FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

韓食日記

日々食べている韓国料理の記録です。
09060701.jpg

コリアうめーや!!第198号

<ごあいさつ>
6月1日になりました。
いよいよ梅雨が間近になりましたが、
それ以上にカレンダーの進み加減が心配です。
この6月が終われば、なんと上半期終了!
ついこないだ年が明けたばかりなのに、
もう1年の半分が終わってしまうのです。
光陰矢の如しとはよく言ったものですが、
あまりの速さにクラクラする思い。
気付けばこのメルマガもはや第198号ですしね。
大台となる第200号ももう目前。
第200号、第201号は記念企画があるので、
頑張って書かないと全羅北道報告も終われません。
5月半ばの出張をいつまで引っ張るのか。
ちょっと本気で悩ましいところです。
ともかくも、今号は全羅北道ツアーの続き。
海に突き出た半島から、2つの感動体験を紹介します。
コリアうめーや!!第198号。
カウントダウンも視野に、スタートです。


<器の中で行うアサリのザクザク潮干狩り!!>

韓国におけるお粥の話。

最近は韓国もヘルシーブームが定着し、
お粥の専門店が、あちこちに店を構えている。
旅行で出かけると朝ごはんに便利なため、
僕もちょくちょく利用している。

比較的、大ハズレの少ない料理だが、
ときおり大アタリにも出会うのが面白い。

その大アタリはソウルのチェーン店ではなく、
主に地方の郷土料理を探索していてだが、

「うひょ、ナニコレ! このお粥バカウマ!」

と大騒ぎをしてしまうことがある。
たかが粥。されど粥。むしろ粥。ぜひ粥。
その実例を少しあげてみよう。

まずは留学時代に食べたタッチュク(鶏粥)から。

友人らと1泊2日の小旅行に出かけたとき、
僕は例によって、夜の宴会で派手に酔っ払った。
翌朝は全身が胃液にまみれたような2日酔い。
身体を少し動かすだけでも、頭が割れるように痛い。

みんなが楽しく観光などをしている間、
僕はひとり、レンタカーの後部座席で倒れていた。
友人らが買ってきてくれた巨大な丸薬も、
目を白黒させながら飲みこんだがまるで効果がなかった。

そんな泥沼状態の中で、唯一僕を救ったのが、
帰り道の途中で食べたタッチュクである。

「キミのために昼ごはんをここにしたよ」

と友人が連れて行ってくれたのが鶏料理の専門店。
半死半生だった僕は、メイン料理の記憶がまるで抜け落ちているが、
タッペクスク(丸鶏の水煮)の店ではなかったかと思う。

鶏を煮込んだスープにごはんを加えてコトコト。
出来上がったお粥は、鶏の旨味がたっぷり溶け出ており、
金色に輝いて、見るからに美味しそうであった。

「こ、これなら食べられるかも……」

と手をつけてみて驚愕。
優しく、温かく、滋味深い味わいが身体を包んだ。

僕は力の入らない右腕を無理やり動かしつつ、
一心不乱にタッチュクを胃の中へと流し込んだ。
食べ終わる頃には額と背中に汗がにじんでおり、
内臓を含めた全身に活力が戻っていた。

ほかにもお粥の思い出はたくさんある。

済州島で食べた、濃厚な肝入りのアワビ粥。
忠清南道で食べた小さな川魚を煮込んで作る魚粥。
慶州の市場で食べた上品な甘さのカボチャ粥。

また、東京の某料亭風韓国料理店に行ったときは、
ホタテでダシを取った贅沢な野菜粥を食べさせてもらった。
上等な乾燥ホタテ貝柱があれば簡単にできるので、
自宅で作る定番粥のひとつとして採用している。

09060702.jpg
済州島名物のアワビ粥。

09060703.jpg
忠清道名物の川魚粥(オジュク)。

09060704.jpg
ホタテ貝柱でダシを取った野菜粥。

さて、そんな韓国の魅力的なお粥体験。
それが先の全羅北道取材で、新たに積み重なった。
これまで食べてきた韓国粥の中でも、
ひときわ輝きを放つほどの超感動体験。

それがなんとひとつの地域で2度もあった。

夕食にお粥を食べて感動。
翌朝、別のお粥を食べてまた感動。
2日連続というより2食連続。

道で1万円を拾ったら、次の電柱脇に財布が落ちていた!

というぐらいにありえない衝撃である。

そんなお粥の聖地ともいうべき土地が扶安(プアン)。

全羅北道の中西部、西海岸沿いに面した郡で、
土地の大半が、辺山半島として海に突き出ている。
海岸線は干潟で囲まれ、海からの恵みが豊富。
塩田事業で栄えた町でもあり、地元の名産品に塩辛がある。

食を語るうえではたいへん魅力的な地域だが、
恥ずかしながら僕は、行くまで扶安のことを何も知らなかった。
むしろ、国際空港がある全羅南道の務安(ムアン)だとか、
スキー場が有名な全羅北道の茂朱(ムジュ)と勘違いしていた。

事前に全羅北道の東京事務所長から、

「扶安は海産物が美味しいよ、ふふふ」
「とっても立派なコンドミニアムもあるんだよ、ふふふ」
「そこでとれる塩辛も有名なんだなぁ、ふふふ」

と聞かされたときも、
わかったフリをしながら適当な相槌を売っていた。

「いいですよね、扶安!」

などと笑顔で語りつつ、自宅に戻ってから、

「えーと、扶安、扶安……」

と一生懸命調べていたのは超機密事項である。

09060705.jpg
百済時代に創建された来蘇寺。

09060706.jpg
塩辛販売店が密集するコムソ塩辛団地。

09060707.jpg
干拓工事の情報を集めたセマングム展示館。

扶安郡に到着したのはツアー2日目の夜だった。

宿泊していた全州のホテルをチェックアウトし、
任実、南原、淳昌と歴訪してそれぞれを観光。
これらのエリアも書くべきことがたくさんあるのだが、
スペースの都合から割愛させて頂く。

何より語るべきは、扶安がお粥の聖地だということ。

僕らを乗せたバスは、ちょうど夕食時になって扶安に着いた。
だが、あたりはすでに暗くなっており、予約をしていた海側の席は、
まったくもって、暗闇しか見えない状況だった。

「んー、個室のほうに移動しましょう」

ふふふの所長は少し残念そうではあったが、
地元の関係者も含めて、20名ほどの大所帯。
個室でワイワイ、というほうが食事はしやすい。

その個室で、僕は1枚の貼り紙を見つけた。

――味と栄養を兼ね備える
  真・オジュク 特許出願――

オジュクというのが料理名。

漢字で書くと「烏粥」となる。
鳥(トリ)粥でなく、烏(カラス)粥であるのがポイント。
よく似た漢字ではあるが線1本で大違いだ。

日本では不吉の象徴とされるカラスだが、
扶安郡では大事なタンパク源として古くから食用。
カラスの肉は多少固いものの味わいが濃く、
じっくり時間をかけて煮込むことで旨味がにじみ出る。

韓国では街中でハト、カササギはよく見るが、
その一方で、カラスの姿を見ることは非常に少ない。
これは扶安を中心として全羅北道エリアで古くから、
多く消費してきたため数が激減したのだ……。

……などと書くと本当に信じる人がいるかもしれない。

ただの悪い冗談なので、適当で止めておこう。
烏粥と名乗りつつも、実際にカラスを食べるのではなく、
見た目が真っ黒なので、そう名付けた次第。
実際にその黒さを演出しているのはイカスミである。

扶安は季節ごとにとれる魚介が変わり、

・春:イイダコ
・夏:コウイカ(スミイカ)
・秋:コノシロ(コハダの成魚)
・冬:ボラ

といったラインナップでローテーションする。
僕らが訪れた店でも、季節の食材利用が徹底しており、
春夏秋冬でメニューがガラッとかわるのだった。

春はイイダコの炒め物やシャブシャブ。
夏はコウイカの石板焼きと、イカスミの粥。
秋はコノシロを刺身で食べたり焼き魚にしたり。
冬はボラの刺身と、辛い鍋料理を楽しむ。

僕らが訪れた5月中旬はすでに夏メニューの時期。

コウイカの石板焼きをつつきながら、
地元名産のクワの実酒(ポンジュ)をガブ飲み。
そのシメとして烏粥(イカスミ粥)を味わったのだった。

そして、この烏粥がたいへんな逸品。

コウイカの下ごしらえをする際、背骨のような軟骨を抜くが、
これを集めて煮出すことで、味わいの濃いスープを作る。
そこにごはんと新鮮なイカ墨を加えてさらに煮込み、
黒ゴマもたっぷり加えて香ばしさと黒さを増す。

「うわっ、黒っ!」

と全員が驚いた次の瞬間。

「うわっ、旨っ!」

となって夢中で食べた。

コウイカの石板焼きも充分に美味しかったが、
最後のお粥で、すべてお株を奪われたぐらいの感動。
コウイカの旨味がお粥の中に凝縮されていた。

09060708.jpg
店に貼られていたオジュクのポスター。

09060709.jpg
コウイカの石板焼き。

09060710.jpg
真っ黒な色をしたオジュク(烏粥)。

「いやあ、昨日のお粥はうまかったねえ!」

と全員がニコニコ顔で反芻する翌朝。
朝食のメニューは事前にすべて発表されており、
そこにはアサリ粥との記述があった。

扶安の海岸線は上質の干潟が取り囲んでおり、
アサリ、ハマグリの貝類が豊富に取れる。

「昨日あれだけ美味しいお粥を食べるとね」

という冷めた気持ちはなかったが、
正直、少し油断していたのではなかったかとも思う。
僕はアサリ粥が目の前に登場した瞬間。
写真を撮ろうとカメラを取り出しつつ、

「あ、アサリ粥だからアサリを見せなきゃ!」

と箸で沈んでいるアサリをほじくり出した。

むき身になった状態で5~6匹。
それを見ていたまわりの人が、

「さすがきちんと演出してから撮るんですね」

と褒めてくれた。

「いやあ、料理の写真ばっかり撮っていますんでね」
「自然とこういう小細工も見につくんですよ」
「少しでも見栄えよくとれたらいいなあって、アハハハハ」

若干の謙遜を交えながらも得意満面。
だが、それが極めて滑稽なことであるのが、
その直後、食べ始めてからわかった。

「アサリの旨味がよく出ていますね!」
「それに大粒のアサリがいっぱい入ってる!」
「ほんとだ、すごいいっぱい!」

「いっぱいどころかすごい量ですよ!」
「スプーンひと口につき、アサリ1匹の割合ですね!」
「どのぐらい入っているんでしょう、30匹ぐらい!?」
「いやあ、もっと入っていそうな感じですよ!」

「途中から数えてみたんですけど30匹以上ありますね!」
「アサリ粥を食べるというよりも潮干狩りをしているみたい!」
「ザクザク掘れるって感じですね!」

朝食から一同、大変な大盛り上がり。

僕が写真のためにほじくり出した5、6匹は、
むしろ、少なさの強調になってしまったのかもしれない。
本来は3、40匹もアサリが入っているのに、
5、6匹をちまちま見せる、というのは明らかに愚行だった。

09060711.jpg
アサリ粥の専門店「元祖パジラッチュク」。

09060712.jpg
アサリ粥。実はもっとたくさんのアサリが沈んでいる。

帰り際、僕は店の人に少し話を聞いた。

「アサリ粥は何かダシを取るんですか?」

あまりに濃厚な味わいだったため、
何か別のダシを加えているのかと思ったのだ。

だが、これは愚行に次ぐ愚考。

聞いた店の人は爆笑とともに、

「なに言ってんの。真水とアサリだけよ」
「まずお米を炒めてから、そこにアサリを入れるの」
「ダシなんか作るより、よっぽど簡単だよ」

と答えてくれた。

1人前につき、3~40匹は入るアサリ粥。
確かにそれだけあれば、余計なダシは不要であろう。
我ながら聞くほうが愚か、という質問であった。

ともかくも、烏粥、アサリ粥とも見事なまでに絶品。

行くまでは扶安について何も知らなかったが、
行ってみて実に豊かな場所であるとわかった。

実に満足のゆく扶安初訪問ではあったが、
そのぶん心残りなのが、食べ逃した他の扶安名物である。
アサリ粥と並んで有名なハマグリ粥を食べ逃してきたうえ、
春のイイダコ、秋のコノシロ、冬のボラも未食である。

アサリ粥を食べた後に、名産の塩辛は買うことができたが、
その近所には、塩辛定食を出す飲食店もあるという。
聞けばごはんと汁物に加え、9種類もの塩辛がつくとか。
ここも機会があれば、ぜひ足を運んでみたい。

1度訪ねたおかげで宿題がどっさり。

おそらく探せばまだまだ美味しいものがあるだろう。
いずれゆっくり改めて探索したいと思う。

全羅北道の扶安郡。今回はお粥の聖地として紹介したが、
次の機会には、また違う聖地として語れるはずだ。

09060713.jpg
塩辛団地では種類豊富な塩辛を購入できる。

<お知らせ>
仕事が忙しくHPの更新ができません。
落ち着いたら、まとめて更新したいと思います。
http://www.koparis.com/~hatta/

<お知らせ2>
韓国語に関する非常に恥ずかしいミスがあったため、
メルマガでの配信時から、一部修正を加えてあります。
ご指摘頂いたみなさま、ありがとうございました。
深く反省するとともに、以後気をつけたいと思います。

なお、修正した内容は下記の通りです。

「扶安」と「不安」が同じ発音であるとの記述がありましたが、
「扶安=プアン」、「不安=プラン」なので間違いです。
それにかかわる一連のくだりを削除しました。


<八田氏の独り言>
その扶安では干潟の干拓工事が進行中。
アサリ、ハマグリ目当ての人は早めがいいかも。

コリアうめーや!!第198号
2009年6月1日
発行人 八田 靖史
hachimax@hotmail.com
2009.06.07.Sun 22:40 | 韓食日記 | trackback(0) | comment(4)
<< 2021.06 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ENTRIES
CATEGORY
ARCHIVES
2014年03月(1)
2014年02月(18)
2014年01月(30)
2013年12月(36)
2013年11月(13)
2013年10月(24)
2013年09月(29)
2013年08月(18)
2013年07月(26)
2013年06月(8)
2013年05月(11)
2013年04月(8)
2013年03月(16)
2013年02月(18)
2013年01月(12)
2012年12月(8)
2012年11月(11)
2012年10月(11)
2012年09月(13)
2012年08月(7)
2012年07月(12)
2012年06月(16)
2012年05月(12)
2012年04月(10)
2012年03月(6)
2012年02月(9)
2012年01月(8)
2011年12月(13)
2011年11月(5)
2011年10月(7)
2011年09月(9)
2011年08月(4)
2011年07月(11)
2011年06月(4)
2011年05月(8)
2011年04月(18)
2011年03月(13)
2011年02月(10)
2011年01月(14)
2010年12月(9)
2010年11月(7)
2010年10月(24)
2010年09月(24)
2010年08月(15)
2010年07月(12)
2010年06月(6)
2010年05月(8)
2010年04月(7)
2010年03月(12)
2010年02月(13)
2010年01月(13)
2009年12月(9)
2009年11月(19)
2009年10月(30)
2009年09月(14)
2009年08月(20)
2009年07月(5)
2009年06月(15)
2009年05月(21)
2009年04月(20)
2009年03月(23)
2009年02月(24)
2009年01月(30)
2008年12月(4)
2008年11月(15)
2008年10月(15)
2008年09月(15)
2008年08月(16)
2008年07月(21)
2008年06月(24)
2008年05月(13)
2008年04月(9)
2008年03月(18)
2008年02月(27)
2008年01月(15)
2007年12月(19)
2007年11月(25)
2007年10月(5)
2007年09月(16)
2007年08月(13)
2007年07月(24)
2007年06月(31)
2007年05月(35)
2007年04月(28)
2007年03月(29)
2007年02月(27)
2007年01月(28)
2006年12月(18)
2006年11月(33)
2006年10月(29)
2006年09月(36)
2006年08月(31)
2006年07月(31)
2006年06月(32)
2006年05月(31)
2006年04月(35)
2006年03月(27)
2006年02月(25)
2006年01月(19)
2005年12月(20)
COMMENTS
TRACKBACKS
LINKS
PROFILE

八田 靖史(八田氏@K・F・C)
美味しい韓国料理を探す毎日。コリアうめーや!!管理人。コリアン・フード・コラムニスト。ブログは2005年12月開設。