そして、少ないバリエーションの中に納まる料理も、
絶対量として、非常に少ないということである。
特に比喩表現を用いた名前、発祥由来を含む名前が少ない。

あくまでも僕が抽出した料理だけの統計だが、
漠然と考えていたことが、裏付けられた結果だと思う。

韓国料理はもっと多様な名前が付けられていい。
風流な名前、粋な名前、食欲をそそる名前があっていい。
いや、むしろ前向きに工夫を凝らすべきである。

「僕はそれを強く訴えかける!」

ガツン!
ビシッ!
ズババーン!

先ほどと同様に、力強さの表現。
また、今回僕の表情は眉間に少しシワが寄っており、
男前度が2割ほど増していることを加えておく。

09041708.jpg
韓国語では日本語をそのまま流用してウドン。

09041709.jpg
韓国語では「なんでも」という意味のアムゴナ。

09041710.jpg
韓国語では「酒の汁」という意味のスルクク。

そして、ここからは可能性。

いたずらに韓国料理のセンスをけなしてきたが、
よくよく見ると、光るネーミングも少なからずある。
統計の中に埋もれてしまいがちな具体例の白眉。
それらを個人的に分類し、部門ごとに評価したい。

なお、前もって断りを入れておくが、
ここからは料理の由来や薀蓄の羅列となる。
テンポよく短めに語っていくつもりだが、
かなりの密度なので、覚悟をもってお付き合い頂きたい。

それでは……。

パンパカパーン!
ドンドンパフパフ!
パチパチパチ!

華やかさの表現なので、以下略。


<逸話部門>
1位:タンピョンチェ(緑豆のムクやナムルの和え物)
2位:ソルロンタン(牛肉や牛骨を煮込んだスープ)
3位:チョングッチャン(即席味噌で作った鍋料理)

タンピョンチェ(蕩平菜)は「蕩蕩平平」という四字熟語に由来。
どちらにも偏らないという意味で、多くの食材を融合させて作る。
朝鮮時代、権力闘争に明け暮れる貴族たちをいさめる目的で、
公平の象徴として作られたことから名前がついた。

ソルロンタンは「先農祭」という国家主催の農業祭が由来。
この農業祭の一環として、集まった民衆に牛のスープが振舞われ、
これを先農湯(ソンノンタン)と呼んだのが始まり。

チョングッチャンは漢字で清麹醤、または戦国醤と書き、
朝鮮時代に清の国から、戦争時の糧食として伝わった。
熟成期間を置かず、作ってすぐ食べられる味噌として重宝され、
その味噌を使った鍋料理も同名で呼ばれるようになった。

いずれも歴史的な逸話を備えた重厚感ある名前。
料理名そのものが、自身の奥深さをよく語っている。
こういう料理は文章を書いていても楽しい。

09041711.jpg
朝鮮時代の両班文化を感じさせるタンピョンチェ。

<トリビア部門>
1位:ホットク(中に蜜の入ったお焼き)
2位:スジェビ(すいとん)
3位:マッタン(大学芋)

ホットクは直訳すると「胡の餅」。
胡が中国を意味するので、中国風の餅という意味になる。
19世紀末に中国から伝わったことに由来し、
冬の屋台オヤツとしては100年続くロングセラー。

スジェビは「スジョビ」がなまった料理名。
手でたたむという意味で、小麦粉をこねる調理法が名前になった。
韓国人も語源を知らない場合が多く薀蓄としても秀逸。

マッタンはなまじ韓国語を知っていると、
「味+糖」という単純な単語の融合に思えてしまう。
だが本当は「麻糖」という、元の時代に伝わった料理が源流。
中華料理にルーツを持つ、歴史の古いお惣菜だ。

こういうトリビア的要素を含んだ料理も魅力的。
食べているときに、さりげなく語れると自己満足に浸れる。
僕のような薀蓄好きにはうってつけである。

09041712.jpg
原産国の名をさりげなく現代に残すホットク。

<焼肉部門>
1位:カルメギサル(豚ハラミ肉の焼肉)
2位:チャドルバギ(牛バラ肉の焼肉)
3位:チュムルロク(牛ロース肉に下味をつけて揉み込んだ焼肉)

カルメギサルは直訳すると「カモメ肉」。
韓国ではカモメも食べるのか、と勘違いする初心者も多いが、
切り離した部位の形が、カモメに似ていることから名付けられた。
カロマクサル(横隔膜の肉)がなまったとの説もあり。

チャドルバギは「石英の差し込んだ肉」の意。
この場合の石英は水晶などの美しい鉱物を意味する。
脂の差し込んだ様子を、石英に見立てた表現で、
日本の「霜降り」にも似た美しさがある。

チュムルロクは揉んだりいじくったりするときの擬音。
ロース肉にゴマ油、塩などを揉み込む調理法に由来する。
下味がつくとともに肉質を柔らかくする効果もある。

この焼肉部門は料理名でなく部位名称も含んだ。
韓国は肉の部位分けが豊富なので、名称も多岐に渡る。
美しい表現が見られるのも、当然かもしれない。

09041713.jpg
空を羽ばたくカモメに見立てられたカルメギサル。

<矛盾部門>
1位:タロクッパプ(ごはんとスープの定食)
2位:チョッパル(豚足)
3位:タットリタン(鶏肉と野菜の鍋)

タロクッパプは「別盛りにしたスープごはん」。
クッパプはもともと、スープにごはんを入れた料理だが、
そのごはんを、あえて別(タロ)にしたという意味。
客の需要に応えた結果だが、1周して名前が元に戻っている。

チョッパルとタットリタンは重複語の例。
チョッパルのチョッは漢字で「足」と書いて足を意味。
パルも固有語で「足」を意味するため、直訳すると「足足」となる。
そこまで足を強調しなくても、という料理名。

同様にタットリタンはタッが固有語で「鶏」。
トリは日本語の「鶏」が転化したと考えられている。
タンは「湯」と書いて鍋料理の総称。

古い時代に「トリタン」と呼ばれたものが定着し、
外国語であるために意味が不明瞭となり、鶏を頭に追加。
結果として二重表現になったと推測されている。

以上は語っていても、ちょっとニヤッとしてしまう名前。
日本で「チゲ鍋」などという表記を見るとムカッとくるが、
韓国料理の範疇に収まっている場合はなぜか微笑ましい。

09041714.jpg
矛盾を内包しつつも郷土料理として愛されるタロクッパプ。

<悲惨部門>
1位:ピンデトク(緑豆のお焼き)
2位:アムゴナ(揚げ物などのおつまみ盛り合わせ)
3位:ムルトムボンチム(アンコウの蒸し煮)

ピンデトクは名前の由来が2つ伝えられている。
ひとつはピンジャトク(貧乏人の餅)がなまったという説。
もうひとつはピンデ(南京虫)型の餅という意味。
どちらにしてもいい印象はなく、美味しいのに悲惨な名前。

アムゴナはビアレストランでよく見るおつまみ。
揚げ物やサラダ類が大皿に盛られ、団体客に人気がある。
直訳すると「なんでも」という投げやりな意味になり、
客の「なんでもいいから持ってこい!」というセリフに由来。

ムルトムボンチムのムルトムボンはアンコウの別称。
主に仁川地域での呼び名で、意味としては「水に捨てる魚」。
昔は食用としての利用価値がなく、水揚げされるそばから、
水(ムル)にドボン(トムボン)と捨てていた、という意味。

これらの料理からは妙な哀愁が漂っている。
たくさんの人に親しまれている料理であるにもかかわらず、
どこか後ろ暗い過去を背負っているような印象がある。
もう少しマシな名前はなかったか、と同情するのも味の一部か。

09041715.jpg
名前はともかく味は富貴で豊かなピンデトク。

以上、5部門15料理の由来を語ってみた。
冒頭からさんざん、名前が安直だのとけなしていたが、
きちんと選りすぐれば、それなりに粒は揃っている。

しかも、ここに書いたのはほんの一部。

実際はこれを書くにあたり10部門を選定。
料理は次点も含めて、全部で40種類をピックアップしていた。
スペースの関係で、泣く泣くカットした次第である。

従って、僕は最後をこのような形で締めくくりたい。

「韓国料理は一見、安易、安直、ストレートな名前が多い」
「だが、つぶさに見ていくと、魅力的な名前も少なからずある」
「今後はこうした例がさらに広がっていくことを望む」

冒頭にも述べたように、料理名も味の一部。

そこに気を配ることができたとしたら、
韓国料理の魅力は、さらに豊かなものになることだろう。
これは輝かしい韓国料理の未来を願う……。

「僕からの熱き提言である!」

ぱちぱちぱちぱちぱち。
わーわー、キャーキャー、ステキー。
ひゅーひゅー、ぴーひゃらら。

全部略。


<お知らせ>
仕事が忙しくHPの更新ができません。
落ち着いたら、まとめて更新したいと思います。
http://www.koparis.com/~hatta/

<八田氏の独り言>
とにかく準備に時間がかかって苦労しました。
僕のハイテンションが少しでも伝われば幸いです。

コリアうめーや!!第193号
2009年3月15日
発行人 八田 靖史
hachimax@hotmail.com
2009.04.17.Fri 15:57 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(4)
<< 2017.11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。