FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
08020901.jpg


昨日、一昨日の記事から続きます。

前編はコチラ。
中編はコチラ。

<2008年02月09日>
第1回「利きマッコリ選手権」後記。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-672.html

さて、後編は2008年から始まります。
マッコリブームが加熱し、生マッコリも続々と登場。
2008年は生マッコリがキーワードになると予言したところで、
前回の中編は終わっておりました。

そんな状況下で行ったのが上記のイベント。

マッコリバーとして韓国各地のマッコリを揃える「てじまぅる」と、
韓食日記の共同開催として2月9日に行われました。
テーブルの上にずらり並べられたマッコリはなんと約30種類。
これをみんなで飲み比べながら、利き酒ならに利きマッコリを行い、
初代の「利きマッコリ王」を決めようという企画でした。

なお、この企画には……。

08020903.jpg


マッコリを扱う会社からも協力を頂きました。

・本生マッコリ
・梨マッコリ
・米マッコリ
・ドンドンジュ

の4銘柄を提供してくれたのが東亜トレーディング。
いちばん右にある「本生マッコリ」がまさに生マッコリなんですね。
ちょうど2007年末に発売されたばかりの新商品。
生マッコリブームが加熱していく過程をよく象徴しています。

08021801.jpg


<2008年02月18日>
中板橋「ホルモンチャン」でホルモン鍋。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-681.html

その「利きマッコリ選手権」が開催された直後。
なんと僕の地元である板橋区でも本生マッコリを発見しました。
韓国料理店の多い、新大久保界隈ならいざ知れず、
板橋区にまで生ブームが届いているのかと驚いた次第。

08031306.jpg


<2008年03月13日>
新大久保「酒菜角萬」で実験的新メニュー続々。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-697.html

こうなってくるとマッコリ会社も群雄割拠。
続々と新しいブランド、銘柄が登場して飲むほうが追いつきません。
ちなみに上の写真は左から……。

・へオルム(野イチゴのマッコルリ)
・チャプサルヌルンジマッコルリ(もち米のオコゲマッコルリ)
・ポドスル(ブドウマッコルリ)

というラインナップ。
このとき僕が飲んでいたのは「酒菜角萬」という蕎麦店ですが、
この店はマッコリバー「てじまぅる新宿店」の系列店です。
そこで仕入れるか検討中のサンプル品を飲ませてもらいました。

それを踏まえて僕はこんな感想を。

=========================
それにしても日本で見かけるマッコルリは本当に増えましたね。
「マッコルリは銘柄を選んで飲む時代になった!」
というのをこれまでは大々的に叫んできましたが、
最近はさらに進化し、同系統の他銘柄が目立つようにも。
黒豆マッコルリやオコゲマッコルリだけでも数種類。
どの会社の黒豆かを考えて飲む必要が出てきた気がします。
=========================

この感想。
実は2006年に二東の黒豆マッコリを飲んだときと実は同じです。
ただ、時代が進んだぶん、より確信は深まっていたはず。

というのも……。

08072301.jpg

<2008年07月24日>
上野「二東マッコリ」でホンオフェ(サマプ)。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-775.html

なにしろこんな店まで出来てしまうのです。
日本におけるマッコリ販売の最大手、
二東ジャパンが自前の韓国料理店をオープンしました。

これも本当にびっくりしましたね。

この店には二東の生マッコリが用意されており、
これらは韓国から冷蔵状態で空輸されてきます。

・「虎マッコリ」に代表される国内産の生マッコリ
・「はるばん(現、生マッコリ家)が作る自家製の生マッコリ
・「二東生マッコリ」に代表される韓国産の生マッコリ

という3つのルートがこれで確立。
僕自身、どの黒豆マッコリを飲むかで悩むことは少ないですが、
どの生マッコリを飲むか、は日々おおいに悩んでおります。
なのでこれを「深まっていた確信」の証拠にしたいなと。

まあ、ちょっとこじつけっぽいですけどね。

前に書いていたことをコロッと忘れ、
さも新しいことのように書くのは僕の得意技です。

<2008年08月25日>
アサヒコム:生マッコルリ
http://www.asahi.com/international/korea/TKY200808250114.html

なお、僕はこれらの店が出現したことを踏まえ、
アサヒコムにて、生マッコリのブームを伝えました。

そして、このとき初めてこんな一文を最後に追加。

=========================
※韓国語の表記統一により本文中では「マッコルリ」としました。
固有名詞である店名のみ「マッコリ」としてあります。
=========================

このとき取材をした店は2店舗とも「マッコリ」を店名に含みます。
「マッコリ」の専門店であることをうたっているにもかかわらず、
僕の原稿は「マッコルリ」になっているというズレが生じています。
しかもこのとき、原稿チェックの段階でお店側から、

「そろそろマッコリで統一していいんじゃないですか?」

といわれたのをよく覚えています。
正直、心がグラグラっと揺れました。

でも、そこをあえて「マッコルリ」にこだわったのは、
連載記事の中でずっと「マッコルリ」と表記していたから。
記事によって、表記があれこれ入れ替わってしまっては、
読み手にとってもよくないのでは、との判断でした。

でも、冷静に考えると記事内で統一されていないほうが、
不必要な混乱を生じさせる原因になりますよね。
記事を書きながらも、僕自身おおいに悩んでいた時期です。

08091201.jpg

<2008年10月01日>
新大久保「生マッコリ家」で自家製マッコルリ。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-810.html

旧「はるばん」が、「生マッコリ家」として再オープン。
韓食日記で書くよりも、アサヒコムの取材が早かった珍しい例です。
ここでもタイトルが、ダブルスタンダードに陥っていますね。

ともかくもこの店が出来て、僕らの2次会はいつもココになりました。
新大久保で造られる、出来立ての生マッコリはやはり美味しい。
そんな認識が、僕の周囲では広まっております。

後は他店にも生マッコリを卸し始めたのが大きいですね。

いまや新大久保のあちこちで、生マッコリを飲めます。
いずれはその販売エリアもさらに拡大していくのでしょう。
多くの場所で生の魅力が伝わるのは喜ばしいですね。

09012401.jpg

<2009年01月24日>
新作「東京マッコリ」先行発売スタート。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-867.html

一気に2009年まで進みます。

生マッコリが飛躍を見せた2008年に続き、
2009年はプレミアムマッコリが新たなキーワードに。
新発売の「東京マッコリ」は焼肉天国.comがプロデュース。
こちらも国内で生産する淡麗な味わいの生マッコリで、
これまた新たな試みと、大きな話題になりました。

焼肉天国.com
http://www.yakinikutengoku.com/index.shtml

09040401.jpg

<2009年04月04日>
「高矢禮マッコリ」新発売。
http://koriume.blog43.fc2.com/blog-entry-924.html

このマッコリの登場も衝撃的でしたね。
プレミアムマッコリの流れにブレーキがかかる間もなく、
さらに大きなニュースとして飛び込んできました。

製造しているのは「米夢」を造っている百歳酒ジャパン。
その意味では旧来の純米にこだわる高級マッコリ路線ですが、
「高矢禮」がかかわったことでインパクトが出ました。

案の定、発売とともに売り切れ続出。

もちろんヨン様ファンの影響も大きいでしょうが、
本物志向が強まっている、よい一例である気もします。
消費者だけでなく、生産者も含めてということですけどね。
リーズナブルな商品から、本格的な高級マッコリまで、
日本のマッコリ市場は本当に豊かになりました。

といったあたりで時系列を追うのはこれで終了。
前編、中編、後編と、3つに分けて書いた記事をもとに、
次でまとめとなる考察をしてみたいと思います。

だらだらと続きましたが、明日で本当に最後。
もう少しだけ宜しくお付き合いください。
2009.05.31.Sun 23:18 | 考察 | trackback(0) | comment(0)
<< 2021.06 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。